Kumami's Notes +Camper

キャンピングカーテーマのブログを開きました。

├お出かけ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
お世話になってるカーセールス・ワタナベさんのオフ会があったのですが…オット、出勤となってしまいました。これ幸い…ひとりで出かけてまいりました。

前乗り

2015年12月11日(金)

出発は、前日夕方。道もサービスエリアも、空いてます。風が強いので、いつも以上にそーっと走りました。晩御飯は、高坂SA(→サイト。オットと一緒だと滅多にフードコートでご飯を食べないので、フードコートを利用してみました。

ソーキそば 750円
さっぱりした塩味スープや柔らかお肉は美味しかったのですが…
太麺がちょっと残念な食感でした。

さらに足を伸ばして、上里SA(→サイトで仮眠。まだまだ、ひとりだと緊張します。いつもは、朝、車が溢れて混乱する小型車ゾーンではなく、大型車ゾーンにとめることが多いのですが…これをマナー違反に感じる人もおられると知って、びっくり。大型車に気を使って、小型車に気を使って…どこにとめたら、トラブルに遭う確率が減るんでしょう? 今回は、小型車ゾーンの一番端に停めました。端とはいっても、トイレや喫煙所が目の前。深夜でも人の往来があるので、犯罪も起きにくいかな、と判断しました。


同じオフ会参加者が数台、前を通り過ぎていったようです。
一目で誰の車かわかる…ステッカー、貼ったかいがありました。

2015年12月12日(土)

翌朝は上里SAのレストランで、朝食をとりました。

モーニングセット(ドリンクバー付) 950円
ボリューム満点…というか、乗せすぎのお皿。 私でも残しちゃいました。
クリームコロッケが熱々なのに対し、パンがさめててバターが溶けず、残念。

外出時は眠りが浅い私。朝も早起きしちゃいます。でも今回は寝坊するオットがいないので、朝早めに行動に移れます。この日は、オットとだと行かないであろう世界遺産・富岡製糸場(→公式HPによる計画を立てました。

富岡製糸場ガイドツアー

8時半過ぎに、市営のP2上町駐車場(→公式HP地図に到着しました。朝早いせいか、駐車場はガラガラ。邪魔にならず、かつ広い端にとめることができました。

奥に見えるのは富岡市役所

この駐車場は観光バスもとまるので、ゲートに庇はありません。ゲートは機械式でキャンピングカーは大型車になってしまいますが、係員さんが常駐していて入場時に普通車扱いの磁気処理をしてくれました。

ハンコも押してくれます。

写真手前がバスゾーン。建物はトイレで、その向こう側にゲートがあります。

ここから富岡製糸場まで歩きます。といっても1本道で5分ほどでした。製糸場近くにコインパーキングがポツポツありましたが、道も駐車場も狭く、庇の出たゲートもあるところも。大して遠くないので、キャンピングカーは市営駐車場がオススメかと。

道案内もあるので迷うことはありません。

開場は9時。5分前に到着しました。すこしだけ、行列。おじさんのオヒトリサマが目立ちました。ちなみに、おばさんのオヒトリサマはわたしだけです…

左が製糸場、右は市街。製糸場付近の道は細いです。

開場。左手に券売所があります。1000円
(富岡の街で使える400円の商品券がついてくるので、実質600円…?)
フェンスの数に、普段の混雑がうかがわれます。
(街中でチケットを買っていくと早く入場できるそうです)

富岡製糸場については、全く知識がないまま来てしまいました。大河ドラマもみていません。ていうか、今回の旅行の計画を立てるときに初めて、大河ドラマ「花燃ゆ」が富岡製糸場に関係あることを知った次第(この記事は「花燃ゆ」の総集編みながら書きました)。ということで、ネットでも評判がよかったボランティアのガイドツアーを利用してみることにしました。

ゲートをくぐったあと、右手に進むと、ボランティアガイド用の券売機(200円)があります。
イヤホン端末をつかってガイドさんの声が聞くことができます。
ガイドさんのそばにいなくても説明をききながら、撮影したり見学したりが自由にできました。

