ここから本文です

書庫ジャスティ'sハウス

記事検索
検索

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

# 名称:スーパードッグカーニバル2008
# 日程:2008年9月20日(土)〜21日(日)2日間
# 開催時間:9:30〜18:00
# 会場:西武ドーム


入場料金

    * 【当日】
      大人(高校生以上)1700円 小人(小・中学生)1000円
    * 【前売】
      大人(高校生以上)1000円 小人(小・中学生)600円
    * 【割引チラシ・はがき】
      大人(高校生以上)1300円 小人(小・中学生)800円
    * 【シルバー割引(65歳以上)】
      1300円 ※障害者無料
    * 【ペットショップ割引】※調整中
      大人(高校生以上)1200円 小人(小・中学生)700円
    * 前売発売日:
      7月20日(日)発売開始予定

『スーパードッグカーニバル 2008』は、たくさんのワンちゃんたちを見て、
さわって遊べる日本最大級のワンちゃんのお祭り。
人と犬との素晴らしいリレーションシップを築き、
より良い共生スタイルを提案することを趣旨としてスタートした
この一大イベントは、今年10周年を迎えます。

飼い主と愛犬が様々な障害物をクリアしたり、スピードやジャンプを
競い合うドッグスポーツ『第10回ユーカヌバカップ エクストリーム・
チャンピオンシップ全国決勝大会』が最大の注目イベントです。
このほか、とにかく楽しいイベントが盛り沢山!
ワンちゃんたちと触れ合って、参加して、その優しさと無限の能力の素晴らしさ、
そして彼らと共に生きることの楽しさを、ぜひ会場で体感してください。



土日かぁ。オットはいけないなぁ…
あたし一人でジャスティとこどもを御せるモノか……
でも行きたいなぁ。
いくなら前売りかわなきゃウソだわね。

ジャスティ耳変化

ラブにしてはばかでかい耳のジャスティ。
向きによっては別犬にみえるので、
たんたんに遊ばれまくり。





しかし、これだけ遊ばれても気にしないって…
この辺がラブの魅力だね。
っていうか、ジャスティいい子だなぁ。

リュック、リラックス

イメージ 1

↑この顔怖い…が熟睡中(笑)


一週間の我が家ステイですっかり我が家になじんだリュックくん。

来た当初はジャスティとプロレスしましたが
翌日からジャスティが遊んで〜と行くと
ガゥっと一蹴

後はずっと絡むことない一週間でした(笑)

その代わり、人に対しては日に日に甘えたさんに。
ジャスティが意外とマイペースでべったり甘えたりしないので、新鮮な感じ(笑)
常に人の横にべったりくっついてました。
スッゴク可愛い〜

心配してた後ろ足の弱さも、日常生活にはほとんど影響ない感じ。

これなら直に里親募集もできそうね

甘ったれで見上げた上目遣いが超プリティ♪
帰っちゃうのが寂しい(T^T)

リュック登場!

ラブラドールレスキューチームハピラブの保護犬、
リュックくんの預かりさん「カレンママさん」が帰省にともない、
リュックくんの短期預かりを募集していたので、
お盆休みならかまってあげられるしと、手を挙げてみました。

はーい、これがリュックくんです!

イメージ 1

ラブリーでしょう?

放浪していたところを愛護センターに収容されたようで、
推定7歳の男の子です。
7歳といっても、とっても若々しい愛らしいラブちゃんですが、
後ろ足が悪くて、股関節形成不全とそれによる変形性関節症とのことで、
上半身はむきむきマッチョなんですが、後ろ足はとってもキャシャ。
座りだこができてるし、後ろ足の筋肉の衰えから、
かなり長いことケージ暮らしをしていたのかもということです。

が、人も犬も大好きでとってもフレンドリーで甘ったれくん。
そういえばうちにも犬好きのフレンドリー甘ったれくんがいるし、
同士だからうまくいくかも〜と早速今日からうちにきました。

今日は多摩センターのfunny faceにて、
カレンママさんと息子さんとリュックくんとランチ〜♪

イメージ 2

二匹のわんこは最初にあったときからお互い興味津々でうずうず。

イメージ 3

いや、でも店内でプロレスはやめようよ(笑)

