過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

宇宙人ポール

イメージ 1
 
PAUL (2010)
 
年明け早々に見てたんだけど…
 
体調不良のせいもあったんだけどあまり記事を書く気にならず。
 
ちょいと自分なりの感想というか、思ったことをつぶやいておきます。
 
イメージ 2
 
サイモン・ペッグニック・フロストの主演&脚本ということで楽しみにしてました。
 
やはり、この2人の魅力は“会話のかけ合い”ですよね。
 
今回はオタクということでパワーアップ
 
イメージ 3
 
ポールの声はセス・ローゲン
 
彼らしく面白いんだけど…ちょいと違和感。
 
見た目の違いから私はどうも馴染めなかったのよね。
 
イメージ 4
 
グレッグ・モットーラ監督作品の常連のビル・ヘイダー
 
登場した時にはマイケル・シャノンかと思ってしまったのよね〜
 
ビルのスーツ姿って記憶にないなぁ。
 
やることなすこと、いちいちおかしい。
 
私的には満足です!
 
ジェイソン・ベイトマン『モンスター上司』でやっと覚えたわ。
 
彼って出演作見てるわりに印象に残ってないのよね。
 
イメージ 5
 
見終わってすぐの感想は…
 
 
「監督の余裕の演出、無難に綺麗にまとめちゃったなぁ」
 
 
けっしてつまらなかったわけではないんだけど、物足りなさを感じたのは事実。
 
私が“おもしろい”映画と思う要素の1つに「想定外の展開」
 
『50/50』もそうだったんだけど
 
思っていたとおりの結末。
 
後味はいいけどね。
 
 
『ラブ・アゲイン』を絶賛なのはまさに「想定外の展開」。
 
○さんと△さんの関係が●さんの登場により劇的に変わるサプライズ。
 
 
ポールがグレアムを喰っちゃうぐらいのブラックを見せて欲しかったなぁ…
 
 
 
「???」と思ってんだけど、
 
しっかり劇中でかかってたね。
 
これで笑った人何人いるんだろうか…

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事