『トランボ・ハリウッドに最も嫌われた男』をネットで見ました。

イメージ 1

 ドルトン・トランボ(1905-1976)は、アメリカの映画脚本家で、『ローマの休日』ほか多くの作品を残しています。
 トランボの名前は、作品とともに、アメリカで戦後吹き荒れた「赤狩り--マッカーシー旋風」の対象となり、投獄・映画界からの追放に耐え、他人の名前や架空の名前で仕事を続けた人物としても知られています。
 そうした事情の下でアカデミー賞を受賞したのがローマの休日』と『黒い牡牛でした。トランボなど迫害に抵抗した10人の映画人は「ハリウッド・テン」と呼ばれました。この映画は、トランボの伝記映画です。アマゾンで検索するとみることができます。

 私はトランボの映画はいくつか見ています。ローマの休日』と『黒い牡牛』のほか、『ジョニーは戦争に行った』、『スパルタカス』もみました。そのほか題名を見たことがあるものでは、『ガンヒルの決闘』『栄光への脱出』『いそしぎ』『パピヨン』などがあります。
 『ローマの休日』はオードリー・ヘプバーンの出世作となりました。ローマに旅行に行ったときには、映画に出てきた、スペイン階段などの場所を実際に見ることができ懐かしい思いがしました。

 映画界の「赤狩り」はアメリカだけのことではなく、日本でも起こりましたが、日本の映画人も良心を守り抜きながら苦闘し、多くの名画を作り出しました。これは別の機会に書きたいと思います。

その他の最新記事

すべて表示

1、世はまばゆい光にあふれた  オレンジ・ゲイブルズの主婦ミリワが見る世界は、まば ゆい光にあふれてしまった。サン・グラスをかけても、ま ぶしくてたまらなかった。昼間はカーテンを閉めて部屋に 引きこもり、夕 ...すべて表示すべて表示

 戦時下に在日した敵国の民間人はどういう扱いを受けたのか、という話です。  1941年12月8日、日本がアメリカなど連合国との戦争を開始した時、日本にはまだ、少なくないアメリカ人、イギリス人はじめ連合国の国籍を ...すべて表示すべて表示

 青年マルクス、エンゲルスの出会いと思想・理論形成から、1848年の「共産党宣言」出版までを描いています。  マルクスは1818年に弁護士の息子、エンゲルスは1820年に工場経営者の息子として生まれました。  しかし ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

今、この瞬間、あるがままに美しく・・・!

マイナス25度のハスキー犬

イエローナイフのB&Bに居た愛嬌のいいハスキー犬。 純粋のハスキー犬は体が大きく寒さに強い。 マイナス25度...

鳥撮り見鳥デジカメ散歩

キジが綺麗に。。

麦が日に日に伸びて、緑が濃くなってきます。 その麦の中をゆったりと歩くキジのオスは 堂々として、輝くように綺麗でした。。 あっという間に麦の...

カメラ修理屋のぼやき日記

Contax a

カメラ店から、コンタックスⅢaの修理が来ました。 お客さんがカメラ市で購入したジャンクを直したいそうです。 そこはジャンク、巻き上...

〜未知なる城を求めて〜城郭研究ノート

Yahoo!ブログ終了とのことで

(向羽黒山城の枡形虎口) Yahoo!ブログが終了とのことで、どうしましょう。Yahoo!は当分もつだろうと思っていたのですがねえ。 ...


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事