熊野本宮より

熊野本宮の話題をお届けします。 HP http://www.hongu.jp/

全体表示

[ リスト ]


みなさん、こんにちは

ここ熊野は昨日からの雨がやみかけています
イメージ 1
多くのお客様が熊野古道を歩きに来ていただいています
雨でも風情のある風景が楽しめるここ熊野。
皆様にも体験していただけたらと思います

先日、日本麻フェスティバルにここ熊野本宮に伝わる
「音無紙」を出店した方から
出店の様子を教えていただけました!

下記、その様子です。

イメージ 2



音無紙、熊野和紙。

イメージ 3
イメージ 4





たずさわっている方々の魅力に惹かれて、
まだまだつたないながらその思いを伝える何かをしたくなり、
ささやかに出店してきました。
イメージ 5





もともと神楽がきっかけで、
ご縁の有りました日本麻振興会(※)主催の
『日本麻フェスティバル』。



発酵させた麻の茎から繊維を取り出す実演や、
その繊維を使用した横綱・しめ縄・弓弦・下駄の鼻緒などの展示、
麻布・麻炭・麻和紙などの出店にまじり、


本宮町で漉かれた熊野和紙(コウゾ・ミツマタ・ガンピ)や、
熊野和紙を使った作品、
制作過程を紹介したパネルなどを
持っていきました。
イメージ 6

イメージ 7




コウゾなど原料の植物から魅力を感じる方、
触れた感触が好きな方、
習字をされてる方、
パネルをじっとご覧になる方、
熊野が気になる方、
入り口は人さまざまでした。



ちなみに、一番売れたのは、
コウゾの皮を剥いだあとの枝でした。





熊野和紙が有って、
それを受け継ごう、
伝えていこうという方々がいて、
というのが順序かもしれませんが、



かかわっている方々、
かかわってくださった方々の魅力が有って、
そこにたまたま和紙が有って、
それがたまたま素晴らしいものだった、
という思いがより強くなったのでした。



出店させてくださったみなさま、
和紙や作品を手に取ってくださったみなさま、
本当にありがとうございました。


イメージ 8
実際に世界遺産「熊野古道」と、
スペイン「サンティアゴ巡礼路」の両方を歩かれた方には、
巡礼達成証明書を発行しており、
音無紙が使われています。




※日本麻振興会…会長の大森由久さんは七代目麻農家。繊維利用の目的で栽培されている。品種は栃木白(とちぎしろ。無毒大麻)。

会は、麻の伝統文化や生活文化の伝承と新産業への振興を目的に発足された。

この記事に


.


みんなの更新記事