Kumami's Notes +Camper

キャンピングカーテーマのブログを開きました。

├お出かけ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

2年ぶりの山中湖フォレストコテージ。珍しくキャンプ場に2泊するのんびり旅、最終日です。

2016/ 7/ 3(日)

2泊した朝は、すっかりお寝坊。まわりの家族連れさんは、もう朝ごはんも終わってサイトの片付けを始めてる様子。なにやらどこかに予約の電話までいれています。昨日到着時から、テントをたてて、ご飯をつくって、子供に食べさせて、片付けて、お風呂いれて…親御さんたち、ずーーーーーっと働いてます。感心します。

朝ごはんは、ホットサンド焼き器で「焼きおにぎらず」
昨晩、思ったよりご飯たべちゃってて、
量が少なくて圧縮が足りず、ご飯がまとまりませんでした(笑)
見た目、わるっ

キャンピンングカーは片付け簡単なのに、すっかり出遅れました

さて、帰りのイベントは…。前回→記事、フォレストコテージに来た時、花の都公園(→サイトで花に出会えなかったリベンジがしたいと言い出すオット。

ツマ「花が咲いてるかネットで調べてみたら?」
オット「調べずに行くのが、いいんじゃないか」

はい、お花ありませーん。は、はたけ…?

柵の向こうは有料エリア

無料エリアと違って花が植えられてますが、まだ株は小さめ。
ということで、今回もやっぱり有料エリアには入りませんでした。

無料エリアを散歩していると、シロツメクサ?原っぱの向こうに、色鮮やかな部分を発見。

蛍光ペンで塗ったような一区画

カリフォルニアポピーのオレンジ。
画角を区切れば大きな花畑に見えますねー
ホームページや観光案内写真に騙され… 錯覚しちゃいますが、
広大な無料エリアが全面が花で埋まることはないのかも。

かすみ草の真っ白な花畑…は、近くによると、ポピーがかなり混ざってました。

有料駐車場にある売店で、信玄ソフト(400円だったかな?)を食べました。

もちと黒蜜ときな粉がトッピングされたソフトクリーム。
スプーンですくうと、カップから溶けたソフトが溢れて大騒ぎ。
カップの底にもきな粉が入っているので、最後は甘〜いきな粉ミルクになりました。

今回は、有料駐車場の機械式ゲートにバス料金1000円とられちゃいました。前回は売店から店員さんが出てきてくれて、700円返してくれたんですけどねー。有料エリアに入らなくて、正解(笑)

最後に、河口湖インター近くでお昼を食べました。お昼時で、どこも駐車場がそれなりに混んでてZiLをいれられなかった中、ようやく入れられるお店を発見。

いこい→食べログ
家族経営の和風レストラン。わかさぎ定食やほうとうも食べられるようです。
お客様も地元の常連さんが多い様子でした。

和風ハンバーグ定食
大葉を最初から抜いてもらいました。
そんなリクエストが通るアットホームなお店でした。

久々にキャンプ場に2泊した旅でした。ゆっくりまったり旅したいという欲求を満たすには、まだまだオットは忙しすぎるようです。でも年に1度くらい、近場でこれくらいのまったりが、できるといいなぁ。

(おわり)
2年ぶりの山中湖フォレストコテージ。珍しくキャンプ場に2泊するのんびり旅、2日めです。

2016 / 7/ 2(土)

早朝。やっぱり富士山は全景がみえません

小さいながらもプライベートビーチの湖畔サイト独り占め
湖畔はもうちょっときれいだといいのにな〜

二度寝してたら、土曜日でも朝8時からコテージ工事開始。湖からも船のモーター音。あいかわらず、賑やかな湖です。

朝ごはんは、昨晩炊いたご飯の残りを炉ばた大将で焼きおにぎりにしました。

そのあとは、のんびり ………ちょっと退屈?(笑)

彩雲!

