Kumami's Notes +Camper

キャンピングカーテーマのブログを開きました。

├お出かけ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
(2015/01/17(土)スタックしてスキー場に辿り着けず引き返したつづきです)

諏訪湖SAで入浴・晩御飯

アドレナリンが出まくったオットの気が抜けてきたので、運転交代。一応、富士見パノラマスキー場のナイターを考えつつも…諏訪湖SAには温泉があるので、寄ってみました。

写真右端がハイウェイ温泉。610円(10:00〜22:00)。
こじんまりとした入浴施設ですが、P泊にはありがたいです。

お風呂に入ってしまったら、もう動く気力がなくなり、ここで晩御飯&P泊になりました。

あまり寄らない諏訪湖SA(上り)、綺麗に改装されてました。諏訪湖の特産品がいっぱいです。レストランも「信州そば処 そじ坊」になっていました。オットはそば派なのですが、滅多にSAなどの食堂のおそばはたべません。このお店はお眼鏡にかなったようです。ちなみに、ツマはうどん派(笑)


信州味噌山の幸 鍋焼きうどん定食  1800円(税込)

ロース肉がどーんと入った豪勢なうどん。
まいたけ、薄切りの大根、紫のかぶ?、そしてブロッコリー!
野菜もいっぱい入っておいしく食べられました。
味噌といってもあっさり系、日本人でよかったという味。
でもしっかり味がついているので、後半はご飯がおいしく食べられる味でした。

 
そしてオットったら、8時台に就寝。やっぱり、かなり疲れたようです。

こういう時、ツマは何かしら趣味のことをしています。Mac、イラスト…今回はあみもの。軽キャンや車中泊仕様の車だと、就寝も一緒にしないとだめなのかな? うちはこうして夫婦別々のことができないと、長く一緒に旅するのは辛いな〜

久々の棒針編みの試し編み

2015/01/18(日)やっぱり寝坊で帰路へ

夜中に一旦目が覚めたオット。6時に起きてスキー場に行く、なんていってたのですが…起きたのはツマだけ。起こそうか悩んだのですが…ツマが出入りしても目が覚めない=疲れてるので起こしませんでした。

日の出。凍結中のZiL

諏訪湖も端っこが凍結中。今年は御神渡りが出現するんでしょうか?

久々に寝袋を使って就寝(いつもはブランケット)くるまってるので、寒いのかな?

結局、オットが起きたのは8時前。スキーは断念(笑)諏訪湖SAのパン屋さんのパンで朝食にし、帰路につきました。

200円前後とちょっとお高めのパン屋さんでした。
右上はオリジナルのおにぎりパン。中にツナと野沢菜が入ってます。

帰路は強風で50km/h制限でした。最後まで、天候に振り回される旅となりました〜

富士山でも地吹雪?

10時台の談合坂にて。お疲れ様。

今回は、人生初スキー場に辿り着けない旅となりました。凍結路でスリップしてZiLの左前つぶしても、スキー場に行ってスキーしたオットなのに(笑) オットは、 チェーンを巻く練習をしなくっちゃと言ってます(金属チェーンが積んであります)。次の車は4WDにしたいですね。だいぶ先ですけど。それまでは、天候によって行先を変えなくっちゃ。


(おしまい)
(2015/01/17(土)降雪中の鹿島槍スキー場への道のりの続きです)

ホワイトアウト&スタック&リターン

スキー場に向かって国道から反れると、とたんに真っ白の雪道になりました。

すこし、どきどき…。今シーズン初の雪道ですからね。


テレビだとこれくらいでホワイトアウトって放送しちゃうよ〜、なんて笑っていたのですが、スキー場まであと少しのところで、本当に地吹雪でホワイトアウト!

真っ白!!! もちろんZiLは停止。

すこしして地吹雪がおさまりました。どうやら川があるため、風が通るようです。

ゆっくり先に進み橋を渡ると、上り坂に差し掛かりました。

シュルルルルル…シュルルルル…

なんでもないところで、スタックしました orz 後ろには進めます。何度か後ろに進んでは前進を試みましたが…、やっぱりスタック。2WD+スタッドレスZiLの限界に達したようです。


後ろには進めるので、そのままソロソロと降りることにしました。オットは必死に後ろを見るので、ツマは前を見て、対向車がきたらオットに教える係。走っているのは対向車線です。運転席側から路肩が見えやすく、道に沿って走りやすかったからなんですが、これは…逆走になるんでしょうか? 通りかかった車さん、驚かせてすみませんでした。


