過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

おとなのけんか

イメージ 1
 
CARNAGE (2011)
 
ニューヨーク、ブルックリン。11歳の子ども同士が喧嘩し、片方が前歯を折るケガを負う。ケガを負わせてしまった側のカウアン夫妻がロングストリート夫妻の家に謝罪に訪れ、和解の話し合いが行われる。お互いに社交的に振る舞い、話し合いは冷静かつ友好的な形で淡々と進んでいくかに思われたが…。
 
2009年にトニー賞を受賞した舞台劇「God of Carnage」の映画化
オリジナルはフランスのヤスミナ・レザの「Le Dieu du carnage」
 
イメージ 2
 
怪我をさせられた親がこちら
金物屋を営むマイケル・ロングストリート(ジョン・C・ライリー)
女流小説家のペネロペ(ジョディ・フォスター)
 
穏やかに話し合いをしようとしているのがありあり。
 
イメージ 3
 
一方、棒で殴りつけたほうの親
弁護士のアラン・カウアン(クリストフ・ヴァルツ)
投資家のナンシー(ケイト・ウィンスレット)
 
アランはナンシーに渋々連れて来られ早く帰りたい。
ナンシーは子育てを放棄しているような夫にうんざり。
 
イメージ 4
 
ロングストリート家の居間での出来事をリアルタイムで映し出しています。
 
子ども同士の喧嘩を穏便に解決するべく集まったものの、
双方の夫婦同士の言い争い。
そして、お酒が入ったことで本音をぶつけ合い夫婦喧嘩に発展…
 
この4人の顔ぶれ、豪華ですよね。
早口の台詞でがんがん攻めていく感じです。
4人ともそれぞれ役柄とマッチしています。
 
これはシリアスなドラマではなくコメディです。
劇場も笑い声が起こること多かったです。
 
「本音と建て前」
日本人の得意とするところなので笑いのツボが一緒なのね。
 
ラストの画はまさにシニカルだわ。
 
ロマン・ポランスキーとヤスミナ・レザの共同脚本
いやぁ〜おもろいお話でありました。
 
トレーラーは私が一番ウケたシーンがあったのでネタバレになるので貼るのやめておきます。
 
イメージ 5
 
日本でも去年舞台化されてます。
 
段田安則=ジョン・C・ライリー
大竹しのぶ=ジョディ・フォスター
秋山菜津子=ケイト・ウィンスレット
高橋克美=クリストフ・ヴァルツ
 
このメンバーも面白そうね。

開く トラックバック(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事