「こういう時は読書とか趣味のこと、するんじゃないの?」といったら…

分解をはじめました! そういえば、オットの趣味は分解でしたっけ ( ̄。 ̄;)

昨晩の食事の時、虫に困ったので、ポーチライトの電球をLED化する計画のようです。

ノギスで電球のサイズをはかってます。
ノギスが積んであるキャンピングカーもどうかと思いますが…
オットからツマへの誕生日プレゼントだったっりします、ノギス…
とうとう外でパソコンはじめました。外にコンセントもいるかしら

お昼は、やきそばです。せっかくなので富士宮やきそば。地元じゃありませんが(笑)。シマ◯ヤのような大手メーカーのセット麺ではなく、あえて静岡県の製麺所の麺とソースを購入。富士宮やきそばは肉かすとダシ粉が特徴だそうなので、それも購入しました。地元じゃなくても、ちゃんとスーパーで揃いました! さすが富士つながり…?


考えてみたら2人分のやきそばを焼く鉄板をもっていませんでした。
というわけで、炉ばた大将+小さなフライパンで1人前ずつ挑戦。
炉ばた大将は輻射板をとっています。

できるもんですねー!
もちもちの麺にウスターソースのあまーいお味でした。
ダシ粉がいい仕事します。

大活躍の炉ばた大将の鉄板ないのかなー、と探したら、サードパーティ製が幾つも出ててびっくり。炉ばた大将って売れてるんですねー。揃えちゃいそうな、予感…(笑)

お昼を過ぎると、続々とお客がやってきます。ZiLはテントとしてサイト内の平らなところに置くのですが、前回も今回も、隣にきたオートキャンパー客がうちの車にあわせて、車をサイト内にいれちゃってました。車は外に置いて、広く使ったらいいのに…

 
カセットガスの手軽さになれちゃうと、炭火の出番が減っちゃいそうなので、晩御飯はあえてユニセラ(→製品ページで炭火にしました。

久々のおでまし

豚バラブロックを、ファイヤー!… って、本当に炎あがってますけど。

フタをして蒸し焼き…のはずが、燻製?! ゲホゲホ

おこげをこそぎ落としてる、オット

こんなに真っ黒でまずそうなのに… これが、うまいっ
外はカリカリ、中はジューシー! あのバラ肉の油が、おいしいこと!
煙だの見た目の悪さだの、散々文句いったのに、くやしいなぁ(笑)
炭火って、やっぱりすごいですね。

早めに夕食にしたので、明るいうちに食器の片付けを終わりました。

お隣は、ZiL3さんでした

あとは炭火が燃え尽きるまで、まったり… お風呂に交代でいったり、おしゃべりしたり。

この時間が、炭火の至福の時ですねー
ゆとりがないと、面倒な後始末タイムになっちゃいますけど(笑)

(つづく)
 
しばらく、キャンピングカーの記事をかいてませんでした…。
オットが春まで自治会の役員をしていたので、週末でかけられなかったのです。その間もオットはそれなりにキャンピングカーいじりを楽しんでいたのですが…ツマは楽しくないので、記事を書く意欲が湧いてきませんでした(笑) ちょっと反省…

「のんびりしたお出かけしたいなぁ…」

何気なくつぶやいたら、オットが休みをとって2泊でキャンプ場を予約してくれました。久々のキャンピングカー旅行記です。

2016 / 7 / 1(金)

前夜、遅くまで仕事だったオットと仕事場付近で合流。談合坂SAで前泊し、のんびり山中湖へ向かいました。

途中、装甲車とすれ違いました。
ヘルメットかぶってるとはいえ、高速道路を剝き身(笑)で乗ってるんですねー

買い出しのため、河口湖ICで高速道路をおりましたが、途中偶然、お風呂をみつけました。今回はキャンプ場泊なので冷蔵庫を動かしてます。だから、先に買い出しでも大丈夫んなんですけど…いつもの癖で、買い出しを最後にできるとしっくりするんですよね(笑)

富士山溶岩の湯 泉水→サイト

ビジネスホテルの副業? 朝風呂もやってます。食堂付き。

久々に来た山中湖…なんだか雰囲気が変わっていました。湖沿いに遊歩道を作っていたり、寂れてた店が少なくなり新しい店が増えていました。平日で無料駐車場が空いているところへ、巨大観光バスが何台も幅を利かせてとまっています。これも世界遺産登録とか外国人観光客のパワーでしょうか。


