主婦でもできる?デイ(?)トレード♪♪♪♪

今年は増資して600万円スタートです。1年でどこまで減らしてしまうのか?

アルツハイマーの母

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

ヘルパーさん拒否

今日は11時半にヘルパーさんが始めてくることになっていたので
11時ごろ実家に行った。

「今日、この前の人がもうすぐ来るからね。」
と言うと、

「そんなこと言ってたね。でも、きてもらっても困る。自分のペースでやるから、
きてもらっても出来ない。」
と拒否。

説得しても「いらない」の一点張り。
「1人で出来る。」と。

「もうすぐ、来るから今更、断れないよ。」
と言っても
「来たら、断るから」と。

アルツハイマーになって穏やか(イヤ、無気力?)なったとはいえ、
もともと気性のものすごく激しい母。
来てもらっても申し訳ないので、電話して断りました。

ケアマネさんは、一応行ってみましょうか?とと言ってくださったけれど、
どっちみち、明日で介護保険証更新なんですよね。
父が本当に病院に連れて行ってくれるのか?
1年前、父は連れて行ってくれなかった。明らかにおかしいのに、本人が嫌がるから、と。
結局父が連れて行ってくれなかったら、更新できずに、サービスも受けれないので、
今日はやめておいて、
病院に行って(行けて)から、一から始めることにしました。

せっかくここまできたと思ったのに、涙が出てきて、母とは一緒にいれなかったので
「天気がいいので、家の布団も干したいから。」と帰ってきました。
この説明も、10回はしたな。疲れた・・。


病気だから仕方ないのかもしれないけれど、ずっと母には我慢ばかりしている。
でも、病気になる前の母も、絶対自分の思うことしかしない人だった。
父が家を担保にサラ金から借金を作って蒸発したときも。
バブル期だったので家は高く売れたはず。
売って借金を返して、マンションにでも住めば?と言ったのに、
絶対ここから離れたくない、と聞き入れなかった。
母もサラ金に返しながら、銀行へと借り換えもし、頑張っていたけれど、
私もいくら払っただろう?
何百万も払った。
私はすでにそこに住んでもいなかったのに。
父の蒸発中に母が付き合ってた人もいたのだけど、その人は母と結婚したがっていた。
母は、結婚する気がなかった。
はっきりしといた方がいいよ、と言っておいたのに。
結局、父が帰ってきて、もめることに。
なぜか、私の会社までその人が電話をかけてきて、まきこまれた。

そんな風に、自分の考え以外では動かない母が、
アルツハイマーになった今、人の意見を聞くわけもなく。

これからどうなってしまうのだろう?

またまた壁が・・・

昨日は11時にケアマネさんとヘルパーさんが来るというので早めに行こうと思っていたのだけど、
結局実家に着いたのは10時半。

小学生2人も土曜参観の代休だったので、みんなで行く。

母に「話があるんだけど・・・」と切り出す。
想像通りは母拒否。怒り出す。
「自分のペースでやってるのだからほっておいて。」
料理も何も出来ないのに「やってる」と言う。
そんなやり取りをしてるうちに5分前。
無理か?と思ったけど、何とか説得に成功。

顔見せすることは出来た。

そして、しばらくは私も付き添って、週1からはじめることに。

契約に介護保険証がいると言う。

介護保険証。期限が今月末まで。
また認定を受けなければならないみたい。
そして、それには、主治医の意見書がいるとのこと。
母は病院を拒否して、春から病院へは行っていない。
でもそれではダメらしい。
一度病院へ連れて行ってくれ、と言う。

一応、金曜日に父が連れて行くことになったけれど、
父は「嫌がるからな〜」と、連れて行かない気がする。

風邪も流行ってるこの季節。
ロタ&ノロウイルスも今年は大流行だって。
申し訳ないけれど、末っ子君を連れて、病院へは行きたくない。

父にお任せすることにしよう。

連れて行かないと、介護認定おりないのかな?
その場合、サービスを使ってるとどうなるのだろう?

頭の痛いことだわ。

母が、若年性アルツハイマーと診断されて1年。

やっと先週ケアマネさんを決めることが出来ました。

今日はケアマネさんとヘルパーさんの顔見せですが・・・

母にはまだ言ってません。
父が言ってくれてるか、と思ったら、まったく話してないって。

ケアマネさんを探して(って言っても電話しただけだけど)来たのも私。
今日の予定を立てたのも私。

母の説得までも私かいな???

相変わらずの父にイライラです。


というか、父は、父は何も困ってないもの。
死ぬまで掃除しなくても平気な人だし、
週に2回ぐらい夕食のおかずを一品大量に作るだけだもの。
母を残して、出張だって行くし…。

だから父は、ケアマネがいなくても、ヘルパーが入らなくても、何も困ってない。

母も、もう、毎日同じものを食べようが、汚い部屋にいようが、気にならない(わからない?)んだから、困ってないのかもしれない。

でも、それではかわいそう、と思うのは私だけなのかな?


母は、ヘルパーを拒否すると思う。

それでも、慣れてもらって、受け入れてもらわなきゃ、と思うのは、私の勝手なんだろうか?


