くまのアクセス上手♪

気の向くまま映画&本のレビュー♪


鳥 デュ・モーリア傑作集
ダフネ・デュ・モーリア 創元推理文庫 ★★★★


『番(つがい) The Old Man』
さて、このレビューの目玉は実はこれである。
デュ・モーリアとは実にこういう作家なのかと感動した作品で、
久しぶりにレビューを書く気にさせてくれた逸品なのだ。
日本語にしてわずか17ページの短編。
初読と再読では、全く違う作品に変貌する言葉のマジック!
騙し絵というのがあるが、これは騙し文だ。
ラスト4行で、それまで読んできた作品が全く別の作品に変わる。
狐につままれたのではと、もう一回最初から読み直すと…
あら不思議! そういうお話だったのねと驚くはず。
では一体どんなお話なのか?

原題が示すように、ある老人の物語である。
海辺近くの湖のそばに掘っ建て小屋を立てて住み着いた老人夫婦。
物語の進行役の男の一人称で、この老人夫婦の生活が淡々と語られる。
このじいさん、ただ者ではないらしい。
何か事情があって、文明生活から逃れてきたという感じなのだ。
前住んでいたところで、何かしたのかされたのか。
世間を恨んでいるようにも見えるのだ。

どういう暮らしぶりかというと、
誰とも付き合わず、湖や海で釣りをして過ごしている。
子どもが4人いて、娘が3人。男の子が1人。
男の子は一番年上だが、少し頭が足りない。
やがて3人の娘は独立するが、年上の男の子だけ自立できない。
そんな男の子に厳しく当たる老人の姿が語られていく。
そういう物語である。サスペンスもミステリーも何にもない。
ところがラストでこの物語が一変する! というトリックが待っているのだ。

これ以上は語れないので、ぜひ読んでほしい。
私がこの作品に惚れ込んだのは、実に映像的な作品だなぁと感心し、
これを子ども向けの絵本に出来たらどんなにすばらしいだろうと思ったからだ。
この短編を読んだ人はわかると思うが、絵本にするのは不可能に思える。
出来たとしても、完成まで数年はかかるだろう。
成功する(売れる)可能性は極めて少ない。
しかも私は今『STAP風雲録』の執筆で忙しいのだ。
不可能と思える作品に貴重な人生を使っていいのかとも思うが、
何か、何か良い方法があるはずだ!
そういう想いが読後の私を支配して離れない。

この短編は、小説読みの方には小品、寸劇の類いで物足りないかもしれない。
この作品をここまで熱く語る人も少ないのではないだろうか。
しかし、宮沢賢治の童話が多くの画家を刺激するように、
『番』という短編は私の絵心を強く刺激するのである。
この短編を小説だけにしておくのはもったいない。
絵本という視覚的表現もありではないかと思わせるのだ。
フルカラーコミックという手もある♪

絵本というのは凝縮された表現手法だ。
『番』にはそれだけ凝縮された芳醇なイメージがある。
ざっとネットで調べたが、まだ誰もこの短編を絵本化していないようだ。
誰かが絵本化していたとしても私にしかできない方法があるはず。
デュ・モーリアの短編を絵本に翻案する。
それも子ども向け絵本として形にするというのがミソだ。
著作権などの面倒な問題は後回しでいい。

メインの画材は透明水彩がいいだろう。
水彩のボカシやにじみの技法をふんだんに使うのだ。
一人称の語り手は、湖のそばに住む野ネズミにしよう。
コマ割りと見開き画面を交互に使うのも面白いだろう。
全体は、ほとんどモノトーンに近いブルーで統一する。

ここら辺までは割と簡単にイメージが湧く。
壁となるのは、ラスト4行のトリックをどう視覚化するかだ。
絵で描いてしまえばネタがバレる。
初めからネタをバラし、トリックはなしという手もあるが、
やはり、ラストで世界が反転する方がいい。
モノトーンで進んできた物語(色合い)がラストでフルカラーになる。
このカラー画面が文におけるトリックになるにはどうすればいい?
水彩のボカシ技法で、物語の真相が徐々に形を成すというのはどうだろう。
ワクワクしないだろうか?