でも、あてにしていた山中湖 テディベアワールドミュージアム→公式サイトのワンコOKカフェが、ラーメン屋さんになっていました(湖麺屋 Reel Cafe →食べログ。テラス席が見当たらないし、オットはあまりラーメンが好きではありません。変わって欲しくなかったなぁ。


たまたま、手前で「ワンコOK」看板をみつけていたので、そこへ戻りました。

3台分ほどの駐車場がありましたが、向かいの無料駐車場にとめました。
テラス席かと思ったら、ちゃんとワンコOKの別棟がありました。
雨の日も安心してワンコ連れで食事できます。
平日の1時半だったので、お客は私たちだけ。
注文は本館のほうへお願いしにいきました。

きのこ、ぶたかぼちゃの入った MIXほうとう 1600円
暑い日に、熱いほうとう食べて汗だくー

食料買い出しは以前も寄った いちやまマート(→サイト。でも今回はラムチョップも豚チョップもみつけられなくて、残念。それでもめずらしくキャンプ場2泊ということで、はっちゃけて9000円も買い物しちゃいました。

2年ぶり→前回記事「山中湖かば旅」の山中湖フォレストコテージ→公式サイト。センターハウスが位置も佇まいも変わっててびっくり。

おしゃれ!

もちろん、サイトは湖畔側。今回は手前から2番目でした。
(奥にあと2つサイトがありますが…立木や広さからキャンピングカーはかなり厳しそうです)

以前、バックで登りながらいれたら砂利で滑ったので、
下りながら入れたら…湖みえないじゃん!

というわけで、方向転換。

オーニングの下から、湖が見えるようになりました。

向かいのサイトはコテージ絶賛建設中 orz

この後、オットは仕事が入ってきてしまいました。これがもー、時間がかかるかかる。その間、ツマは一人で、お風呂に行き(センターハウスに小さいながらもお風呂ができてました! (ノ ̄(エ) ̄)ノばんざーい)食事の支度をし、おえかきしてました。
水の白濁は、あとでオットが確認したところ気泡でした。しばらく置くと消えるんだそうです。これはこれで、がーっくり。

「休みを取っちゃいけない日だったね」といったら、オット曰く「キャンピングカーとモバイルパソコンと通信環境があれば、休めるってことだよ」……それって、喜ばしいことなのかなぁ。

オットが仕事から解放されたのは、日没後でした。

富士山は、うっすら

オットがお疲れなので、手軽にカセットガスの「炉ばた大将 炙家」→製品ページで牛ステーキを焼いて晩ご飯となりました。

おつかれさまー

(つづく)

秩父遠回り旅

またまた、お世話になってるカーセルス・ワタナベさんのオフ会がありました。その行き帰りのプチ旅記です。


山梨県まわり埼玉入り


今回の会場は埼玉県秩父。下道で行っても2時間余りでつきます。前日、義父の通院アッシーで6時間運転したので、ぐったり。オットのお迎え+前のりはせずに、当日準備して朝9時半にオットの運転で出かけました。

お昼ごろ秩父入りして、お風呂にゆっくり入って、夕食までのんびり休もう、とツマは目論んでいたのですが…。埼玉県は北。なのにオットは中央道を西に向いました。

http://www.kumami.net/wp/wp-content/uploads/2016/03/160227-01.jpg談合坂SA。東京から埼玉県にいくのに、なぜか山梨県入り。

勝沼で中央道を降り、向かうは雁坂トンネル(→サイト

道の駅まきおか(→観光協会サイトに正午に到着。

公園を背にした、のんびりとした小さめの道の駅でした。
軽食もやっていましたが、ちょと惹かれなかったので、次に期待。

高いところと同じくらいダムに行きたがるオット。
道路脇の広瀬湖(→サイトにちょこっと寄ってみました。

久々の ロックフィルダム。下に見えるのは発電所。
洪水調節用のダムなのか、出力は小さいようですね。

ぽかーんと開けた気持ちのいい湖でした。
(山々の標高の数字の中で、雁坂トンネルだけ長さだけなのが、ちょっとおかしい)