ガイドツアーは9時半から30分毎となっていましたが、この日は人数が集まり次第だったようで、9時5分にはスタート。

正面にある象徴的な 東置繭所
木骨レンガ造り。弱そうに見えますが、たくさんの地震を乗り越えてきたんですから、強い造りなんですね。
年に1回しか繭を作らない蚕。たくさんの繭を乾燥させ、在庫しなくてはなりません。
今なら機械・空調で乾燥でしょうけれど、当時は電気もきていません。そのための通気用の窓が沢山あります。

技術を教えるためにきたフランス女性教師のための 女工館 
高温多湿な日本。日光を遮るためにベランダがつき、通気を考えて、窓には鎧戸、軒は格子状になっています。
窓ガラスは当時のもの。真っ平らな板ガラスが作れなかったので、ゆがんでいます。よく残っていますよね〜

繭から生糸を作る 繰糸所
明かりとりのために東西にながーーーーい建物。電気はきていませんから、ガラス窓がたくさんあります。
屋根は蒸気を抜くために越屋根(小屋根が乗った形)になっています。

照明がなくても、あかるーい! 繰糸所内部
 建物はトラス構造で柱がありません。昭和62年の操業停止まで稼働していた
ニッサンHR型自動繰糸機がラップされて置かれています。

一番奥で自動繰糸機のビデオが流れています。
この操糸所で自動繰糸機が動かせたらいいのに…と思いましたが、蒸気がで建物が傷んでしまうかしら?

指導者の住まい 首長(ブリュナ)館
レンガが置繭所より綺麗です(笑)
ブリュナさんが帰国された後は、大きい建物なので学校として利用されたそうです

ガイドツアーは参加して正解でした! 人によって内容やスピードも違うのかもしれませんが、オススメです!

富岡製糸場は単に利益をあげるための工場…ではなく、国の主要産業として技術を日本中に広めるための教育機関でもあったそうです(いい技術者は地元へ帰ってしまうので、しばらく赤字続きだったとか)。敷地内には学校も診療所もあり、工場外への通学のための配慮もされていたそうで、繊維業=女工哀史=ブラック企業のイメージがガラガラ崩れました。逆に明治以前にはなかった教育に力を入れていて、その精神が今の世界遺産に結びついたのかな、と感じました。操業停止後も保存を続けた片倉工業(→サイトさんには敬意を称します。


実は工場が世界遺産になることに、すこし違和感を感じていたのですが…単に古い建物が残っただけでは、そもそも産業遺産や文化財として指定されてないんだな、と納得しました。むしろ今の時代につながる分、はっきりと製糸場にいた人間の息吹・思いが感じられる気がします。他の同じような遺産も、回ってみたくなりました。大人の社会科(歴史)見学ですね(笑)


(つづく)


【おまけ】

この下の排水溝が重要文化財になっているそうです…重要文化財を踏めます(笑)

八海山コシヒカリ旅

時をさかのぼります。10月の初め、関越トンネルを超えてお出かけしました。目的は、カーセールス・ワタナベさんのオフ会ですが、その前後の旅行の記録です。

前泊は関越道・高坂SA


【2015/10/2(金)】

いつものように、オットの職場までZiLでお迎え。オットの退社は日をまたぐ予定(大汗)。会社近くのコインパーキングに、夜間料金になる時間になってから入って待ちます。こういう悪い予定は、予定どおりになるんですよねー。結局合流は1時半。翌朝の渋滞を少しでも避けるためにがんばって高坂SA(→サイトまで行き、就寝は3時をまわりました。



【2015/10/3(土)】

当然、朝は遅め!9時に高坂SAのレストランで朝食をとります。

手前が洋のモーニングプレート、奥が和の朝膳焼き魚。850円。

SAは、バイクがいっぱい。これでも朝遅くなって、少なくなってきたほう。

高坂SAは圏央道合流後のSAなので、待ち合わせに使われるんですよね。
10年前は、あちら側にいたツマです。
当時より、ずいぶん年齢もバイクの価格も高くなってます…

SAでまさかの出口渋滞(高速は渋滞なし)。原因は、観光バスからトイレへの人の波でした。

寝坊のリスクですねー(笑)
バスエリアより出口寄りの大型車エリアは、到着時の深夜はトラックで満車でした。


六日町


今回の目的地は八海山方面です。関越トンネルを抜け、六日町ICでおりました。まずは入浴!