だが、
この企画を日本の児童書出版社に持ち込んだところで、結果は目に見えている。
人を利用することしか頭にない堕落した編醜者の頭の中には、
そもそも等しく恩恵を受けるという発想がない。
お互いを信頼し敬尊し合う気もない。これは致命的だろう。
ルール違反は常套手段なのだから、期待する方が無理なのだ。
長い時間をかけて形にする情熱などなく、だいたいセンスがない。
要は住む世界が違うのだからと自身を納得させるだけだ。
感性が違うということである。

あまり出版社の悪口を言うのも大人気ないが、
こういう子ども向けの絵本が1冊ぐらいあってもいいのではないだろうか。
またもや墓場まで持っていく幻の企画がひとつ増えたわけだが、
きっとすばらしい絵本になる。そう思うのは私だけでいい。

この他に、
ゴーストストーリーと思わせて、実は悲しい恋の現実を描く『恋人』
公爵夫人のちょっとした浮気が皮肉な結末を迎える『写真家』
私の好みではないが、アマゾンレビューで大絶賛の『モンテ・ヴェリタ』
亡き妻の怨念に身も狂う夫の末路を描くホラー『林檎の木』
未来へタイムスリップした夫人を待っていた悲劇『裂けた時間』
幸福なはずの婦人はなぜ自殺したのか? その謎を探偵が追う『動機』
どれから読み始めても至福の時間が待っている。
さあ、本屋へ行こう!

イメージ 1



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


鳥 デュ・モーリア傑作集
ダフネ・デュ・モーリア 創元推理文庫 ★★★★

イメージ 1


『意外に読まれていない』と偉そうなタイトルだが、私も初読である。
ダフネ・デュ・モーリアは、
ヒッチコック映画『レベッカ』『鳥』の作者として知られるが、
オリジナルの『鳥』は『レベッカ』ほど読まれていない。
デュ・モーリアの小説は、邦訳がずいぶん出ているわりに、
日本ではメジャーな存在ではなく、知名度はあっても不遇な作家らしい。
ヒッチコックが映画化したことから、
サスペンス小説の旗手というイメージを私は持っているが、
ミステリーファンにはあまり評価されて来なかったという。
ロマンス小説の書き手というイメージも私にはある。

現在は東京創元社が文庫で、デュ・モーリア作品を4冊刊行している。
そのうちの1冊がこの『鳥 デュ・モーリア傑作集』だ。

初めに書いてしまうが、これはお買い得である!
本好きの方なら、買って損はしない。絶対に!
それほど内容の濃い短編集で、全8編の傑作短編が収録されている。
この短編集1冊を読むだけで、
デュ・モーリアという作家の多彩さがよくわかる。
実にこういう作家だったのかと唸ることだろう。
『鳥 デュ・モーリア傑作集』は、旧訳があるらしいが、
8編がまとまった形で翻訳されるのはこれが初めてだそうだ。

そして、
いつもなら全作を紹介するのだが、今回は2編のみのレビューだ。
なぜ2編かというと、全部書くのはめんどくさい。
というのはジョークで、
私の拙いレビューを読むより、現物を読んだ方がいい。
物語を紡ぐというのはこういうことなのかと改めて思うはずだ。
翻訳も読みやすい(と私は思う)

今回紹介する作品のひとつは、もちろんタイトルの『鳥』である。
ヒッチコック映画とどう違うのか?
そしてもうひとつは、『番(つがい)』という短編である。
『鳥』『番』の2編だけでも読む価値がある(と私は思う)

★★
まず、ヒッチコックの『鳥』について。
初めて観たのは、淀川長治さんの日曜洋画劇場だったと思う。
中学生ぐらいで、ものすごく興奮した記憶がある。
ところが、数年前に衛星放送で観た時は、少し退屈だった。
ヒッチコック映画は、部分的に面白いところがあるものの、
今観ると、そのサスペンスも風化しているように感じる。

これは、近年の映画演出技術の進歩により、
サスペンスやアクションがスピーディーになっているため、
比べるとヒッチコックのスリラーは、全体的にのんびりと観えるのだ。
そうは言っても、当時の演出技術からすれば、
ヒッチコック映画の演出法は独特でアイデアに富んでいる。
スリラーサスペンスの基本を創った才人であることに変わりはない。

しかしながら、映画『鳥』は前半が退屈だ。
面白くなるのは、ガソリンスタンドの火災をきっかけに
上空に現れたカモメの大群が人間を襲撃し始める中盤過ぎ辺りからだろう。
今ならCGで滑らかに出来るシーンを二重写しという拙い技法で表現しているが、
今観てもあのシーンは背筋がゾッとするほど怖い。
振り向くとジャングルジムにカラスの大群が群がっているシーンと
双璧を成すスリラーの名シーンだと思う。

