くものまにまに

テント担いで山に登ろう!

全体表示

[ リスト ]

VOLVO S40 2.0Powershift

今日はまたボルボさんへ。
現行モデルの71万引き格安V50は確かに魅力だが、やはり新型エンジン&ミッションは期待できるし、それに300万切りの新価格でも装備を落とした訳じゃないらしい。

イメージ 1
 

いつものディーラには発表会より1週間早く入るらしく先に乗せてもらうことにした。
ただしモデルはS40のみのようだ。

エンジン、ミッションの違いで車は変わらないので、気になるのはエンジンとその軽量化の効果。

発進時の加速感は・・・・
やはり低速のトルクは細い。
元々の五気筒2.4Lでもあまりそんなに元気なエンジンじゃないので、ちょっと物足りない感じだ。
まぁ必要十分ではあるので、その分燃費に期待ということにしよう。
この車の場合はあまり走りに期待しちゃダメだね。

エンジンはほぼ想像してたイメージ通りだが、許容範囲だろう。あとは-22%という燃費に期待だ。
しかし国産車と違い元々の燃費もあまり良くないので街乗りで10km/l行けば良い方だろう。
その点、10/15モードより実燃費が良かったりするVMゴルフの1.4Lエンジンにはパワーも燃費も及ばないのが悲しい。

まぁまぁの印象なのであとは条件次第で当確ランプが点りそうだ。ただしあくまでも新車候補の中では。これから中古車も候補として探し始めなくては。

S40 2.0PowershiftAktiv

イメージ 2
 
エンジン:70
ハンドリング:70
エクステリア:80
インテリア:70




そろそろディーラも気になるところは一通り回り、他に行きたいところはなくなったのだが、せっかくの機会なので冷やかしにトヨタの殿様商売ショップであるレクサスディーラへ寄ってみた。
ここでも今の車がジャガーというと自転車での来店でもちゃんと応対してくれるようになる。

しかし駐車場ネックでここで選べるのはIS25。
古い人間になっているのだろう、最近の車はわからないので生い立ちを説明を聞いて初めてイメージがわかる。
ISってのは昔でいうアルテッツァらしい。
トヨタ車は大嫌いなので一生買うつもりはないが、乗ってみる。

エンジンは低速トルクもしっかりあり踏めばかなり元気だ。こいつもBMWと同じ試乗コースで走ってみる。

うーん、しっかりした足廻りでぐっと腰のあたりの安定感がある。どうもBMW3シリーズの最初のイメージが良すぎたのかそれを超える感じではない。ステアリングのパワーアシスト量はベンツに近い軽い感じ。
十分合格点なのだが交差点でアクセルでハンドルが引っ張られる感じはFF車のような癖が気になる。
イメージ 3

エンジン:90
ハンドリング:80
エクステリア:80
インテリア:90

しかしメルセデス等を意識したお高いディーライメージはいただけない。
所詮トヨタ車ディーラ、高級感を求めても日本じゃ無理じゃないかな。


レクサスを後に中古車探しに大型店のケーユーへ


H16年サンルーフ付き赤のC3、1.4Lモデル89.9万円。走行22,000km。
H18年C4、1.6Lが129.9万円。走行16,000km、色は紺で好きな色だがホイールはスチールだ。

サンルーフ付きC3は探してた車。色は我慢するとしてもH16年式でこの価格、相場としては高くないが現行モデルの3年落ちのC4に比べて5年落ち1.4Lモデルとしてはお得感がいまいちだ。

イメージ 4


C3玉数が多く4,5年落ちで総額100万までが狙い。
C4はまだ高いので対象外。
2004年モデルC5はなかなか少ないので探すのには時間がかかりそうだ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事