湯らりあ・六日町温泉公衆浴場(→サイト400円

六日町の街中にある小さなお風呂屋さんです。広めの家族風呂…といった感じですが、源泉掛け流し。受付で「今日は熱くでちゃって。水をはめて入ってください」といわれました。これが… 人生で一番熱いお湯でしたっ。蛇口は湯船から少しはなれてて、さし水というより噴水というか子供の水遊び状態になります。一人先客がいらしたのでさし水をする勇気がなく、せめて足だけでも…と入ったんですが、腰までで限界。出た後、買い物中も足がヒリヒリしてました。体はポカポカでしたけどー。

道路工事のせいもありますが、駐車場はせまいです。
たまたま12時半到着で他に車がいないから停められましたが、夕方などは無理かと。

お風呂の後は、地元スーパーで買い出し。これも旅先の楽しみの1つです。


都民が新潟県のスーパーで北海道限定やきそば弁当(マルちゃんのスープ付きカップ焼きそば→サイトを買いました(笑)これは自分へのお土産らしいです。

わー、くずしたーっ(あせあせ)

お昼ご飯を買って、オフ会会場へ向かいました。

到着〜

お昼はスーパーで買った太巻き。この地域ではくるみが入るそうです。
くるみが香ばしくて、甘じょっぱい。私は普通の太巻きより好きかも!

夕食は、レストランで美味しいイタリアン&飲み放題。地ビールや八海山(→サイトも堪能しました!


八海山 泉ビレッジ(→サイト
イタリアンレストラン・薪窯パン工房・ガーデンパーク・地ビールが楽しめます。
駐車場も広くて、ZiLが楽々とめられます。ここまでの道は細いのですが…

このあと、スクリーンテントで夜をまったりすごし、キャンピングカーで就寝。朝、ひと様の欧州キャンピングカーでモーニングコーヒーをいただき、朝ごはんは勝手にとる。準備も後片付けもほぼいらない、楽チンなオフ会を満喫しました〜!


八海山ロープウエイ


【2015/10/4(日)】

翌日、撤収もおわり、みなさんが帰りがけにお昼を一緒に食べようと話してる中、オットが「八海山ロープウエイに乗りに行く」と言い出しました。みんなと食事の方が楽しそうなのになー(諦め)。高いところへ登りたがるオットよ…みんなと団体行動とれとか、空気を読め…なんて高尚なことはいわないけど、ツマの気持ちぐらい察しろー

えー、なんか…山は雲だらけなんですけど。

八海山ロープウェイ(→サイトに正午到着。ひさびさに西武のウサギを見ました。

ロープウエイの切符売り場の人にも、景色は真っ白ですって言われました。

駐車場と反対がわは、お弁当スペースと、顔出し看板。火渡り大祭が売りのようです。

ワンコ連れなので、お客が多かった前の便をやりすごして搭乗

ロープウエイに乗るためには、ワンコは全身覆う必要があります。
こんなときのために、ネット付きのスリングを用意してます。

ギリギリ、雲がはれてました。高いーっ
苗場やみつまたかぐらスキー場がみえる…はずなんですけど。

実はこの急斜面もスキー場です。最大斜度38度!ちょっと冬にきてみたいですね。

山頂駅には、ケータリング車の喫茶店がありました。
壁と車の間に仮小屋があって、煮炊きできるようになってました。
だからカレーや牛丼もありましたよ!

山頂駅から展望台は、さらに登ります。ええー( ̄。 ̄;)

ぜーはぜーは。さらに登る価値ある?「あるよー」

展望台の上は360度見渡せます。

晴れていれば、佐渡もみえる…らしいです。

山頂駅方面。八海山は雲で見えません

さらにちょっと登ったところに、避難小屋が。
山頂駅が見える距離なのに、いるんでしょうか…?

