猫の兄弟と一緒に

還暦を越えて考えたことや分かってきたこと、そしてやってみたこと

全体表示

[ リスト ]

木津川アートの風景

先日来お話ししているように、今年も11/3(土)〜11/18(日)で木津川アート2012が開かれました。

イメージ 1 今年の舞台は旧当尾小学校をメインにして、
 北当尾の地区に展開されました。
 「芸術の秋」と言いますが、
 3年目の今年も2日ほど出かけた次第です。

 元々は音楽以外の”芸術”とか”アート”とは
 殆ど縁がなくて、
 特に絵画となると全くの”絵音痴”なんですが、
 ひょんなきっかけから、この催しには毎年
 参加させて貰っています。
 実に様々な趣向での”アート”が展開されて、
 ずっと抱いていたイメージも大分に
 改めさせてくれたように思います。

 大いに感心する物があれば、
 全く理解に苦しむ物もあり、
 そしてまた、どうしても好きになれないものも
 ありますが、
 色々な経験が出来るので、楽しみな催しに
 成っているのが、正直なところです。

そんな訳ですが、個々の作品を紹介するのは流石に遠慮することとして、
今年の木津川アートで出合った風景だけを掲げて、記録に残しておくことにします。
(写真に作品が入っている場合、作家のお名前は明記しておきます。)

先ずはメイン会場の旧(今年廃校になったので)当尾小学校の姿。
イメージ 2

校庭横の国栖神社の大銀杏が見事に色づいていたのが印象的です。
運動場の鉛筆達は、彫刻「無題」(中島和俊さん)です。
イメージ 13

各教室の中からも、この色づきは認められます。
此処は書のワークショップ「旧当尾小学校の校歌をかきま書」(上田普さん)の部屋です。
イメージ 14

こちらの部屋からも窓一杯の銀杏です。
イメージ 15
少し見難いですが、インスタレーション「ゆく河の流れは絶えずして」(出村実英子さん)です。 

階段にも作品が置かれています。
こちらは毎年楽しみにしている墨と紙の造形「咲かせよう〜growing up〜」(加藤史江さん)です。
一口に和紙と言っても、本当に色々なものがあり、その多彩な表現にはいつも驚かされます。
イメージ 16

体育館ではこの後、ライブの器楽演奏と映像(スライドショーも含めて)のコラボが見られました。
今は未だ準備中の風景ですが、
右端に見えているのは「Grolice」校長先生(ミギヒダリよいこさん)です。
イメージ 17

小学校から外へ出てみれば、森八幡宮までの道筋に幾つもの作品が展示されています。
秋を感じながら、のんびりと歩いてみるのは実に楽しかったです。
会場の一つ、旧保育所ですが、此処も今は使われていないとのことでした。寂しい限りです。
イメージ 18

それでも、園庭に秋はたっぷりでした。
イメージ 19

イメージ 20

そうかと思えば、山茶花も咲き始めています。
イメージ 3

ゲートボール場では、アートは別にしてお年寄りが準備に余念ありません。
イメージ 4

その脇には銀杏もあれば、柿(?)の古木もありました。
イメージ 5

右下に小さく見えているのは、彫刻「CROSS・BEARING Nov.012」(佐藤久一さん)です。
イメージ 6

更に道筋には、この季節ですから紅葉も色づき始める一方で、
イメージ 7

竹林は飽く迄も涼やかな表情に、
手前には随所に楽しませてくれたインスタレーション「飛び出し坊やたち」(小川しゅん一さん)です。
イメージ 8

森八幡に辿り着いて、アート作品ではないものの、何だか風情をすごく感じさせてくれた、
火の見櫓(昔ながらの半鐘が下がっているのが印象深い)と手水鉢でした。
イメージ 9

イメージ 10

秋色の中の散策も終えて、もう一度小学校傍の公民館に戻ります。
やっぱり、この季節は柿の木が気になります。本当に実りを感じさせてくれる風景です。
イメージ 11

昔ながらの公民館、二階の座敷に寝転んで見たら、何だかそのまま寝てしまいそうでした。
此処に牛を飼っているわけでは決してありません。
イメージ 12
この部屋には、写真「gratitude」(山本茂さん)が700枚のスライドショーで展開されていたのが
実に圧巻で印象的です。当尾も含めた木津川の風景が、温かい目線で映し出されていました。

以上、少し取留めのない話になってしまいましたが、今年の木津川アートの風景とします。

この記事に

閉じる コメント(4)

アバター

今年も木津川アートに来てくださり、本当にありがとうございましたm(_ _)m今回は、猫さんとすれ違いばかりで、本当に申し訳なかったですm(_ _)mでも、牛の写真が床の間に写されると楽しいですね(笑)自分では、その面白さに全く気付きませんでした(笑)ところで、加藤史江さんとはお話になられましたか??すごく優しい方で、いつも優しく接してくださいます^^作品も1階から3階までの変化がストーリーがあって楽しかったですよね♪

2012/11/19(月) 午前 11:57 ちむ 返信する

顔アイコン

今年は残念ながら、加藤さんにはお会いできませんでした。

牛の写真は、こちらも思いの外だったので、大慌てでシャッターを押しました。
床の間に実にぴったりなのは驚きましたねえ。

2012/11/19(月) 午後 10:09 猫の兄弟 返信する

顔アイコン

こんにちわ、いきなり失礼します。
木津川アート総合プロデューサーのさとうけいこです。
すばらしい写真に感動しています。
特に、佐藤久一さんの写真、柿の木がすばらしい!
もし、よろしければ、このブログに載っている写真の元データをいただけませんでしょうか?作品集をつくるのに、役立てたいのですが。
お返事、お待ちしています。

pinkfrog@rose.ocn.ne.jp さとうけいこ

http://kizugawa-art.jugem.jp/

2012/11/30(金) 午後 2:17 [ pin*fro*195* ] 返信する

顔アイコン

さとうけいこ様
光栄の至りです。拙い写真ですが、宜しかったらお使い下さい。
別途、E-mailにてご連絡致します。

2012/11/30(金) 午後 10:01 猫の兄弟 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事