居合道久喜支部のブログ

埼玉県久喜市を中心に稽古しています

全体表示

[ リスト ]

今回は居合をはじめる際の道具についてご紹介いたします。

イメージ 1

最低限必要なのは、帯と刀です。

写真は管理人の私が普段稽古する際の道着一式です。

・上着(写真の白色):筒袖で膝の上くらいまでの丈です。
 居合用のものは武道具屋さんで5000円程度です。
 他の武道をされている方は、その武道の道着を使うことができる場合もあるので
 ご相談ください。
 (管理人はこのほか弓も引いているので弓道着も居合用に使っています)
・袴(写真の黒色):
 他の武道をされている方は、その武道の道着を使うことができる場合もあります。
 (居合用は剣道用よりも薄手になっています。)
 武道具屋さんで5000〜10000円程度です。
 なお、大会や審査のときは上着と袴の色は揃えます。(黒+黒 または 白+白)
・帯:居合用の帯または着物用の帯がよいです。
 着物用の帯の場合は、3000円程度の綿の帯がよいかと思います。
・ひざ当てサポータ:座る業(わざ)の場合、膝に負担をかけないようにひざにあてます。
 2000円程度で購入できます。

初めての方は、着方も含めわからないことも多いと思いますが
見学の際などにお気軽にお問い合わせください。

なお、帯と刀は体験希望の方に稽古の際に御貸しすることもできます。
(管理人個人のものを御貸しするのでご希望の方はゲストブックなどでお知らせください)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事