全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全286ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

4月25日

早々に開けるみやげの桜餅
百千鳥路上駐車のなき朝
先ず音の生まれて水の温む川
如月や電信柱にある訃報
恋猫や大きく伸びをする廊下
取りどりに鳥撮る人や鳥帰る
白酒や座敷に義父の大き声
句会へと出端をくじく春嵐
フェンスなき鉄路の跡やクロッカス
軽便の軌道の跡や花の雨
飛花落花下る速さや昭和橋
春帽子あすは野原へ連れてゆく 
道草の子に春泥の光りけり
囀や真言宗の寺の鐘

この記事に

開く コメント(0)

4月20日

おまはりにぺこんとおじき一年生
鈴生りて風に音聞くえごの花
玄関に陶の狸や巣立鳥
生垣のつつじ華やぐ道選び
ぷかぷかとトランポリンや蓬餠
海棠や庭にひそみし陶谷城
諸鳥に宿貸す大樹より巣立

この記事に

開く コメント(0)

4月18日

栗一つあれば十分栗の虫
 
花散つてここから先は風の道   
校門の左右にさくら並び立つ   
七句目は無理無理無理と花の下  
一回で通る針孔春の風
早々と開ける土産の桜餅
百千鳥路上駐車の無き朝     
春の陽を乗せて路線バスが行く  
軽便の軌道の跡や花に風     
フェンスなき軌道の跡や花の道  

春風やオイルの匂う軍手かな   

バス亭に求人急募さくら草

囀や楠の大樹に風の音

磯遊び穴開きズボン穿く娘

自転車に譲る小径やいぬふぐり

 

手のひらを見せる如来や涅槃寺

この浜がバスの終点西行忌

大正のガラスに歪む春の庭

もうすぐと桜待つ声朝の鳥

つくつくし此の跳べさうで飛べぬ川

春の陽をゆがめ大正硝子窓

春の日を折りこみ鶴の出来上がり

折り鶴に春の息吹を吹き込んで

満開の花に天地のさかい無し

春の泥朝の散歩の赤い靴

おにぎりを渡す母の手花吹雪

飛花落花下る速さや昭和橋

つくづくしこのとべさうでとべぬかわ
取りどりに鳥撮る人や鳥帰る
とりどりにとりとるひとや小鳥くる
犬は犬同士の仲や山笑ふ
犬連れて犬に連れられ春の風
踏切の向かいが団地夏みかん  p
二組の白鳥号や春の風

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

3月23日

図書館を出で春寒の街の中
凍て残る街に春服買ひにけり
夜半の雨残る玉砂利椿落つ
孫よりの手紙大きな雛の顔   
繕ふてまた繕ふて春を待つ
春帽子あすは野原へ連れてゆく 
道草の子に春泥の光りけり

この記事に

開く コメント(0)

全286ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事