次の道の駅、みとみ(→観光協会サイト
大きくて昼食も買い物も期待できそうだったのですが…

まさかの冬季休業中! ( ̄△ ̄)がーん
こんな道の駅もあるんですねー

そんなにカーブもきつくなさそう、なんていってたオット。
雁坂トンネルを越えたら、くねくねー

また湖が現れました。滝沢ダム(→管理事務所サイト
でも、お腹が空きすぎてパス(笑)

ループ橋(雷電廿六木橋)からみたダム。
もう一度、ダム+ループ橋を見に来てみたいです。

道の駅 大滝温泉(→サイト
(屋根の下に、キャンピングカーも停められそうです)
ここなら、お風呂もすませられると思ったのに…

機械工事のため3月まで休館!
なんだかこのルート、ハズレばっかりひいてる気がします。
冬場は近寄っちゃいけないのかしら。

昼食はここでとりました。

みそ豚丼1000円
味はよかったんですが、ボリュームと肉質が値段ほどではなかったです。

なめこそば730円 ミニなめこ丼320円(なめ茸をあっさりしたような味でした)
きのこ好きのオット。なめこづくし(笑)
うどんにミニ丼で1000円超え…やっぱりお高めかと。

秩父の街中に向かいます。

石灰岩採掘のため、どんどん崩される武甲山。
この向きから見るのは初めてですが、すごいですねー。

オフ会会場到着


スーパーでおやつと朝ごはんを調達し、お風呂に寄って、オフ会会場に到着しました。(オフ会はオフレコにします)

夕食前30分に到着。もちろん最後の到着でした。
オットは余裕たっぷり顏ですが、ツマはドキドキものでした。

夕食はレストラン、その後はスクリーンテントの中で過ごします。
中は皆さんが持ち寄ったストーブのおかげで暑すぎるくらいでした。
 
一晩すごせば、ラグナも慣れてきて、すこしお友達と交流。

帰路も寄り道回り道


さて、帰路です。素直に下道で帰る……わけにいかなくなりました。

http://www.kumami.net/wp/wp-content/uploads/2016/03/160228-22.jpg16号の渋滞に辟易して圏央道に乗ったら、どんどん進み
そのまま中央道に入り…

昨年できた府中スマートICでおりて、南下。東京をつきぬけて向かった先は…

横浜の郵便局のポスト。
オットが月曜必着の郵便物の投函を忘れていたのです。
ここの局留の郵便物だったので、わざわざやってきました。

ただ…このポストに投函したからといって、
この郵便局から一度も出ずにすむのかは謎です。

週末の郵便局の駐車場は混んでいたので、近くのスーパーの駐車場を利用しました。
ゲートがギリギリ!
外で誘導したのですが、大丈夫に見えたのに、結構余裕がありませんでした。
ZiLは角がまるくなっているので、誘導が難しいです。

夕食はコンビニごはんでした…ちぇっ


 ■ ■ ■

オフ会はとても楽しかったのですが…結局、金曜日に続いて、土曜日も日曜日も6時間以上車に乗るはめになりました。のんびりできると思ったのに、へとへとですー。なんでZiL旅は修行のようになってしまうんでしょう。

なのに、また出かけたくなってしまうんですよねぇ(笑)

(おしまい)
オヒトリサマで出かけてきた幕張のジャパンキャンピングカーショー、つづきです。

バンテックブース


さて、ZiLのふるさと、バンテックのブースです。

昨年同様、コンパニオンのお姉さんがアンケートを呼びかけて、
目立つ大きな紙袋を配っていました。
他にも袋を配るところが多かったので、昨年ほどには目立ってなかったかな?

