Kumami's Notes +Camper

キャンピングカーテーマのブログを開きました。

├お出かけ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
2016/2/11〜14、幕張メッセで開催されたきゃパンキャンピングカーショーに「1人で」行きました。

カレンダー通りのお休みしかとれないオット。週末はスキーに出かけたいというので、祝日と土曜日に挟まれた金曜日、オットの出勤中に一人ショーを見学して幕張で落ち合おう、という計画でした。が。当日朝「具合が悪いから週末は出かけない」とオット(それでも会社は休めない)。えええっ どしよう…。とりあえず、オットをいつも通り駅まで送って……結局、幕張メッセまででかけちゃいました。

ええ、オット、捨てました。

幕張メッセ到着…あれ?空いてる


平日の通勤渋滞に巻き込まれ、2時間40分かけて幕張メッセに到着。お出かけなしなので、ワンコも家族に預けられて、とっても身軽です。途中のコンビニで、初めて前売り券も購入して、いざ、出陣!
11時に会場到着…あれ、列がありません。

チケット売り場が、券売機になってました。優待券はどうするんでしょ?

入場も列なーし。前売り券、買う必要なかったー。゜(゜´Д`゜)゜。
優待割引のほうが100円安いんですよぉ

ミッション

今回のミッション1:バレンタインチョコをワタナベさんに届ける。

この時期のショーは、チョコちょうだいショーですよねー

エスカレーターを降りると、ペッパー2体にお出迎えされました。

オートワンさんのブースにもいたので、全部で3体いたことになります。

お世話になってるカーセールス・ワタナベさんに直行。
チョコレートを届けました。
角地でオープンな感じ。明るくて入りやすいブースになっていました。
回を重ねて、展示も上手になってきたなって感じます。

入ってくるのはウンチク語りたいおじさま達が中心。
でも隣がコープさんだったので、
エアサスのまぁるい物体を鍋かと思って
入って来ちゃうおばさまもいました(笑)

ワタナベさんと話していたら、コープさんに強力に勧誘されちゃいました。
何回もショーに行ってますが、初めてコープのプリンをたべました。
今時のトロトロプリンではなく、しっかりしたプリンで好みでしたー

ミッション2:お買い物。

ロータスパーツセンターの、気になってたこのシートカバー
カムロードに使えるか聞いてみたところ…だめだそうです…(座面の形が違いますものね)

今回購入したもの
国産のトイレ消臭剤(ロータスパーツセンター)
カムロード用補助ミラー(バンテックパーツセンター)

ミッション3:質問する

ベバストさんのブースにいって、高地スイッチを入れたまま、平地でうっかり使ってても大丈夫かきいてみました。大丈夫だそうです(^O^)v。燃料が薄くなるだけ。温まりが悪くなるのかな?と思ったら…それをを実感することは無理だそうです(笑)これで少し気楽に使うことができます。

ベバストにくる人も、ウンチクもってるおじさま中心。なんだかワタナベさんとにてるなーって思いました。あ、そもそも、いつもより会場全体の一人おじさま率が高かったです。平日だからでしょうかー。


日本RV協会ブース:NAVITIMEで収穫!


今回は主催者のブースがとっても目立っていました。

広々、どーん

いくつかのテーマゾーンの展示

【くるま旅ゾーン】では、NAVITIMEの展示がありました。

実はここまでiPhoneでNAVITIMEの「カーナビタイム」を試しながら来ました。
カーナビタイムは、車種設定にキャンピングカーが選べるようになってます。
そのことで特別何か機能がかわるわけではないのですが、(車高と車幅は自分で入れるので)
バンテックのジルと選べるだけで、なんだか嬉しいですね。

ZiLに積んでるカーナビ「ゴリラ」がフリーズしてしまった首都高速の地下の道でも、
多少の遅れつつも動き続けてナビゲーションしてくれました。
ゴリラの地図更新の無料期間が終わってしまったのですが、
こんなに優秀ならNAVITIMEを使ってもいいかな、と思っていたところ。

ただ、最初に選択したルートに、遠回りしてでも戻りたがる癖が強すぎたので、
ブースのお兄さんにどうにかならなないか、質問しました。
その地点からの最適なルートを検索するだけなんですが…
残念ながら現在その機能はないようです。
あと、「スピードに注意してください」というアナウンスが出すぎるので、
それを消す方法を聞きました(スピードが出ない車+人間なので、いらないでーす)。

リモコンのプレゼント企画もやっていて、後日送られてくるらしいです。思わぬ収穫でした。

【防災ゾーン】では、アウトドアブランドのモンベル(→サイト)が防災用品を展示。
モンベル好きなので、もうちょっとキャンピングカー界隈にも来てほしいなー
山登りとキャンピングカーって、いい組み合わせだし!

