全体表示

[ リスト ]

「まじぃな」
言葉とはうらはらに、トーナメント表を見つめる小山かおるの口元は嬉しそうな笑みを浮かべていた。

 6月下旬、まだ梅雨のあけないじめじめとした時分に全国国盗大会インターハイ予選は行われる。小山たち青龍高校国盗部は最寄り駅に特急が停まらないこともあり、他校と比べ一足遅い到着となった。国盗は競技人口の少なさから基本的には県大会から始まるので、県庁所在地の公会堂が会場となる。公会堂とは言え、その周りにはテレビコマーシャルでよく見る飲食店チェーンや洋服店が立ち並んでおり、山と海が大半を占める地元の風景との違いに青龍高校の面々は少し浮足立ちながら会場入りをした。入口を入ってすぐのインフォメーションボードに今大会のトーナメント表が掲示されている。各選手の名前と高校名が記載されたトーナメント表は総勢44名で構成されており、組み合わせにもよるが5回か6回勝てば優勝、準優勝までが全国大会に行けるので、4回か5回勝てば全国への切符を手に入れることができる。
 
 国盗は競技のマイナーさもあり、団体戦は無く、盤上競技にしてはめずらしく個人戦のみの戦いになる。昔は競技人口が少なすぎて、そもそも団体戦をやる人数がそろわなかったらしいけど、今では競技人口も大分増加してきていてほとんどの高校が団体戦を戦える人数−いわゆるたった3名−を擁しているハズなんだけどな・・・まぁ、団体戦を実施したとしても各校代表が戦うというより、総力戦って感じの高校が多いのも実情だ。実際、小山の所属する青龍高校国盗部も三年生2人、二年生1人、一年生が小山1人といった具合だが、これでも県内では中堅クラスに位置している。

「おう、小山。お前とは決勝で当たることになりそうだな」
後ろからポンッと肩を叩かれて振り返った先には部長の高橋がおどけた顔で立っていた。もちろんこれは軽口で高橋部長自身、本当に決勝で自分と対戦することになるとは思っていないだろう。部長にとっては最後の大会なのに、この人はいつもお気楽というか図太いよなと思ったが、たぶんこれは大会初出場のオレの緊張を少しでもやわらげようとの発言なのだろう。基本的にウチの部はいい人ばっかりだ。

 さて、この場合「部長、決勝で待ってますよ」と軽口で応じるのが正解なのだろうが、トーナメント表の自身の隣のブロックに記載された選手の名前を見つけてしまった小山は「どうですかね」とあいまいな返事を返した。予想とは違う返答に高橋は、がくっとお笑い芸人のようにずっこける。
「ま、あんまりナイーブになんなよ。決勝ってのはちと言い過ぎたかもしれんが、お前の実力ならかなり上位までいけるはずだからよ。気楽に行け」そう言って高橋は欧米人のように両手を広げて見せた。
「じゃ、オレは幸ちゃんに試合日程伝えてくるわ。あ、とりあえず10時に2階の控室に集合な」
「あ、はい。お願いします」小山はペコっと頭を下げて高橋を見送った。

 幸ちゃんというのは顧問の吉村先生のことで、本名は吉村幸。幸ちゃんの愛称で慕われる青龍高校のゆるキャラだ。話はそれたが、まぁ確かに部長の言う通り、手前味噌な考えなのかもしれないが、自身の実力に自信はあった。それこそ決勝は無理でも組み合わせ次第ではかなり上位まで行けるんじゃないかと思っている。新入生として国盗部に入って2ヵ月、初めの頃こそかなり久しぶりに国盗を打つということもあり、勘を取り戻すのに時間がかかったが、今では部長とも互角かそれ以上に戦えている実感はある。青龍高校のエースとして、大型ルーキーとしてこの大会にちょっとした旋風を起こしてやるという気持ちはひそかに胸中に秘めていた。だが、それも2回戦次第だ。見つけてしまったからだ。2回戦に自分と当たるブロックに、中条ゆかりの名前を。

 フ−っとため息を吐いて立ちすくむ小山は、2回戦を勝ち抜くことがかなり困難になったということへの困惑、そして幼馴染と偶然の再開を果たすことへの驚きと喜びが入り交じり、他人から見ると変顔をしているような表情で「やれやれ・・・」と呟いた。

 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事