避難小屋裏には仏像様。標高1165mにちなんで、いい老後祈願だそうです。

清酒八海山純米吟醸アイス 450円 アルコール分も入ってます。
風味は日本酒。さっぱりとしたアイスでした。六日町方面を眺めながらー…さぶっ

ロープウエイを降ります。右側、スキーのゲレンデです。

ちょうど自転車のレースが行われていました。南青沼グルメライド(→サイト
グルメを楽しみながらのレース。楽しそうだけど、レースになるのかしら(笑)


魚沼産コシヒカリをいただく

帰りに寄ったのは、オフ会のみなさんが向かったお店。もう15時。当然みなさんはいません。

かま炊きめしや「こめ太郎」(→食べログ
この日は新米まつりで、1000円ぽっきりの新米バイキングでした。

豪農の家を改装したお店は雰囲気抜群。
テーブル席は、もとは田んぼを見渡す縁側でしょうか。
家のつくりが、昔の祖父の家を思い出します。


囲炉裏を囲むようにご飯が進む大皿料理が並べられていました。そこから見える厨房では、大きなおかまでご飯をたいてます。おかず少しずつとって、ごはんをジャーから盛って、パクパク。

でも…香りものが苦手な私は、ちょっと苦手なものも多かったです。パックでいいから素の納豆とか、湯豆腐や冷奴とか、生卵がほしかったー。というわけで、一番おいしかったのは、イカの塩辛でした。あくまでも、私の舌ででは、です。

時間をハズしまくったせいか、1杯目はジャーの中で長くおかれた残りご飯で、すこし固くなってました。2杯目のご飯は、逆に炊きたてすぎて少し水っぽかったです。最近、福島県産コシヒカリをいただいているので…舌がこえたかしら。次は、普通のメニューのときに訪れてみたいです。


以上、新潟県の旅でしたー

(おしまい)
ちょっと時間が経ってしまいましたが、お台場キャンピングカーフェア2015(→サイトに行ってまいりました。

【2015/10/25 日曜日】

お台場は、フジテレビ〜ダイバーシティ周りでは、めざましテレビがハロウィンパレード(→サイトをやっているし、隣(船の科学館駅前)の駐車場は、TOKYO DRIFT(→サイト)なるドリフト車のレース会場になっていて、大にぎわい。そんな中、ダイバーシティ裏の臨時駐車場が、キャンピングカーフェアの会場。なんだか接点の少なそうな3民族が大集結って感じでしょうか(笑)

初めて開場前に到着

ちょっとだけ行列
カーセールス・ワタナベさんのノボリが、角をとってますよ!

いつもお世話になってるカーセールス・ワタナベ(→サイトさん
私もZiLも面倒見ていただいてます。さしいれを渡しつつ、いりびたっちゃいました(笑)

今回もおひとりさま参戦なので、ゆっくり会場を見て回れます。
といっても、前日はステッチオフ会で東京〜銀座を歩き倒して、体力は限界ギリギリでしたが〜

バンテックブース

新型ZiL520(→バンテック製品ページ
(参考記事)"新型ジル520誕生(町田の独り言2)"
発表間もないので、ひっきりなしに見学者さんが入っていきます。
同じZiLでも520はよくわからなくて、私は中まで入りませんでした。

バンテックの新しい軽キャン、ルネッタ(→バンテック製品ページ
(参考記事)”バンテックセールス「ルネッタ」(町田の独り言2)

シンプルな内装 広く感じます。
オプションの電子レンジ  普段はどこにおいておくんだろ?

オプションのテレビ ポールについているので、角度が自在です。外からでもみられます(笑)

テーブルがここに… 外でも中でも使います。


(バンテック様のサイトより)
後ろ向きに座って作業、そのままごろんと寝る感じ?

ルネッタは、ギミックをコテコテ盛った軽キャンとは対極にあるような車でした。軽キャンでも、これなら中に長時間こもっても苦にならないかな…って感じました。とはいえ、荷物が入ると、どうなるんでしょうねー。そういえば、バンコンタイプの軽キャンって、断熱してるのかな? この展示車で273万円…うーん、手が出ません。


キャンピングカー=キャンプ?

キャンピングカーって、やっぱりアウトドア・キャンプのイメージが強いんでしょうか?