【防災ゾーン】キャンパー鹿児島さん(→サイト)がオフィスカーを展示。
リチウム電池で災害時には拠点となりうる移動事務所だそうです。

【防災ゾーン】かーいんてりあ高橋さんが
プリウスのキャンピングカーを展示(→RELAX CABIN
「普通の車のキャンピングカーなんてあるんだー」って言ってる人がいました。
この規模の電池を積んだキャブコン、でないかなー

【ペット旅ゾーン】ではペットレスキューの車。中はどうなっているんでしょう?
ペットの体脂肪を計るコーナーは大人気。ドクターの相談会も開かれていました。
昨年のドッグラントレーラーより、役に立つ展示かも?

【車中泊・アウトドアゾーン】では、ジープとカーネルの展示。
会場は面白い車がてんこ盛りなので、
車中泊=普通の車の展示って(需要は高いくせに)影が薄くなりますね

面白かったもの:大物編


「こんな広い土地があったら、家たてるわっ」というサイズのガレージ
でも、屋根の下にキャンピングカー置けるなんて、あこがれますよねー

エアストリームさん(→サイト)のブースでは、
でっかいトラキャンが、文字通り浮いてました。

トラックと架装部分の間には、クレーン?がありました。
トラキャンに使うんでしょうか?

エアストリームブースに展示されてた四角いトレーラー?
しかし、ショーではいろんな乗り物が中に入りますね〜

こちらは、部屋の中にバイクが入っているようなトレーラー
K WORKS トイホーラー(→ サイト記事

ブームの自転車も中に載せるようになりました。
キッチン前の床下収納を有効利用しています。
OMCさんの 北斗(→サイト) 特別仕様

こちらは軽キャンに自転車をつんで、かつ寝られる
オートワンさんのTumerunder(つめるんだー)(→情報

【おまけ】

ルーフテントZIFER JAPANさんの展示ですが…
車の塗装がかわいい!

面白かったもの:小物編


ちゃんとオプションパーツになってる ちゃぶ台
カスタムセレクトさんのロードセレクトコンパクト(→サイト

おしゃれなバンコンの旅のお供は、ジェラルミンケース?!

巨大トイレットペーパー…ではなく クッション?
レクヴィさんのトートバッグ(→サイト

リアゲートにつけるタープの内側でも働いていました。

ホンダ+八千代工業さんのブースには、巨大なクマのぬいぐるみ!
うちのリラックマもまけてない…はず

かくかくしかじか…もちろんダイハツさん

(あまりにも長いので、続きます…)

 
【余談】

壁とブースの隙間に入り、いかにも裏方な通路の先…

キャプテンスタッグのアウトレットブースが
控え室?の中に収められていました。
なんでこんなことになっちゃったんでしょう(笑)

それでもお客様がくるから、すごいですね。
私は利用したことはありませんけれども…

開く トラックバック(2)

土曜出発の1.5泊のスキー。2泊目です。

日曜、夜


18時半、晩御飯とオットのお風呂に出かけると、天気が一変してました。

雪+雲? けぶってます

今年は、駐車場に滑りこむコースのナイターが無くなってしまいました。というわけで、ナイターは滑りませんでした。別料金ですしね。オットったら、仕事もZiLに持ち込んでましたしね(爆)


レストランの夜のメニューは、昼と変わります。昼は丼モノが中心でしたが、夜は定食ばかりになります。

生姜焼きと山賊焼き

トコがかわると眠れないツマですが、運動もしたし、お風呂も頂いたし、早めに就寝できました。


月曜日は雪も仕事も降ってきた


翌朝、雪がそれなりに積もりました〜。手早くおもちを焼いて朝食をすませて、朝のファーストバーンを目指します。

立派なつらら。熱が逃げてる証拠ですね。

がらーん。昨日(日曜)とは大違いのキャンピングカー駐車場

圧雪したての快適な雪面を期待したんですが…昨日の暖かさに溶け、夜も圧雪あまりされず、その上に新雪がつもって、あまり気持ち良くありません。雪が降っているので雪面もよく見えなくて、つらいつらい。

その上…仕事の電話が入ってきました!

