年末・年始に読んだ本 『日中戦争全史』『核兵器禁止条約の意義と課題』

イメージ 1

 『日中戦争全史』笠原十九司・高文研2017

 「戦争には『前史』と『前夜』がある」と、著者は強調します。「前史」のうちなら戦争は食い止めることが可能だが、いつでもきっかけがあれば戦争が始まる可能性に直面する「前夜」となると逆戻りは困難だというのです。
 日中戦争の前史はいつから始まるのか、それは1915年の対華二十一カ条要求だとしています。では前夜への転回点はいつなのか、それは1928年に起こったといいます。張作霖爆殺事件と、日本共産党をはじめとする戦争に反対し生活の向上をめざす勢力と運動を治安維持法に基づいて弾圧を加えた3・15事件をあげています。
 この見方は、今日の日本の状態から歴史を振り返り、明らかにするという切実な立場から来ています。今日、安倍政権のもとで日本はまた、戦争の前史に足を踏み込もうとしているのではないか、それを食い止めるには、戦争の歴史から何を教訓とするのかという、つよい問題意識です。
 
 明確な問題意識に立って、実証的に論じていて、上下二冊の短くはないものですが、引き込まれ一気に読み進みました。
 
 個々の史実は知ってはいても、時間的順序だとか、関連性や、新しい解釈など、目からウロコの落ちる思いを、いくつもしました。

 認識を新たにした点では、
 ①、日中戦争の全面化は、海軍によって推進されたという見方です。中国に対して、陸軍は華北、海軍が華中・華南という分担があり、満州国から華北へと陸軍が支配地域の拡大をするなかで、海軍は謀略で上海への攻撃を始め、陸軍の派遣もえて、日中全面戦争に拡大したというのです。
 ②、日中戦争では、当初の蒋介石の国民政府絶滅を目指したものが、第二次国共合作の成立により中国共産党による華北の抗日根拠地の拡大強化がすすみ、日本軍は二正面作戦に引き込まれ泥沼に入り込んでいくという経過をとりました。
 ③、1941年に日本が米英蘭に宣戦すると、日中戦争はアジア・太平洋戦争に包摂されます。その後の日中戦争の個々の作戦などについては、従来はあまり注目されてこなかったといいます。
 ドゥリトルによる1942年4月18日の米軍の東京などへの初空襲は、真珠湾攻撃の、わずか五カ月後のことであり、攻撃した飛行機が中国の飛行場に着陸したことが、日本の支配者・軍に大きな衝撃をあたえました。つまり、中国の飛行場からの日本空襲が想定されるからです。
 このことから、日中戦争の作戦が大きく変化したそうです。つまり、華中・華南の飛行場制圧に重点が移りました。それが、浙かん作戦や大陸打通作戦だというのです。

 いまこそ、私たちが知っておくべき論点に満ちた本だと思いました。


『核兵器禁止条約の意義と課題』富田宏冶・かもがわ出版

 いま話題の条約は、どういう動きで採択されたのか、それは元来不平等条約で、核兵器保有国の横暴をとめられない核拡散防止条約(NPT)への失望から始まったといいます。国際的な背景と、市民社会と一体となった条約への歩みと、唯一の被爆国・日本の原水爆禁止運動の役割を強調し、条約に背を向ける日本政府をつよく批判しています。
 細かい部分には古くなってしまった点もありますが、とくに国際的背景について参考になりました。
 
 
 

その他の最新記事

すべて表示

「かににさされて、ちががでた」(蚊に刺されて血が出た ) 「とうもころし」(トウモロコシ) 「死む」(死ぬ)  おなじみの可愛い子ども言葉は、現役の日本語習得中の学 習者による試行錯誤の現れであり、言語 ...すべて表示すべて表示

  久しぶりに天文学の本を読んでみたら、ダークマター(暗黒物質)分布の3D画像が得られており、その画像が載っていてびっくりしました。  一応、天文学の基礎を独学で読んでいましたが、それ以後登場した、インフレーシ ...すべて表示すべて表示

 大正末期から昭和初期にかけて、投稿詩人として多くの童謡を発表し、戦後全集が編まれて全貌が知られ再評価が進み、多くの人に愛誦されている金子みすゞ(1903-1930)の伝記小説です。  この本の特徴は、実弟・上山雅輔の日記 ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

今、この瞬間、あるがままに美しく・・・!

ある日街の中リスさんに出会った!?

港近くのケーキ屋さんの前でこの子に出会った。 私を恐れもせず、人懐っこすぎる野生のリスさん。 ここまで、近寄ってくると何もあげない...

鳥撮り見鳥デジカメ散歩

珍しいツクシガモ

関東では珍しいツクシガモを近くの川で見ることができました。 今日は穏かで暖かかったけど、やはり川原は寒い。。 それでも珍しいカモに会えればと、...

カメラ修理屋のぼやき日記

ALPA 10d の憂鬱

以前、お客さんのALPA 10dのオーバーホールをしたのですが、 露出計が動かず、メーター自体に電圧を掛けても針が動かないので、 メーターはコ...

〜未知なる城を求めて〜城郭研究ノート

◆ 残部僅少!『最上義光』(戎光祥出版) ◆

二ヶ月ほど前にご紹介しました、拙編『シリーズ織豊大名の研究6 最上義光』(戎光祥出版)ですが、なんと、「残部僅少」になっているようです。ぜひ、無くなら...


.


みんなの更新記事