平らな場所にたどり着いても転進するスペースがないため、しばらく後ろ向きに進み、ようやく使われていない駐車場を使って方向転換することができました。

前に進めるって、サイコー!\(T(エ)T)/
使われていない駐車場なので、新雪ふかふか。ここでまたスタックしそうでこわかったです。

そのまま山をおり、高速道路の梓川SAまでたどり着きました。

ZiLもオットもお疲れ様

落ち着くためにスタバで買ったほうじ茶ラテ。描かれたイラストに癒され〜

(つづく)
今年初、今シーズン初のスキーに出かけました。

2015/01/16(金)夜出発

「オットの旅は、ジャンクフードばっかり」

キャンプで美味しい料理を作ったり、旅先で美味しい料理を訪ね歩いたりしている先輩キャンピンガー乗りさんたちに比べて、話のネタにもブログのネタにも困るとツマがごねました。

「そんなこと言うなら、意地でも食べない」

なぁんて言ってたのに、談合坂SAを一通り見て回ってオットが言い出したのは、「アメリカンドックが食べたい」でした。ワンコが車にいるのも、一因なのかもしれませんが… オットがこう言い出したらツマだって車に帰って食べるものにするしかないじゃないですか。

意地でもジャンクフードからはずれるために、お弁当をチンしました。

今回はもう少し先へ進んで双葉SAでP泊。いつもの前乗りだったら、このままスキー場へいってしまうのですが、今回はどこのスキー場にいくか決まってないため、候補のスキー場を通り過ぎないSAで寝ることにしました。

 2015/01/17(土)目的地は…鹿島槍

今年のお正月は2日から忙しかったオット、やっぱりお寝坊です。

オットの気まま旅は、ついつい走りつづけて御飯時をのがし、コンビニも食堂もない……なんてことがあるので、なんとなくパンは非常食として買ってしまいます。だから朝食はパンが多くなります。

昨晩、談合坂SAで購入したお徳用パンと、朝、双葉SAで購入したクロワッサンが朝食。

お出かけ前にラグナのお散歩…をしたら、雑草のタネまみれになって、必死に取る羽目になりました。

ブラシいやーん。痛いのいやーん。
ラグナに夫婦してかしずいてノミ取りするような図

耳のこの部分だけで10個以上のタネ。これが身体中。冬の散歩は要注意です。

この後に及んで、まだスキー場が決まってません。

iPhoneでスキー場情報を調べるオット。

走り出しても決めあぐね、そうこうしてるうちにICを降り損ね、八ヶ岳方面スキー場が候補からはずれました。今からスキー場についても駐車場が混んでて嫌だから、ナイター時間に着きたい。だったら鹿島槍スキー場にもいく時間はあるし、あそこなら電源もお風呂もある。と、ようやく目的地が決まりました。


この選択が…実は失敗でした。長野自動車道に入ると、雪がふりだしたのです。

 安曇野ICから先はチェーン規制中でした。
ウチはここで降りましたが…よく考えてみたらこんな光景は初めてです。

国道沿いのスーパーで、明日の朝食を調達
同じ敷地内のココスで昼食。雪の降りがひどいので、車で移動(笑)

ようやく、あたたかな食事! ビーフハンバーグステーキ。
ハンバーグなのにミディアムで出てきます。中の肉は赤いです。
ペレットで焼きながら食べるのですが…面倒でした…

(つづく)

星見旅-3 次の下見

【2014/11/16】

翌朝…ZiL凍結してました。

中はFFヒーターでぬくぬくですが、外はパリパリ

撮影ポイントとして、公園を散策してみました。

公園の駐車場。八ヶ岳がすっきり見えました。

公園と駐車場入口。間に道があります。
写真左奥の建物がトイレと管理事務所。
右の駐車場内の建物…廃屋っぽくてドキドキしたのですが、
屋内ゲートボール場でした (^_^)

ワンコの散歩がてらと思ったのに、あまりの寒さにガタガタ震えだしてリタイア(笑)
ワンコ服の必要性を感じました。編もうかな〜。

公園に入ると、元スケートリンクの池があります。
ちなみに、釣りは禁止とかいてありました(苦笑)

静かな水面に八ヶ岳が映ります。星も映りそうです。

対岸から。東方向の空もひらけてます。

公園の中だと、水面や八ヶ岳を入れた星空風景が撮影できそうですが、
車から離れて、カメラのそばに長時間待機することになります。
寒さとの勝負…オットがするわけないなぁ。f^_^;)
真っ暗なので、ツマひとりじゃ怖いし…(昨晩も怖くて車に手の届く距離以上離れられませんでした)

お疲れオットは9時前まで、ぐっすり。
朝ご飯用に双葉SAのリトルマーメイドで買っておいたパンを焼いて、朝ご飯。

このくらいの寒さでも、カセットガス使えました。

今回、清水タンクに水を積んできませんでした。ZiL内で食事まですると、とても不便。
飲み水用の20L程のタンクは取り払ってしまったし…
小さなジャグを置こうかしら…やっぱり邪魔だし、固定するの大変かな。

その後、次の星見のために、撮影地を視察しました。
南牧村観光協会のページにあるスターウォッチングマップ(→PDF)を参考にしました。

八ヶ岳ふれあい公園周辺の畑では、大型特殊車両が沢山作業中。農業優先で!