平日の弊害

結局オットはこの後、ZiLに戻ってお仕事になりました。これ、キャンピングカーのメリットなのか、デメリットなのか(苦笑)

ツマひとり、悪天候のなか滑ります。1日券を買ってしまったので、6回は乗らないと、もとがとれません。長いコースを滑るのは、体力と腰痛で無理なので、短いコースだけでノルマをこなしました。雪面が見えなすぎて、一度も圧雪されてないようなバーンに迷い込んでしまい、時間だけはかかりました(笑)


ZiLへ戻ると、ちょうどオットが仕事を終えたところ。交代でオットが滑りにいきました。その間に、車内を片付けたり、ZiLの雪下ろしをしてました。


18時までに帰宅したい用事があったため、スキー場出発は正午。

途中の安曇野スイス村(→サイトで昼食をとろうとしましたが、平日のせいか裏寂れ感満載。ひるんでお土産に野沢菜だけ購入して、退散。結局、安曇野IC手前のロイヤルホストで昼食となりました。

アンガスサーロインステーキ丼 1680円
ごはんにあう少し甘い醤油+山わさび。道中で、一番美味しい食事でした(笑)

行きは暗くて見えなかった諏訪湖は、白くなってました。いえ、水玉模様? ワカサギ釣りの施設なのかしら? 今年の暖かさでは、御神渡りは無理なんでしょうねー


以上、FFヒーター修理後のスキー初滑りリベンジ旅は無事終了しましたー。今回は電源がとれたので暖房はエアコン中心でしたが、足元が冷えるので、FFヒーターもちゃんと活躍してくれました。もちろん、高地モードで運転しましたよ!

スキー場ではあまり散歩ができないラグナ。お疲れ様。

頭をこしこしクッションにこすりつけたので、静電気で毛が逆立ってます。

おしまい
今シーズン最初のスキーが、FFヒーター故障で中断。そのせいで体調崩すやら、仕事があるわで出かけられず…オットの出かけたい欲求が爆発寸前になったので、初滑りリベンジに鹿島槍スキー場に行ってまいりました。

鹿島槍スキー場のキャンピングカー用駐車場>RVパーク


所用があって、出発は土曜午後。今回は月曜休みをとっての、1.5泊になります。安曇野ICを降りて、閉店直前のスーパーで夜と朝のごはんを買って、鹿島槍スキー場に到着したのは、夜10時前でした。

いつもは金曜夜、会社帰りのオットを待って出発しますが、出発は夜10時くらい。眠いし寒いし、SAはメニューが乏しいし、深夜のひとけのない街中やくらーい山の中を走ってると、気分も暗くなってきます。未明に到着となるので、翌朝オットはすごい寝坊するし…キャンピングカーって楽するためにのってるはずなのに、なんか苦行に近い感じ。それに比べると、今回はとっても楽チンでした。
スキーの時は金曜午後休んで、早めにでられたらいいのになぁ。



鹿島槍スキー場(→サイトには、電源付きのキャンピングカー用駐車場(→サイトのページがあります。いつもは予約していますが、今回はしませんでした。行き先が流動的だったこともありますが、いままで、満車になるどころか同泊車もめったにいなかったので…。読みは当たって、あっさりその場で2泊とれちゃいました。

うちは寝る間際まで走るタイプなので、チェックインの締め切りが早いRVパーク(→サイトを利用できずにいます。でもここは、夜遅くてもチェックインできるRVパークのような感じ。電源はもちろん、温泉もスキー場もついてます(笑)なんで不人気なんでしょう…。

鹿島槍さーん、お願いですから電源までたどり着けるようにしてくださーい。
それくらいのお金は、払ってると思うんだけどなぁ。
オット、自分で腰まである高い雪山を踏み固めました。

予約してても駐車場の除雪が行われておらずハマったこともありましたっけ。
お金はらっても宿泊者ではない…この疎外感が、不人気の理由の一部なんじゃないかしら…

ちなみに、写真の向こう側、光のある場所は無料駐車場です。
スキーセンターの建物には宿泊施設もあるので、夕食も食べれるし、休憩所などの居場所もあります。
1〜2泊なら無料駐車場で十分なのもわかるんですよねぇ。

でも電源を確保すれば…ずーっとエアコンを動かしてられます。
冷蔵庫も電子レンジも動かせる、明るくて快適なお宿になります。
ワンコが安全にお留守番できます。

翌朝は、ぬくぬく車内から一歩も出ずに、寝巻きのままホットサンドで朝ごはん。
それからゆっくり身支度して、スキーにでかけられます。
キャンピングカーの醍醐味、やめられません。

駐車スペース番号の看板がしましか仕様になってました。

宿泊はまたまたうちだけ。
残りのキャンピングカースペースは、日曜朝の無料駐車スペースになってました。
もう、キャンピングカー駐車場は、風前の灯?
まぁ…電源BOXが壊れるまでは特別費用もかからないから、続けてくれるかな?