今回はフードコートの隣だったので、
バンテックブースにカレーのいい香りが暴力的にただよっていました。

今回のバンテックの目玉は、ZiL Cruise。ELFベースのZiL520です。
2段ベッドの間取りは、どう使ったらいいのかわからないので、
中は見学しませんでしたー
代わりに、空いてて見学しほうだいのコルドRundyを見学していたら、
営業マンさんに「去年もお会いしましたよね。ブログしてる人ですよね」
と、いわれてしまいました。 いやああぁぁ 恐縮です(///(エ)///) ぽっ

Cruiseよりも集客力のある( ̄。 ̄;) 軽キャン「ルネッタ」(→サイト

中が二段ベッドになってます! プルダウン? 詰め込みましたねー(→レスポンス記事

営業マンさんに気になっていた軽キャンの断熱について質問したのですが…
やっぱり、軽キャンは断熱していなくて暑くなるそうです。
ZiLで一番嬉しかったことの1つが、室内が暑くならないこと。
ペット同伴には必須ですし、人間にも優しいはずなんですが…

やっぱり見えないところにお金をかけても、売れないのかな〜
高級な軽キャンなので、期待してたんですが、残念…


メーカー系


今年のメーカー系ブースで、一番大きかったのは、ホンダでした(正しくは、ホンダ+八千代工業のブース)

手前はは八千代工業の「きゃんぱち」(→サイト
ホンダはずーっとコンパニオンさんが車の紹介を演じていました。
昨年はすごく目立つコンセプトカーを展示してましたが、
どこいっちゃったんでしょう? 今年は実用重視でした。

きゃんぱちの後付けのカーテンレールに興味津々。こんなつけ方もあるんですねー。
断熱性は低そうですが、モコにつけたいなー。

日産のブースはコンパクトでした。車の印象なし…

トヨタ系の東海特装車さんの ノア Cross-City Capsule (→情報
メーカー系のコンセプトカーはこれくらいとんがってほしい(笑)

下段のわんこクレートは取り出せます


素のまま展示


AtoZさん(→サイト)には、新しいボンゴが架装前の素の姿で展示されていました。
AtoZさんの展示は、ライトキャブコンばかりでした。ヽ(。_゜)ノはて?

というわで、いすゞ「びーかむ」を使ったキャンピングカーは
日本特種ボディーさん(→サイト)だけでした。
新しいビルダーさんですが、ちょっと興味を持って見ています。

ZiL以外で初めてみた、外の引き出し。

L.T.キャンパーズさん(→サイト)は、カムロードの素の展示をしていました。

自社開発のスタビライザーやマフラー、足回りの展示でしたが…

カムロードのエンジンって、こんな風に収まってるんだー
ということのほうが、面白かったです(よくわからないけど)


訪れたことがあるビルダー


ZiLを購入する前に、訪れたことのあるキャンピングワークスさん(→サイト
今回も展示車はジュニアリボーンだけでした。
オール電化キャブコン「オルビス」を最近見てません。
購入検討した車種なので、気になっています。

あとは雑誌で電気について連載を持っているコニケン先生のコーナーと
車載用ルーフエアコンの展示でした。

コニケン先生おすすめのバッテリーらしいです。
最近バッテリーを交換したばかりですが…何か違うのかしら?

■ ■ ■

訪れたことがある、といえば、OMCさん(→サイト

バンコンにエアコンがつかないことを嘆いた私(アトピー性皮膚炎で汗が大敵)
「キャンピングカーは不便を楽しむものです」と諭されたのですが、
……つけたんですね、家庭用エアコン。

ルーバーの所が室外機…かな?


目に止まったバンコン


取材が来ていたのは、キャンパー鹿児島さんのBOSS(→サイト
最近、テレビ露出が多いビルダーさんですよね。

キャンパー鹿児島さんのrem(→サイト)は、
ベッドをくっきり閉じられるのが特徴なのですが…

BOSSは1人用なのかオープン。セカンドシートも優雅な1人掛けソファ。
まさに移動する書斎…城です。豪華ですー

■ ■ ■

ANNEXさんの COPOSER with DOG(→情報

車は日本の道路事情にあったナローベース。
3種の室内レイアウトと、2種のルーフ形状を選べるCOMPOSERのうち、
ペット旅仕様の室内レイアウトです。

後部はは足洗い場と、カート置き場。カートが置けるのは便利ですねー

後部とは腰高の開き戸で繋がってます。
人は通らず、後部は外から使う、ということかな?

