ここから本文です
今日のあじ!
近海でアジをメインに釣りしています。スモールボートですが、豊富な魚種が釣れる海で、釣った魚の味も含めて報告させて頂きます。

書庫全体表示

記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

週末の釣行

忙しすぎて、すぐに週末になる。
それはそれでうれしいのだが、
釣行の準備ができていない。

土曜日は
先週大アジが釣れたようなので、
アジといつもの深場用の仕掛けをもって
出撃。

まずはアジ
餌と大アジも釣れるタイラバで
やってみる。

朝一のゴールデンタイム
まずはタイラバにあたりがある。
がアジではない。
55cmぐらいの鯛があがってくる。

イメージ 1

このタイ、あとでさばくと血合いが薄いピンクで、
脂ののりがなかなかよい個体だった

このとき時間は6:30
クーラーボックスを考えると
これ以上タイが釣れても困るので
深場へ向かう。

このところ、ジグでのムツを外さない
Aさんがジグを振っている。

あいさつがてら
聞いてみるとすでに釣れているようだ

深場の活性は高いのかと
餌、ジグを振ってみるが、腕の差なのか
自分に釣れたのはユメカサゴのみ・・

風が吹いてきたので、早めに退散。
そのあと仕事に向かうが、終わったのは22時を
過ぎている・・

お疲れなのだが、日曜も出てしまう。
食材は土曜日に釣れているので、
釣れなくてもよく、調査の釣行

あと少しで始まる、泳がせに向けて餌の確保と
ポイントチェック

まずはアジを釣りに行くが、小形の船が多く
あまり数は釣れない。
少ないながらもアジやカタクチも混じり餌の確保は完了
イメージ 2

去年の実績ポイントを探ってみると
好反応
イメージ 3

これはもらったかと思ったけど
あたりなく、風が吹いて釣りがし辛くなってきたので
早めに退散。

ベイトは少しだが入ってきている
もう少しの辛抱かな

この記事に

久しぶりの出船

春の嵐が続いて、なかなか出船ができない
職場のまとめ役の立場も少し大変になって
きたので、忙しい日々

この日曜日は久しぶりに出船ができた。
しかも凪で暖かく、上着を脱いで釣りができる。

どんな釣りをするか、迷うがまとまらず
久しぶりなので、全部やってみようと
タックルを積み込む

お昼にかけて、風が吹く予報なので
まずは深場へ向かう。

仕掛けを投入しようとすると、M師匠より
鯛があがったとラインが入る。
今日はつれるよ〜

間違いない、今日は釣れる日なのだろう
焦りつつ、仕掛けを200mを超える
海の底へ投入。

着底直後に、あたりがある。
やはり釣れる日なのか。
早速上げてみる。引かない。
こりゃどんこだなとがっくり
50mぐらいでこつこつ力なく
引く。おっ小さいアカムツかと
期待するが、でかいドンコだった。

やはり活性高く、一投ごとにあたりは
あるが、全部ドンコ。
あっという間にドンコでつ抜ける(泣)

フィーディングタイムなのか、釣れる魚
みんないろいろ吐き出してくれる。
小さい魚もいたが、ほぼ自分が釣った海域では
こんなエビを喰っている。
イメージ 1

イメージ 2

ホッグ系のワームで釣れるじゃない?
ダウンショット、直リグ?で釣れないか?
おもりがでかすぎるか・・
タイラバにつければ面白いかもしれない。

流していろいろ探ってみるが本命は釣れない。
150mぐらいに反応がでる。しかも厚い反応だ
狙ってみると、いきなり強烈なあたり

なんだなんだと上げてくると
初物が上がってきた。
イメージ 3

シマガツオ、通称エチオピア
船に上げると元気すぎる。しかも2点掛け
仕掛けがぐちゃぐちゃ
餌釣りはあきらめて、ジグをふる。

カンジの160gを買って使ってなかったジグがあり
試しに振ってみる。
デンデンしか釣れず、風も少し出てきたので、
一気に移動して、アジ釣りをやってみる。

GWにはヒラメを狙ってみたいので、
餌の確保を調査する目的で反応を探る。
10mぐらいの浅いところで反応はあるが釣れず、
定番ポイントも反応なし。潮が動かない
時間帯であるものの、すぐにあきらめる。

最後タイラバもやってみるが、
あたりなし。

結局ドンコ多数、エチオピアx2、デンデンに沈む


エチオピアを食してみる。
お腹回りは虫がいるようなので、背中だけ刺身に
してみる。
イメージ 4

酸味があっていまいちとネットで書かれているが
脂がほどよく、ねっとり。少しの酸味はアクセント
になっていて、自分は嫌いな方ではない。
時期にもよるが、タイよりおいしく感じた。

