ここから本文です
hayassiのブログ:棘棘で銹銹な時間
僕と知恵の輪とそして・・・釘迷宮?

書庫ようこそ最新記事です(10年目)

すべて表示

イメージ 1

  知恵釘「唐草」 はずる「バロック」


 僕は釘で知恵の輪を作っているんだけど

 このごろすごく

 脳ミソの瞬発力・持久力が衰えたと感じるので

 もう新作を考えるのを止めて

 次のステージに移ろうかと思っていたのだが


     ∽∽∽


 「はずる公式ツイッター」で実施されたセンターを決める総選挙で
 「バロック」が2位に入った

 どうも公式さんには意外だったようですが
 発売当初から
 ツイッター上に登場する回数の多さとか
 その内容が
 みなさんが全く共通した感動を語っていたから
 てっきり
 1位は間違いないと思っていたので
 逆にビックリした人が
 多かったのでは
 ないだろか


     ∽∽∽


 それは
 解く経路の途中で現れる驚きの全部が最大のクライマックスの為の伏線だった

 と

 明らかになる

 それが

 なんと

 物語の

 ラストのラストの瞬間に

 なんの予兆もなく

 ええっ

 えっ!

 え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ

 え・え・え

 えええ

 え〜〜っ





 と



 現れる



     ∽∽∽


 そのラストの姿が

 知恵の輪的な三次元の形状だったり
 その構造から生まれる動きだったり

 ではなくて

 人の目に優しくて画像として脳裏に焼き付くように二次元の平面になって終わる

 
 映画が静かなストップモーションで終わった時のような


 ・・・・・


 深い余韻が広がる

 のだ!

















     ∽∽∽


 という感動をまた追体験してしまったので

 
 また

 作りたくなった

 僕

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事