ホワイトハウスの N BOX + キャンパー Neo(→ホワイトハウス製品ページ
手前のギャレーは、このように↓しても使えます。

(ホワイトハウス様のサイトより)
上がキャンプ場、下が駐車場泊バージョン?
駐車場で煮炊きできる場所は、少ないと思いますが。

普通、キャンピングカーは土足禁止ですが…


土足であがるキャンピングカーを発見!

キャンピングカープラザ大阪 RIW(→サイト
(参考記事)”NV200キャンパー「RIW」(町田の独り言2)
後ろにタープをたてて(片側車体固定)、キャンプサイトを展開してます。

車内のテーブルや棚を外にだして、テーブル・椅子として使っていました。

外で煮炊きが前提のキャンピングカーって、けっこうありますね。一般的には、オートキャンプの延長にあるものがキャンピングカーなのでしょうか。
うちは全く違う使い方になっていますが ヽ(。_゜)ノあれ?

おひとりさま妄想

最近、こうやってショーを見て回るとき、「自分一人のキャンピングカーが持てたら」って妄想していることに、気がつきました。まだ2回目のおひとりさま。やっぱり体も気も休まらなくて、辛い面もあるんですけど…。修行つまなくっちゃ。

レクビィ シャングリラ2(→レクビィ製品ページ
(参考記事)"Shangri-LaⅡ(町田の独り言2)"
L字のソファは、1人ベッドならテーブルをだしたままでOK!

私的に必須のエアコン!
以前は室外機をアクリル窓の内側に設置。アクリル窓を開けて使うタイプでしたが、
これは車体の下に寝せて設置してました。車内が広くなるだけでなく、使い勝手もよさそう。

リアハッチゲートは、キャブコンにはない便利機能。シャングリラは木製でした。


カントリークラブの防水タイプだと、ペットの足洗い場やトイレ置き場にいいですよね〜

エアコンとトイレを必須条件にすると、一人用に限らず選択肢はとても少なくなります。いくら小さくしようとしても、無理。最小サイズはこれでしょうか。(全高はハイエースのほうが低いですが…)

ロータスRV マンボウ(→ロータスRV製品ページ

右側の車は、実際に使われている車でした! 荷物が全く載っていない展示車って、モデルルームみたいなもので、夢を膨らませるだけ膨らませるけれど、現実と違うんですよね。この車は、普段使っている荷物が、大物も小物も満載。傘立てをつけていたり、ちゃぶ台状態でつかってたり、カレンダーが貼られていたり、小型扇風機がついていたり…。もちろんマンボウの使い方は1つではありませんが、少なくとも等身大のキャンピングカーがわかるよい展示でした! 
でもさすがに、車内の写真は控えておきます( ̄。 ̄;)


おまけ

最近は軽のトレーラーがいくつも出てきてますね。今回、こんなトレーラーが来ていました。

ATV群馬 軽カーゴトレーラー(→ATV群馬製品ページ
軽ナンバーで最大級の荷台 慣性ブレーキ付き。ウイングボデーをつければ、ハイエース・バンの荷台級の荷室に。
農作業のようなお仕事むきの車ですが、この場では意外に集客力あり。

キャンピングカー以外のアトラクションもいろいろあったようです。
ゆるきゃらに会えなかったのは残念(笑)

バンジートランポリン けっこう小さい子も乗れるんですね。
この子、手足が棒のようにつっぱったまま、ただ上下にゆすられてたけど、大丈夫ー?楽しいのかなーっ

2015GW旅…5.帰路

非力なZiLで磐梯吾妻スカイラインを登り、浄土平までたどり着いた続きです。

帰ります!

さぁ、GWも終わりです。帰路につきます。浄土平からの帰りは、来た道を下りました。反対側に降りる道は、来た道よりも急なクネクネ道だったので避けました。

道の駅つちゆ(→サイト あの山から下りてきた…のかしら?