■ ■ ■

豪勢に展開していて目を引いたのは、
ケイワークスさんの オーロラスタークルーズSL(→サイト

リアのテントの陰には…ポータブルトイレ???

リアのテントの中に入ると、ドレン付き床下収納がどーん。
シャワーをここで浴びて、濡れ物を床下収納に入れるイメージのようです。
ペットの足洗い場にも使える…とあります。なるほど。

あるいは非常用の備蓄倉庫にもオススメなのだそうです。
そうなると、ポータブルトイレがあったのも納得できます。


人気の軽キャンパー


あいかわらず、軽キャンパーは人気ですね。平日昼間のせいで、リタイア後の年齢層の方が多くて、なおさらだったのかも。

バンコンが主力のリンエイ(→サイト)でも、軽キャンにシルバー層のひとだかり。

バンショップミカミさんの テントむし(→サイト)も、
なんだかカッコよくなってました。

マックレーさんの ディアラジュニア(→サイト
広々として(8ナンバー)、発電機をつければ完全自立型も可能。
こちらもかわるがわる見学者が。

コイズミさんの かるキャン デッキクルーザー(→情報

昨年はデッキにギャレーを積んで山バージョンでしたが、
今年は海バージョンのようです。
ヒッチメンバー?からアームが伸びて、ハンモックチェアが下げられていました。
大人2人乗ったら、車がひっくり返りそうですね
(会場では乗らないでって書いてありましたが…)

■ ■ ■

可愛い形の軽のトラキャン
ミスティック J-cabin Mini(→情報

J-cabin Miniは内装もかわいい。山小屋風?

■ ■ ■

さすが四国のビルダー!という軽キャン
岡モータース ミニチュアクルーズ 遍路エディション!(→情報

和風の内装。畳調のマット。
左手には納経帳入れ、右手には金剛杖ホルダー。
真ん中には…こたつにみかん!
 説明してくださった社長さんが、やりきった〜と言ってました。思わずお遍路まわりたくなりますねー

このこたつ、ちゃんと暖かいんです。
中には…猫がいました(笑)
ちゃんとお腹が上下して、寝息をたててます。オプション…ではないそうです。


【おまけ】

畳といえば、以前からあるバンコンの
VAN REVO(バンテック新潟)さんの クエスト(→サイト
http://www.kumami.net/wp/wp-content/uploads/2016/02/160212-73.jpg
本物の畳を 覗いていた老夫婦さん「これなら寝た気になれるわー」
うーん…どうだろ( ̄。 ̄;)


おわりに…


全体的には、みんな展示が上手くなったなー、という印象でした。

バルーンを上げてみたり。

柱を使ってみたり。
大きなブースでなくても、高さを使った展示をしたり。

格好よい車を作るブースはより高級感を出していたし、商談スペースも立派。あるいは目を引く車を作って、それを目を引くように展示していたり。バンテックパーツセンターの袋もオレンジで目立っていたし、カタログを入れる袋を工夫している会社も複数ありました。業界全体が、大きな屋内の展示会に慣れてきたなーって感じました。


まぁ…キャンピングカーって外で見るものですけどね ( ̄◇ ̄)あっはっは

で…

以上、はしゃいで5時間以上かけて隈なく回ってしまった、私…
かかとは痛い、腰は痛い。頭痛がするやら、気持ち悪いやら。

出勤したら体調が復活したオットが、1時間かけて幕張にやってきてくれ、
帰り運転してくれましたとさ。

捨てたのに…

優しいオットで幸せ者だー ありがとーオットー ノ^-^)ノよいしょー

オヒトリサマで出かけた時は、つくづく無理は禁物ですね。
……って、これで一人のとき体調崩したの2度目なんですけども。


以上、長すぎるレポにお付き合いくださって、ありがとうございました (゜゜)(。。)ペコッ

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事