・・と考えても仕方ないので、今から実家へ行ってきます。


いつも実家への足取りは、重いです。

要介護2

今日は、母が我が家に2ヶ月ぶりぐらいに来たので、
父が迎えに来て、父にもそれぐらいぶりに会いました。(母には会ってますが・・・)

それで、先日の介護認定の結果を聞いたら、

要介護2

だと言う事でした。



父が今週の金曜日に、ケアマネさんを探すために、どこかに電話してみる、と言っていました。
(前も、今度の休みに、と言ってたけど・・・)



母は、クーラーが弱く、お昼を食べに行っても、もちろん長袖を来て、
それでも、出来るだけクーラーの風が来ないところを選びます。
そんな母に、これからの季節、デイサービスに通ってもらうのは無理な気がするので、
とりあえず、訪問ヘルパーさんが来てくれればな〜と思います。


お昼は出来るだけ、私が一緒に食べるようにしようとは思ってますが、夜は無理。
なので、私が作っておいた、夕食を、レンジで温めて、母に食べるように言ってくれる。
あと、母は掃除が出来ないので、掃除とか、お願いできないのかな?

2ヶ月前は洗濯のたたみ方が分からなくなった、と言ってた母ですが、
洗濯を干す、たたむ、(洗濯機は回せない)
食べ終わった食器を洗う、と言う事は出来るんで、

掃除と、夕食をお願いできればな、と思います。


こんな事、頼めるのかな〜?

どこから来たの?

今日は、午前中、末っ子君の未就園児の会がありました。
帰ってくるのは12時過ぎ。
実家へ行くのに、お昼ご飯を作ってる時間はないので、
母に
「うちの近くに新しく出来たとんかつ屋さんに行って、うちの家の近所だし、上の子達も帰ってくるので、そのままうちの家に来て、夕食を食べて、父に迎えに来てもらって帰る・・」
と言う事を、昨日、永遠に説明しておいたのに・・・
父にも、朝、もう一度行っておいて、と言っておいたのに・・・

実家に行くと
「私、行けないの。しんどいから。」
と言う。

今から、買い物に行って、昼と夜を作ってたら、小学生が帰ってくるよ(><)
冷蔵庫をのぞくと、父がおかずを作ってあった。
炊飯器は空。

「じゃぁ、ご飯炊いてあげるから、夜、このおかず食べたら?
でも、お昼がないよ。私たちは帰るよ。」とちょっと意地悪な私。

でも、なんとなく、母も行く気になったみたいで、帽子をかぶって、かばんを探してる。

それで、まぁ、なんとか出発。
10分ちょっとで私の家の近くを通る。
「ここがうちの家やよ。」と言うと
「え〜〜??近いね〜〜。びっくりしたわ〜〜知らんかったわ〜〜。」

母は、最近「しらんかったわ〜」がお得意。

そこから5分ほどでとんかつやさん。
母はあんまり揚げ物は好きじゃなくて「私、本当は和食の方が好きなの。」と言っていたが、
よく食べます。
末っ子君の分は頼まなかったので、末っ子君におかずはくれたけれど、ご飯は完食してました。
母は、昔から「痩せの大食い?」で、よく食べます。

そこでの会話。


私「夜はテレビ見ながら、けんさん(父・仮名)と寝るの?」
母「そう。なんちゃらかんちゃら・・・←様子を説明してくれる。」


少し前まで、父と母は2階の別の部屋で寝てたんだけど、2階にはトイレもないし、
下で一緒の方が安心できるのでは?とベッドを下ろして、下で寝ることにしたのだ。
私たちも近くに来たので、もう泊る事もないしね。


私「下のほうが楽でしょ?今まで2階で寝てたでしょ?」
母「・・・わからない・・・」


母は、「分からない」「知らない」もお得意。


母「今は、けんさんとちゃこちゃん(母、仮名・孫達が名前で呼ぶので、母は最近自分の事を名前で呼ぶ。)は2人で寝てるの。他の人は知らない。」
私「他の人?誰か他の人がいるの?」←母は幻覚が見えるらしい
母「う〜〜ん。よくわからない。」

母「けんさんは、どこから来たのかな?」
私「どこから???????」
母「いつも、けんさんはどこから来たのかな?と思うの。」
私「・・・???」

私「けんさんは、ちゃこちゃんの旦那さんやろ?」
母「え????だんな???ちゃこちゃんと、けんさんは、結婚してるの?知らなかった〜〜〜」

知らなかった???どういうこと???
頭の中が???マークでいっぱいだわ。


その後、聞いてみると、私のことは、自分の娘だとわかってるみたい。
けんさんはいつもいるけど、誰なのかな〜と思ってた、と言う。


母「結婚式は挙げたのかな?」
私「あげてないよ。今から、写真でも撮る?」
母「そうやね〜〜撮ろうかな〜〜?」


その後も、けんさんが自分の旦那だったと言う事が、かなりの衝撃だったらしくって、そのことばかり聞いてくる。


母「どうやって結婚したの?」
私「ちゅこちゃんが、けんさんのお父さんの会社に働きに行って、そこで知り合ったんだよ。」
母「うん。うん。それは覚えてるわ〜〜。」


我が家に来てからも


母「なんか、心が痛むわ〜〜。」
私「なんで?」
母「けんさんに、何もしてあげてないから。今日から、優しくしてあげようかしら?」

と、『今日から、けんさんに優しくする宣言』を繰り返す母でした。




そんな母だけど、今日は、口数も多かったので、私としては、よかったです。
もともと、すごくしゃべる人だったので、ほとんど、話さなく、ボ〜〜〜〜としてるだけの母を見るのはつらかったから。
もちろん、父を夫だと分かってないって言うのはどうよ!?って思うけれど、
今日の母と、会話が出来たのでよかったです。

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事