山ぶどうと熊笹とバニラの3色盛りソフト〜。熊笹は、濃いお茶みたいな味でした。

土湯温泉近くの、スカイピアあだたら(→サイトで入浴。

昔はもっと大きな複合遊戯施設だったのでしょうか。ちょっと寂しい感じでした。
ジャグジーがあって、510円とリーズナブルなのはいいのですが、
ロッカーや籠がびっくりするほど沢山あるのに、洗い場がすくなくて待ち行列…。

東北道に乗ったのは18時をまわったころ。絶賛、GWの渋滞中です。安達太良SA(→サイトで休みつつ、時間つぶしをかねて、晩御飯。

レストランの生姜焼きセット 1100円
生姜が効きすぎない甘めのたれ。厚めの肉はパサつかずジューシー。
これでキャベツにかかってるのがドレッシングではなくマヨネーズだったらいうことなし!

渋滞がある程度解消した夜10時過ぎ、那須高原SA(→サイトまで移動したものの、そこで力尽きP泊。

2015/5/6(水)羽生PA 鬼平江戸処

レストランで朝食 771円
おしゃれな那須高原の雰囲気満々(笑)

8時前には那須高原SAを出発。渋滞なし!です。

最後に、鬼平犯科帳の世界を再現した羽生PA(→サイトに寄ってみました。

建物は江戸の雰囲気。

たい焼き・人形焼屋さんには、朝9時に長蛇の列ができててびっくり。

店内も雰囲気作ってます。

食堂(5店舗)
こんなに天気がいい日に、なんでこんなに暗いところで食事するんだ…って思っちゃいました(笑)
池波正太郎ゆかり、鬼平由来のメニューが食べられます。
鬼平に興味無しオットがいない時に、寄って食べてみたいです。

以上、珍しく4泊の旅ができた2015のGW旅でした。行き当たりばったりで、惜しいこともいっぱいあったけれど、こうして振り返ってみると、なかなか充実していた…かな。


最後に。

ここまでブログ…オットの感想は
「おもしろくない。オットがやらかしてない」でした。

あのね…ZiLの準備で、出発前にすでにツマは腰痛限界。
オットにいちいちぶつかる気力もわかなかっただけですからっ


(おしまい)
福島の海沿いを走った後、桜を求めて磐梯までやってきた続きです。

2015/5/5(火)猪苗代湖と桜

道の駅ばんだいでP泊した朝、本家ブログにTheNonkeyさんからコメントいただきました(→記事。同じ道の駅ばんだいに宿泊していたそうです! こちらは朝寝坊、あちらは早朝出発でお会いすることができませんでした。残念〜

昨日道の駅よつくらで入手したかきもちで朝食をすませ、お礼もかねてお土産を購入して出発。

電車、この至近距離です。水路は足元。

うち定番のかきもち朝食

目指すは、桜?! すこし登って、昭和の森「天鏡台」へ(→サイト

猪苗代湖が一望できます。足下には四方の山が刻まれています。

奥の足元の木(駐車場の並木)は、もう終わっている桜。
咲いていたらもっと見応えあったのかも。ちょっと惜しい。

ここに植えられているのは八重桜。ピンクが濃いですね〜。

桜を求めて、猪苗代湖におりて亀ケ城址公園へ。

うーん、こちらの桜も、ちょっと終わりかけでしょうか。

浄土平へ

なぜ、オットは高いところに上りたがるのか… 天鏡台だけではあきたらず、磐梯吾妻スカイライン(→サイトを登ることになりました。コンビニおむすびを食べながら、標高差1500mの峠道を登ります。後ろの車さん、ごめんなさい。

道中、いくつもビューポイントが用意されています(→吾妻八景満喫コース

猪苗代湖や桧原湖などが望める湖見峠

最高地点直前。周りはまだ雪が残っています。雪の回廊…とはいきませんでした。

目的地は、浄土平(→サイト

荒れた山肌むきだしの、雪が残る火山。

警戒レベルは2。火口付近は立ち入り禁止です。(→吾妻山の火山情報

向かい側には吾妻小富士。

階段を登り、火口を一周できるそうですが…疲労と腰痛で、今回はパスしました。

ネットで星が綺麗な場所を検索すると、この浄土平の名前を見かけます。ここには、天文台もあります(→サイト。実は磐梯吾妻スカイラインは、火山性ガスで4/30〜5/3まで通行止めでした。この日も、夜間は通行止め。いつか火山が静まった時、吾妻小富士の火口一周と夜空を見に、また訪れたいです。

(つづく)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事