初滑り


さて、スキー。腰痛持ちツマも、今回は滑ってみました。

雪が少ない分、向かいにあるヤナバスノーパーク(→サイトが目立ちますね。
ナイターに特化した100%初心者コースのスキー場だそうです。

この日は暖かく、滑ると汗ばむほど。当然雪もおもくて、普段運動ゼロのツマは1本めから足の筋肉が悲鳴を上げだしました。

しばらく斜面で、小休止 …ん?なんかやってます。


近寄ってみると…人が風船(ZORB BALL)の中に入って転がるボーリングでした!

人は中で固定されてます。

下からみると、こんな感じ。ごろんごろん。結構な勢いです。
ストライクを取ると豪華商品…だそうですが、風船で出来てるピンは倒れにくそうでした(笑)

午前中滑った後(といっても、ツマは休み休み。時間も短めですが)、一旦車に戻ります。

キャンピングカーに滑り込めることが、ここの最大の魅力!

靴を履き替えて身軽になってから、スキーセンター内のレストランへいって昼食をとりました。

今回は奮発して 豪華海鮮丼 2500円のところ特別価格2300円に、野沢菜を追加
寿司飯でもないのに、ガリ…? 海老が甘くておいしかったです!
山盛りの野沢菜に、白馬地方にきたなーって感じます。

この後、ツマはまったり車内で過ごしました。滑りにいったオットが帰宅…帰車?したところで、ツマはスキーセンター3Fにあるお風呂へ。日曜の夕方5時になると、帰路につくバスがたくさんスキーセンターに横付けされてました。おかげで、お風呂もゆったり空いてました〜

ZORB BALLの撤収風景。車の中に収まらず、上に乗っかってます。

件あったお店の真ん中1件が無くなって雪山になってました。
奥のお店もやってない様子…寂しいですね。

つづく
あけましておめでとうございます。
つたないブログですが、今年もおつきあいいただけたら嬉しいです。

今年最初の記事は、年末のお出かけレポです。今シーズン初のスキーは、あまりもの雪不足に、とうとう年末になってしまいました。


万座スキー場へ


オットが2015年最後の出勤を終えて、帰ってきてからも仕事をして、出発は結局夜10時半。晩御飯は出先で、というのでお腹を空かせて待っていたのに、結局コンビニで買ったものを移動しながら食べるハメに。P泊したのは寄居PAでした。

朝食は珍しく寄居PA(→サイトのフードコート。

みそだれ豚丼  810円
帯広の豚丼から甘い味を想像していたのに、しょっぱいことしょっぱいこと。
漬物も味噌汁もしょっぱくて逃げ場なし、半分でリタイアしちゃいました。
肉はおこげもついてて香ばしくておいしいのに、残念

山にあがる前に、軽井沢のスーパーで2日分の晩御飯+朝ごはんの買い物をしました。

年の瀬のスーパーは、陳列からして非日常。さらに、鯉こく用の鯉のぶつぎりなど、初めて見るこの地域の食材を見て興奮気味。周りのお客様(別荘の方々?)は、ワインの瓶やら食器からつめこんでかご4つとかカート2台とかの大量買い。ちょっとしたアミューズメント気分になって、すっかり長居してしまいました。

浅間山…雪がすくなーーーいっ

鬼押ハイウェイでも雪を踏むことなく、本当にスキー場に雪があるのか不安になったのですが、万座ハイウェイに入ると雪が現れ始めました。

夏タイヤでは無理ですね

スキー場には15時前にようやく到着。この時間になると帰り始める車がいるので、スキーセンター最寄りの駐車場に停めることができました。

このスキー場に来るときはいつも宿泊してたので、この駐車場を利用するのは初めてです。
小さめのスキーセンターのトイレが、夜でも利用できました。
無料休憩所も終日開放されているようです。

ナイター開始まで、昼寝を始めるオット。まったりとした旅は…ここまででした。

「しまった、万座プリンスのお風呂が17時までだって」
といいだしたのは、17時5分まえ!間に合わないよっ 調べるならもっとちゃんと調べてよっ

結局、日帰り入浴18時までと看板にあった万座温泉ホテルを利用しました。でも実は受付は17時までだったらしいです( ̄。 ̄;)。この周辺のお宿は、立ち寄り湯ができるところが多いのですが、受付が15〜17時までなのでスキー帰りの利用の場合は、注意が必要です。