天皇皇后行幸啓記念碑
すこし山に登った所にある小さな駐車場、東方面の空がひらけていました。
すこし傾斜があります。トイレなし。

国立天文台野辺山宇宙電波観測所(→サイト
駐車場から八ヶ岳がどーん。スケールの大きい写真が撮れそうです。
隣のベジタボールウィズ(→サイト)の公園にはパラボラを再現した窪みがあります。
トイレが利用できるかは未確認。公園の照明は、上に明かりが漏れないようなカサがかぶってました。

平沢峠
天文台からすこし登った所にある、飯盛山(→サイト)の登山口の駐車場です。
駐車場は17時に施錠の看板に書かれてました。
トイレありますが冬季閉鎖するようです。冬季星見できるんでしょうか?
正面にスキー場があるので、冬は明るそうですけど…

八ヶ岳まで来てるのだから、と、帰りに清里の清泉寮に寄りました。

寒空なので、ソフトクリームも並ばずに買えました。

富士山の見えるデッキに足湯がありました。入りませんでした(笑)

清里の紅葉は終わりぎわ、でしょうか?

双葉SAのジャンクな食事で終了。
メニューが行きの談合坂SAとほぼ一緒でした。同じ会社なのかしら(笑)

最近ジャンクな食事は、胃につらいお年頃。
今度はオットを捨てて、ひとりで食堂で食べようかしら。

たった1泊の星見旅でしたが、オットは楽しかった様子。
ウチは、冬のお出かけといえばスキーなんですが…
スキーができない季節の手軽なお出かけとして、また星見に出かけたいです。寒いけど(笑)

 (おわり)

【おまけ】

この記事を書くためにいろいろ調べていたら、おもしろいサイトを見つけました。

天文台マダム日記(→サイト

天文学者の奥様の日記なのですが、三鷹の天文台の官舎の新婚生活が、とーーっても昭和でびっくり!野辺山に移ると三鷹より近代的で暖かくなったというんですから。そんな暮らしを楽しんでいる文面に、野辺山にうっかり住みたくなっちゃいました(笑) え、三鷹…?虫が苦手な私にはムリッ

星見旅-2 星空撮影

【2014/11/15】つづきです

ツマは自宅のベランダで時々写真をとってきましたが、オットは全く撮りません。
萌えないんだそうです (⌒-⌒; )
1年前、カメラを買った直後…星見に出かけたものの、天候に恵まれず不発。
オットはそれ以来の星空撮影です。まずは、オットに星の撮り方をレクチャー。

http://www.kumami.net/wp/wp-content/uploads/2014/11/141115d-1.jpg
今回は赤道儀は使いませんでした
ところが…オットは、空が暗くなるまで「待ち」だといいます。
え?なんで? もう星はいっぱい見えるのに。時間がモッタイナイじゃない、とツマ撮影開始。

(↓星の写真はクリックすると大きくなります)
 
通りかかった車のライトにZiLが照らされ、いい雰囲気になりました

肉眼だとなんとなく天の川がわかるんですが、撮るのは難しいです

上の写真のアングルでインターバル撮影した写真を、100枚合成してみました
 
 

インターバル撮影した写真をタイムラプス映像にしてみました。最後は結露してます(笑)

冷え切りました〜。外気はたぶん氷点下。
スキーウエア着てても、じっとしてるので寒いこと寒いことっ
ようやくアングルをきめて、カメラにインターバル撮影させて、放置。
ZiLの中に入って寒さを凌いでいたら、レンズが結露しちゃってました(大汗)
人間もカメラも、防寒対策をもっと考えないといけませんね。
http://www.kumami.net/wp/wp-content/uploads/2014/11/141115d-2.jpg
電子レンジを使わずにすむからと、晩ご飯をお寿司にしたのは大失敗
食事後、オット撮影開始。
目的の星座(冬の定番オリオン座)が昇るのをまって、そこを集中的に撮影。
星がいっぱい入ってキレイならOKの私とは違う撮り方です。



うーん、ピンぼけ…(ノД`)おしいっ
オットは無限遠に合わせれば良いのだから、
フォーカスリングをとまるところまで回せば良いと思っていたようです。
最近のレンズは違うそうですね。
実際、使っているレンズはどんなに回してもリングの回転がとまりません(笑)

でもオットの写真ほうが星が大きくて星座がわかりやすいですね。なんか、悔しい…。

気がつくと、私達だけの駐車場になっていたので、そのままP泊しました。
暖房もトイレも台所も寝床も持参。
星見にキャンピングカーは最高の組みあわせですね。

おやすみなさい
(翌朝へつづく)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事