イメージ 4

なんでママだけいいものたべてるですか?
(タコライス、うまうまでした)

イメージ 9

この人たちも食べまくりだったよ

たくさんの婿入り道具とご飯をお預かりして、
昼過ぎにうちに戻ってきました。

後ろ足の悪いリュックくんは、うちせまくて長い階段は
あがりたくないのでうろうろ。
でも前足は逞しいので、後ろを支えてあげたら上れました。

居間にはいった途端、超バトルな空間

イメージ 5イメージ 6
イメージ 7イメージ 8

リュックはジャスティに乗りたくて、
ジャスティはプロレスがしたいのね。


若いジャスティはともかく、元気なおっつぁんのリュックでした(笑)

イメージ 10

はー疲れた〜

イメージ 11

次のご飯はまだかな?

キャンプにも連れて行っちゃうからね〜♪
リュック一週間よろしくね!

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

飼い主にアンケートってことで、信憑性のほどはいかに…^^;;て感じもしますが。

まあ、概して小型犬の方が吠えること多いし、
大型犬はでかいだけに余裕があることが多いような気がします。
そりゃ体重差にして10倍以上の差があるんだから、
同じ犬というくくりでみるのはどうよ?と思うけど。

もし何かあったときに、大きな事故になってしまうのは、大型犬の方が多いから、
大型犬オーナーとしてはがんばって躾するわけですよ。
超小型犬ならひょっと抱きかかえればすんじゃうから、
大型犬並みのしつけはしない人も多いよね。

ただ、吠えるか吠えないか、自立性が高いか人とともに暮らすことを好むか、
一人の飼い主につかえるか、人間みんな大好きかなどという固有の性質は、
個体差もさることながら、犬種としての特徴が強く表れるわけで、
小さいけど、自分で獲物をしとめるテリア種なんかは気が強くて自立心旺盛だし、
猟犬でも回収専門のレトリーバー種は人にぴったり寄り添って言う事を聞くのがトクイ。
大型犬だって自分で獲物をしとめる猟犬や、闘犬としての歴史を持つ犬種は、
そりゃ吠えるし強いのはあたりまえさぁ。

今はブームになってるミニチュアダックスだって、もとはアナグマ狩りの猟犬だから、
かなり自立心旺盛で勇猛果敢。吠える声もでかい。
もとから抱き犬としての歴史を歩んできたマルチーズやパピヨンとは性格も違う。

その犬種としての特性をちゃんと理解した上で飼ってほしいよね。
見た目はちっこくて愛らしいけど、もとは猟犬なんだし。
人間の寵愛だけを頼りに歴史を重ねてきた愛玩犬とはやっぱり違う。
飼ってみてからこんなハズじゃなかったーと捨てられるミニチュアダックスのなんと多いことか。

いやいや話がずれた。

ところでラブラドールといえば、盲導犬のイメージがあるのか、
柔和で人語を解し、そっと人により添って
忍耐と服従が得意なおとなしいイメージがあるようだけど、
若い頃のラブラドールはかなりのやんちゃで破壊王。
盲導犬はそれはそれは厳しい訓練を経て、適性のある子だけがなれるんですよ。
躾も入れないで、イメージと違う〜なんて笑止千万!
でもちゃんと対話できる賢い子たちなのよ。

先日、里親募集をしていた老犬のきんたくん。
一度トライアルに行ったおうちで、やっぱり無理かもといわれ、
でもしばらく一時預かりはしますとそのおうちで過ごしていました。
その間に別の里親を探していたのですが、
なんと、やっぱり無理かもといったそのおうちで、
これから先も正式に過ごすことが決定したそうです。
おめでとう〜♪平和で賢いきんたくんが自分でつかんだシアワセだ。
そして、老犬なのにきんたくんを再度選択されたそのご家庭にも、
心からの拍手を送りたいと思います。


やんちゃオッケー!水遊び大好き!ハイパーでうっほいなラブラドール
(たぶん……でも体型はフラット似)
飼ってみてうちにはぴったりのパートナーだったと実感する毎日です。
ま、でもジャスティは結構マイペースでちゃっかりでおとなしい方だけどね。

さて、今週末も海に遊びにいきますよ〜ん!

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事