万座高原ホテル(→公式サイト 立ち寄り湯 1200円
駐車場の向かいに万座高原ホテルがあります。歩いてすぐです。左上が万座プリンス。
リフト券売り場で500円割引券がもらえます。うちはリフト券を買う前で気がつきませんでした…(T.T)


万座高原ホテルのウリは大きな露天風呂。そのほとんどが混浴です。男性はタオルを巻き、女性は湯浴み着を借ります。私は露天風呂にあまり魅力を感じないので、あえて内風呂のほうを利用しました。この日、ホテルは満室で温泉も混み合っていました。8つの洗い場がすぐ満杯に。なのにかけ湯も上がり湯も場所がありません。私はアトピー性皮膚炎で、温泉成分をしっかり流してから出たいたち。洗い場があくまで湯船につかっていたら、すっかりゆだってしまいました。あまり広くない内風呂に払うには、ちょっとお高い入浴料だったかなー。


お風呂の後、オットはナイタースキーへ。私は、晩御飯の準備を。といっても、スーパーで購入したお刺身でーす。オットの大好きな北寄貝のお造りがあったので、自動的にメニュー決定しちゃったんですけどね。

私は奮発して、中トロ。幸せー

オットったら、スキーは30分余ほどで帰ってきました。寒すぎたようです。それでも6本ほど滑ってきたとか。お風呂も晩御飯もおわって、早めに就寝…明日、朝いちばんのバーンを夢見て…。

靴下だいすきー


FFヒーター壊れる


夜11時過ぎ。あまりの寒さに目が覚めました。FFヒーターがエラー表示で止まっています。故障コードは「燃焼中の消炎」。マニュアルの指示通り、再度スイッチオンを繰り返すも、また止まります。

外気温はー9℃。このままでは…死ぬ!

人間は耐えたとしても、ワンコを守らなくては。山を降りることにしました。

駐車場には10台ほどの車が。キャンピングカー以外は、車中に泊まっていないようでした。

眠たい目をこすりながら(…というか、眠れないほど寒いんですけど)、深夜3時に横川SAにたどり着きました。もう限界です。標高が下がったので少し期待していたのですが、FFヒーターは相変わらず動きません。エアコンを行けるところまで動かしてみましたが、2泊めのバッテリーは、すぐに電圧が下がって安全装置が働いちゃいました。そろそろバッテリーもかえなくてはならないのかも。


外気温1℃。これなら…死なないか、と厚着して布団をかぶってねたものの…つらいつらい。FFヒーターに頼り切って、布団も寝袋もそんなに厚くありません。ワンコは体に布がかぶさるのが嫌いで一緒の布団に入らないので、結局座って抱くはめに。

さむいさむいさむい。ねむいねむいねむい。

まんじりともせずに、朝を迎えました。(オットは3シーズン用寝袋のおかげで寒いながらも眠れた様子)。考えてみたら、なんでホカロン使わなかったのか。せっかくSAまできたのだから、エンジンかけて車のヒーターを使ってもよかったのに。この時はもう脳みそが凍っていたんですね。

朝。エンジンをかけて車を温めだしたました。オットの朝ごはんの選択は、ワンコのいる車を冷やさないよう峠の釜飯を買ってくること。でも私は冷え切りすぎたので、ひとり温かいうどんをフードコートに食べに行きました。

肉うどん 600円
甘醤油な味の想像をしていたのに、まるで生姜焼き丼の具をのせたような生姜味。玉ねぎもたっぷり。
きっと体が温まると思って食べましたが、ちょっと好みと違う味でした。

なんとか睡眠がとれたオットの運転で、そのまま昼過ぎに帰宅しましたー。

■ ■ ■ ■ ■ ■

というわけで、新年早々FFヒーターの修理をしなくてはならなくなりました。バッテリーも交換でしょうか。オットは、発電機を買うことまで考えたようです(笑)

キャンピングカーのおかげで、超インドアな私でも楽チンアウトドア旅ができていましたが、装備を失った途端、テント生活になってしまうんですねー。ということで、スキー場で暖房なしでも死なない寝袋を買おうと思います。

ワンコ用には…どうしましょ。
出勤になってしまったオットを捨てて残して、オヒトリサマでオフ会へ出発。途中、富岡製糸場にやってきました。

富岡製糸場、自由見学

ガイドツアーは、首長館前で解散となりました。その後は、自由に見学します。門正面の東置繭所の中には、ギャラリーや売店があります。

撮影に応じてくれてるのは、富岡市イメージキャラクター お富ちゃん

初期に使われたフランス式繰糸器の復元

週末は機械を使わない生糸作り「座繰り」が実演展示されています。体験もできます。
これをみると、繭から生糸の作る基本がわかります。
とても喋りの上手なボランティアさんでした!