映画は鳥が人間を襲うまでの前半に尺の半分を使っている。
この部分が冗長なのだが、ここが原作にない部分である。
原作が短編なので引き延ばすしかないが、
引き延ばした部分が私には退屈に感じるのだ。
原作の映画化としては『サイコ』の方が成功していると思う。

★★★
『鳥 The Birds』
ではオリジナルの『鳥』はどうかというと…
いきなり鳥に襲われるという緊迫した状況から始まる。

主人公のナット・ホッキンは傷痍軍人。恩給をもらいながら農場で働いている。
彼の働く農場は、両側を海に挟まれた半島にある。
ナットはそこで海鳥を見ながら妻の弁当を食べるのが日課だ。
すると、ナットのボスである農場主が言う。
『今年はいつもよりたくさん鳥がいる。あいつらトラクターを恐がりもしない。
今日の午後も、一、二羽頭をかすめていった。
天候が変わるんだろうよ。だから鳥どもは落ち着かないんだ』

この農場主の言葉が不穏な展開の伏線になっている。
自宅に帰ったナットは夜中に何かが窓を叩く音で目覚める。
窓を開けると、いきなり一羽の鳥に手の関節を突かれるのだ。
妻にこのことを話しても、ただの迷い鳥でしょうと取り合わない。
しかし、ナットにはある確信があった。
あの鳥は明らかに自分を狙って来たのだと。

ではなぜ鳥が人間を襲うのかというと、
それはいつもと違う天候のためという説明しかない。
やがてナットの不安は現実になっていく。
人が鳥に襲われたというニュースがラジオから聞こえてくる。
それもナットが住んでいる半島付近だけではないらしい。
イギリス各地から襲撃のニュースが入る。

海を見渡すと、どんよりとした曇り空の下、白い波頭が立っている。
よく見るとそれは波頭ではなく、何万羽のカモメの大群なのだ。
数え切れないほどの鳥の大群が海から内陸へ向かう。
やがてラジオが聴こえなくなり、情報が途絶える。
鳥の大群はイギリスだけでなく、ヨーロッパ全土に広がっているらしい。
そして、ヨーロッパからアメリカ、全世界を覆い尽くすかもしれない。
そういう不穏な余韻を残して物語は終る。

いつもと違う天候。それがどういうものなのか説明はない。
このいつもと違う何かの力が人間に牙を剥く地球規模の自然災害なのだ。
この短編集の出版は1952年だから、世界大戦が終結してから7年後である。
世界全体を覆い尽くす鳥の群れは、戦争のイメージかもしれない。
原作を読んで思うのは、そういう世界規模のスケール感である。
ヒッチコック映画と原作との違いはここだろう。
ヒッチコックのスリラーは、地球規模のスケールを必要としない。
むしろ、限られた空間における緊迫したサスペンスが持ち味だ。
裏路地で誰かに追われる。ドアの向こうに誰かがいる。
限られた時間内の追跡劇等々…
だから『サイコ』は成功したのだろう。

その意味で、デュ・モーリアの『鳥』はヒッチコック向きではない。
鳥に襲われるというショッキングな要素はあっても、
人間に牙を剥く大自然というスケール感を表現しきれていない。
もうひとつは、鳥に関するデュ・モーリア女史の知識の豊富さ的確さだ。
映画にも鳥類学者が鳥について説明するシーンがあったと思うが、
原作にさり気なく出てくる鳥に関する情報が圧倒的なのである。
そういう土台の上に構築されたデュ・モーリアの短編は、
エンターテインメントでは昇華しきれないスケール感がある。
私同様、映画しか知らない方はぜひ読んでみてほしい。
(後編へ続きます)



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



 ど〜なる ドナルド?
Hey, Mr.Donald! What will you do now?

イメージ 1


★★ 風雲児 ★★
アメリカに稀に見る不人気大統領が誕生した。
アメリカ国民の半分はそれを望み,半分は失望した。
その男は、ドナルド・トランプという不動産屋である。
いかにも自信家という顔立ちだが、政治の素人だ。
世界が驚き、私はひっくり返った!

