ここから本文です

イメージ 1

くまさん一行は、西螺延平(シールォイェンピン)老街からすぐ北側にあるもう一つの観光スポットをめざしました。その場所西螺大橋にくまさん達はやってきました。この橋は台湾の濁水渓と言う大きな川に架かる鉄橋で、雲林県西螺鎮と彰化県渓州郷を結んでいます。16世紀のヨーロッパ人はこの川が大きいために台湾自体が南北2つの島で構成されていると誤解したほどで、橋の全長1939.03m、幅7.3mあります。歴史的にも古く、1937年(昭和12年)に建設が始まり、戦争による中断を得て1953年に正式に完成。当時は世界第二位の長さを誇る橋。2004年に橋を彰化県歴史建築に指定されました。と言う事で橋の前にやってきたくまさん一行。赤い鉄橋が遥か先まで続いているのを見て、今にも列車が向かってきそうな気がしたくまさんたちなのでした。
The bears came to Xiluo Bridge.
Construction began in 1932, and this bridge boasted the second largest length in the world at the time of completion.
熊來到西螺大橋。
建築於1932年開始,這座橋?在完成時擁有世界第二大的長度。

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

くまさん一行は、大磯ロングビーチから西方向へ海岸沿いに歩き、二宮駅から東海道線に乗って一駅。国府津駅にやってきました。この駅のすぐ近くにある国府津海岸にくまさん達はやってきました。国府津(こうづ)とは本来的には、日本の奈良時代から平安時代に、令制国の国府への水運のために設けられた港と言う意味で、ここは相模国の国府津だった場所でもあります。ところで今の海岸沿いには西湖バイパスと言う高速道路が上にとおっているので、決して見栄えは良くないものの、東西の幹線地域にいることを認識できます。と言う事で海岸の前にやってきたくまさん一行。ここは釣りスポットと言う事で釣り人も多くいましたが、それ以上に海岸線に高架道路が防波堤のような雰囲気で 延々と続く姿の方が感動的に感じたくまさんたちなのでした。
The bears came to Kozu in Odawara city.
This place was originally the place where the port of Sagami country was placed.
It became a place name as it was.
熊在小田原市來到國府津。
這個地方原來是相模國家的港口被放置的地方。
它成為一個地名。
イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

くまさん一行は、集集駅からそのまま集集線に乗って終点の二水駅から乗り換えて林内車站(駅)から西方向に向かい最終的に西螺延平(シールォイェンピン)老街という所にくまさん達はやってきました。ここは、全長1.2キロ、100軒以上の老建築家屋が残っていて、主に1920〜1930年に亘って建てられたバロック建築で、日本統治時代の面影を残す場所。実は高鉄(台湾新幹線)の「雲林(ユンリン)」駅が近くにできてからクローズアップされた場所で、映画のロケ地としても使われたそうです。と言う事でこの街並みを眺めるくまさん一行。実はこの中に台湾一古い西洋薬局も存在していて、レトロと言うよりハイカラな印象もあるような気がしたくまさんたちなのでした。
The bears came to Hsiluo Yanping Street.
It is attracting attention that retro buildings are left here.
And it also became a film location.
熊們來到了西螺延平老街。
引人注目的是複古建築物留在這裡。
它也成為一個電影位置。

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事