この日はウズベキスタン展が行われていました。ウズベキスタンのいろいろな布製品が展示されていましたが…やっぱり刺繍を趣味とする身としては刺繍が気になり、舐めるように(なめてませんよ!)みちゃいました。


余談ですが、ウズベキスタンは大好きな漫画「乙嫁語り」(森薫)のモデルとなってる地域です。
ちょうど最新刊↓が刺繍のお話ばかり。実物を見られた気分になれました。


この時期、敷地の半分以上が発掘調査や保存修理中でした。ぜひまた来てください、とガイドさんも力説していましたー

首長館裏から発掘調査中の寄宿棟方向を望む

富岡市街散策

見学後、富岡市街の街をすこし回ってみました。富岡製糸場の入場券を買うと、400円の商品券がついてきます。それを使おうと、見学した観光客が街中を歩き回ります。そこへお土産やさんが呼び込みをかけます。そうして街が活気をとりもどしてる感じです。

富岡製糸場門に通じる道。細いです。
古い街に、観光業に乗ってるお店と、元からあるお店が混在してる感じの街。
大きめの工場に勤務したことがあるツマとしては、工場城下町がちょっぴり懐かしいところも。

シルクソフト 350円 @おぎのや富岡製糸場前店
シルクが味や食感に影響をあたえるわけもなく(笑)普通に美味しいソフトクリームでした。

私は商品券を使って、オフ会用のお土産購入しました。事前に調べておいた、蚕をリアルに模したチョコレートです。蚕を育てたことがあるオフ会参加者が「これ、リアル〜。本当に糸を履く前の蚕ってこんな色よー」と悶絶してました。私も小学校の授業で育てたことがありますが、昔すぎて覚えてないし、大人になってからは虫がだめになったので、思い出さなようにしています(笑)


かいこの一生 980円
チョコを作っている丸エイ食品(→サイト)富岡上町店(ちいさなお店です)で買ったのですが、
店員さんはチョコレートの味に自信がたっぷりでした! 右下の1個は、おまけでくれました。

オヒトリサマ楽し

このあとオフ会に参加しました〜。オフ会は非ネットの方もいらっしゃるので、自主オフレコにします。
カーセールス・ワタナベさんのオフ会は、夕食をレストランで食べるので不良主婦でも気楽に参加できます。スクリーンテントを男衆がたててくれるので、必要なのはキャンピングカーの他に、自分の椅子と朝食だけ。だからオヒトリサマ参加でも大丈夫なんです。

実は冬のテントは初体験だったのですが、ストーブを持ってきて下さったので、のぼせるほど暖かかったです。お湯も沸かせるし、パンも焼けて、ストーブって便利ですねー。といっても、うちは(というよりオットは)冬にテントを張るなんて苦労をする気はさらさらないので、ストーブを買うことはないかな(苦笑)。



翌日の帰路、藤岡PA=道の駅ららん藤岡(→サイトで、あらかじめ調べておいた群馬・富岡名産のお土産を帰って帰宅しました。あらかじめ調べておくと、充実しますね。

夕飯のこんだてをひとつ楽するぞ おきりこみ(ほうとうのようなうどん)と炊き込み御飯の素
1杯分がまゆの形になってるくずゆ まゆこもり(→サイト
新宿京王百貨店ではいつも行列しているラスク グーテ・デ・ロワ(→サイト
もちろん、群馬限定リラックマストラップもゲット\( ̄(エ) ̄ )


以上、3回目のオヒトリサマ・キャンピングカー旅でした〜。オットを頼ることはできないので、事前にグーグルマップ+ストリートビューで道や駐車場の様子を調べました。心配性の私は調べすぎて、計画を義務のように遂行する窮屈な旅になりかねないのですが、電車と違ってキャンピングカーだとちょっとだけルーズというか、まったり楽しめるみたいです。


でもさすがに、疲れました〜。オットがいると楽なんですよね、やっぱり。春にはもっと遠くへ出かける予定があるのですが、キャンピングカーでいけるか、新幹線にしようか迷っているところです。

(おしまい)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事