全体表示

[ リスト ]

液晶割れのテレビを分解してみた。
イメージ 1
 
矢印が書いてあるねじをすべて外します。 
イメージ 2
 
ねじを外したらケースを分離します。
イメージ 3
 
はいこれが液晶テレビの中身。
液晶パネル、メイン基板、電源基板にスイッチ類とスピーカーがついているだけ。
イメージ 4
 
かなり単純なつくりです。
分解するのはプラスドライバー一本でできます。
ということは組立作業も工具はドライバー(電動でしょうけど)のみでできるはず。
よく考えて作ってありますね〜
イメージ 5
 
右側の白いパネルの中に蛍光管が入っており液晶を裏から光らせています。
今はこの部分がLEDになりつつあります。 
イメージ 6
 
今の家電は故障するとAssy交換がほとんど。昔の電気屋さんみたいにテスターを持ってくることもないです。
以前液晶テレビを修理してもらったときも電動ドライバーと部品だけ持ってこられました。
ちなみに32型の液晶パネル交換で4万円くらいと言われてました。パネルが2.3K円、工賃が1.7K円(保証で直ったので支払いはしてません)
部品さえ手に入れば安く修理できるんですけどね〜 
最近は32型で4万円もしないので修理する人はほとんどいないでしょうね。
シャープの場合購入して1年未満に液晶を割ったりした場合安く修理できるそうです。
但し保証書が必要らしいです。
 

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

すごい!やはり、さすがですね!これからもいろんなものを分解して内部構造の解説してください!大変勉強になりました

2011/5/9(月) 午後 11:08 [ くーまん ] 返信する

くーまんさん

今後もいろんなものを分解していきたいと思います。
次は何を分解しましょう?
リクエストありますか。

2011/5/10(火) 午後 8:15 熊太郎papa 返信する

顔アイコン

参考になりました。
まだ電源にはトランスを使っているんですね

2012/6/20(水) 午前 8:44 じゅんちゃん 返信する

じゅんちゃんさん

このテレビの電源にはトランスが使われてますね。
DCパワーサプライがそのまま入ってる感じでした。

2012/6/20(水) 午後 11:03 熊太郎papa 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事