民主党政権が8年続いたので変わるかもしれないと思ったものの、
ドナルドだけはないだろうと、ヒラリーさんを応援した。
嫌な予感がしたのは候補者同士の公開討論だった。
トランプ氏はクリントン候補を激しく罵る作戦に出たが、
インテリのクリントン氏は、敵の戦術には乗らないだろう。
そう思っていただけに、2人の罵り合いは観るに耐えられなかった。
それでもアメリカ初の女性大統領の誕生を疑わなかった私である。

絵的にはどうなのだろう?
テレビ画面を観ながらそう考えていた。
絵的には、トランプ氏の方が断然面白いのである。


★★ 意外と紳士? ★★
その昔、トランプ氏と仕事をしたというビジネスマンがTVで語った。
私の知っているドナルドは、もの静かで冷静な判断力の持ち主だ。
過激な発言を繰り返す姿はまるで別人のよう。
あれは選挙戦術にちがいない。

イメージ 2


お前のどこがもの静かなのだ。
まるでお山の大将である。これも戦術なのだろうか?
とにかくマスコミが大嫌いらしい。
不動産王として登り詰める過程で、散々悪口を書かれたのだろう。
それにしても感情むき出しの記者会見は醜悪で品がない。

そもそも、権力者に品が必要なのか?
オバマさんには品があった、と思う。優しい人柄が伝わってくる。
銃規制案を熱く語りながら,感極まって流した涙は本物にちがいない。
広島訪問時も、心の中で『I'm sorry. HIROSHIMA!』とつぶやいたのだろう。

優しいオバマ大統領は、
世界の警察を強く自認した『力』のブッシュ大統領に代わって誕生した。
『力』で世界は平和になれないと反省し、
アメリカは世界の警察ではなく、力より対話が大切だと力説した。
その結果、対話が通じない国の態度が大きくなった。

本当の強さは『力』に頼らないことだと言うが、
それが通用するほど世界は善意に満ちてはいない。
残念ながら『目には目を歯には歯を』が現実なのだ。
オバマ外交の失敗から、
トランプ政権は『力が平和を維持する』と断言している。

力とは武力であり、防衛力と攻撃力は同じものだ。
相手を殺傷する武器・兵器が我が身を守るのだから。
対話は高度な武器で殺傷力はない。
殺傷力のない武器で身を守り、相手を諭すのは高度で至難の技だろう。
これが出来る指導者としてトランプ氏が選ばれたわけではなく、
既成政治家への根深い不信感だと言われている。

ブッシュ → オバマ → トランプという流れは、強 → 弱 → 強に見えるが、
トランプ政権の混迷ぶりは、『強さ』とは縁遠い。
ドナルド・トランプは、やり手のビジネスマンである。
そこにあるのは実利であり、高い理想や志という精神性は薄いだろう。

では、戦後70年以上も平和国家を維持してきた日本人は、
この高度な技を持っているのだろうか。
安倍自民党政権はどうなのだろう?
少なくとも、日本人が優しい民族であることは間違いない。
日本人が本当に野蛮な民族なら、70年もおとなしくできないだろう。
アメリカに強く押さえられたとしても、何やかやと理屈を付けて憲法を変え、
近隣諸国とトラブルを繰り返しているはずだ。
平和憲法など、とうの昔になくなっていてもおかしくない。

自衛隊という苦しい解釈はあるものの
世界の嫌われ者になっていないのは、日本が野蛮な国でない証拠である。
日本という国は、まんざら捨てたものではないのだ。


★★ Ichiban!★★

イメージ 3


本当にお前が一番なのか?
本当に安倍総理と馬が合うのか?
いきなりミサイルを59発も発射するヤツが一番でいいのか?
あんなヤツと仲良くゴルフなどするな!と、日本共産党は怒った。

同じアジア人でありながら、日本人は中国、韓国、北朝鮮とはちがうようだ。
日本は中国のように、あからさまな力の行使はしない。
日本の総理大臣は韓国の前大統領のように逮捕はされない。危ないが。
日本は北朝鮮のように趣味でミサイルを撃たない。
日本人はレジを独占しないし、列に並ぶ。
これだけでも真面目な民族と言える。

一番ではないかもしれない。でも優しいのである。
中国、北朝鮮の謀略には弱いかもしれないが、集団縄跳びなら負けないのだ!
日本人は人がいいのである。だから騙される。
騙されるような民族に武力は似合わない。
似合わなくても戦うときには戦うのが日本人である!

この広い世界で、やんちゃなドナルドを説得できるのは日本人だけなのだ。
ドナルドも、そのうち日本人の凄さを知ることだろう。
凄い日本人とはソフトバンクの社長ではない!
強く優しく手先が器用な日本人が住むこの国が、
アメリカの同盟国であることは、世界にとって福音なのである。

★ ネット上のD・トランプ氏の画像を参考にさせていただきました。感謝!★



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事