釣れるに日なのに、釣果はいまいち
GWに向けて作戦を練ろう

この記事に

土曜日の釣果

この日曜日は久しぶりに一日雨の予報
なので土曜日に出船する。
意外と少なめで、やはり年度末はみなさん
忙しいのかな

この日は先週ゲットしたロングフォールと
いつもの餌釣りで深場へ向かう。

先ずは、アナゴを狙ってみる(笑)
が底べったりだとドンコばかりかかる

深場マスターのTさんから、
から揚げがおいしいと聞いていたので

大きめを1匹だけキープ
底から上げて行き、反応を探っていく

反応のいいタナが見つかるが、
でんでんばかりがかかる
イメージ 1


そうこうしているうちに
風がで始めて、深場はあきらめる。
アカムツはだんだんきびしくなってきた

近場で久しぶりのタイラバをやってみる
一投目でチャリコがかかってリリース
活性が高い。
イメージ 2

なぜか体が白い・・・・・
食べてるものなのか・・・・

次の一投もまたかかる。
これは、リリースサイズではない、
ドラグだしながら、上がってきた。
おなかぱんぱん60cmのオス。

イメージ 3

クーラーボックスに入らないし、
風も出てきているので、早めに退散する

どんこをから揚げで食してみる
イメージ 4

家族でも評判でなかなか美味

タイは少し大きすぎたのか、時期なのか
うまみはいまひとつ
それでも久しぶりのマダイでぱくぱく
食べてくれた。
イメージ 5

深場のジグをもう少しレベルを上げたい。
ロングフォールの竿でクランキーを振ってみるが
反応なし。次は、もう少し浅いところを
広範囲狙ってみるかな

この記事に

お買い上げ

そういえば、先週のBBQの話を
書いていなかった。

魚はアカムツやムツ
スミヤキななど深場のスタンダードの
魚から、巨大なアナゴなど
バラエティに富んだ魚を
用意できた。

当日は、近くのお寿司屋さんが
調理してくれており、
おいしい料理が並んだ。

巨大なアナゴもお寿司屋さんに
お願いしてみたけど、
責任持てませんとのコメント。

とりあえず食べてもらいたので、
小さい方をさばいてみる。
骨が多い・・・・

なんとか骨を外してさばいてみるが
難しい、最後の方は適当に
細切れにしてから揚げの下準備を
しておく。

そして当日。
調理していただいた料理はさすがプロ
おいしそうだ。お寿司もあって
すごくおいしそう。

自分が釣ったムツは煮物になっていて
おいしいぃ〜と声が聞こえる。

アカムツはGさんがさばく、
さすが手際がよい
あぶって、普段食べない人たちに
振る舞われた。

スミヤキは炭焼きに
脂が乗っててこれも評判が良かった。

アナゴを揚げてみる。
味見していないが恐る恐る食べてみると
これがかなりいけてる。

配ってみるが、みなさん気にいってもらえた
ようだ。あとは用意したホルモンを焼く

BBQでは、フリマも開催される
凄腕Kさんが何やら竿をもっている
なんですかと聞くとロングフォールの竿との
ことで出す前にフライングで予約させて
もらう。しかも相当安く売っていただいた。

佳境に入ったころに、
フィッシングカヤックを売るとの話がでる
しかもチョー格安

思わず衝動買いしたくなり、立候補
他に3名いて、ジャンケンに
一発勝負で買ってしまい
なんとカヤックをゲット
しかも備品までつけてくれるとのことで
お支払いし、売買成立。

酔っぱらってて大丈夫かなぁと
思ってたけど、今日話をして
大丈夫で一安心。

あとは深場で使える
ハンドメイドのタイラバヘッドなど
面白そうなものもただ同然で
譲っていただく。

道具もみなさんこだわりがあって
見ていて楽しい。
話も弾んで楽しい時間が過ごせた。

今日の釣果まで書こうと思ったけど
BBQの話が長くなったので
明日書くことにしよう。

この記事に

いつものスタイルで

暖かくなってきました。
日がでるとぽかぽか陽気で
釣りをするのも楽になってきた。

この週末は少し早いけど
マリーナでBBQがあり
魚をゲットしなくてはならないが、
最近釣果はさっぱり。

ここ1か月魚探を試しているが、
迷いのもとになっている。
もとのポータブルに戻してやってみる。

ターゲットはやはり、深場に行けない人も
いるので、深場一本でやってみる。

魚探はもういいので、深いところから浅いところへ
広範囲で狙ってみる。

実績ポイントから狙っているが、あたりはない。
流していると、200mオーバーでなんと
反応をキャッチ。ポータブルなのに・・・
イメージ 1

落としてみるとすぐにかかる
イメージ 2

スミヤキだけに炭焼きでたべることに決定
一投ごとになにかあたる
イメージ 3

ムツげっと。黒い魚ばかりだが、普段食べない人には
いいかもしれない。

あとはサバとかデンデンとかドンコがかかる
ふつうならこれでおわるところが、
ドラマが待っている。

近くでGさんが魚をかけている
どうやらアカムツっぽい引きのようだ

こちらにも
もそっとした合わせにくいあたり
慎重に合わせると結構な重さが手に伝わる

最近こういう引きでばらすことが多い。
今回はBBQもあるので手巻きで上げてみる。

あがってきたのは、なんとアナゴだった
イメージ 4

まるまる太っている。通称アナコンダというらしい。
1mちかくあり、釣りあげたら
笑いが止まらない。

笑いのネタもできたが、ドラマはここで
終わらない。帰着時間も近づいて
帰り支度を始める。
すると、大物のそれと分かる明確な引きが
竿につたわる。何とか合わせたが、ドラグが
ばんばん出ていく。
200mオーバーでこれはきつい。サメか?
いやこれはちがう、慎重にやり取りをするが
深場なのでまぁー大変

暴れると簡単にラインは出される。1.2号だし
もつか。40分ぐらい頑張ったところで
なんとか上げられた。これがまた爆笑ものの獲物

ドラマ魚を生け簀に、にやつきながらマリーナへ
戻る。そして、お披露目
イメージ 5

8kgぐらいはありそう。1.5mは軽く超えた
またしてもの大アナゴ。笑っちゃいました。

他BBQに提供できた魚
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

いつものスタイルでよいようだ

この記事に

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事