劇場鑑賞

[ リスト | 詳細 ]

劇場公開作品の感想
記事検索
検索

ソウル・キッチン

イメージ 1
 
SOUL KITCHEN (2009)
 
ドイツ第2の都市、ハンブルク。ギリシャ系移民の青年ジノスがオーナー・シェフを務める“ソウル・キッチン”は、味にうるさくない常連客が頼りの寂れた庶民派レストラン。私生活でのジノスは、恋人が仕事で上海に赴任することになり離れ離れに。おまけに税務署からは滞納分の督促を迫られ、挙げ句は突然のギックリ腰と不運続きのジノス。そんな時、服役していた不肖の兄イリアスを彼の仮出所のためにレストランの従業員として受入れるハメになる。ところが、イリアスが盗んだDJセットを持ち込み音楽をかけると、店は意外にも大賑わいに。さらに、新たに雇った偏屈シェフ、シェインの料理も次第に評判を呼び、ソウル・キッチンは連日大繁盛となっていくが…。
 
シネマライズでこれだってわかっちゃうよね。
 
ファティ・アキン監督の新作はコメディでした。
 
「愛より強く」 「そして、私たちは愛に帰る」は心揺さぶられるドラマでした。
 
まぁ、 「太陽に恋して」もラブコメの要素があったから初のコメディという印象はないんですけどね。
 
イメージ 2
 
ソウル・キッチンのオーナーにアダム・ボウスドウコス
 
この作品では監督と共同で脚本も書いてます。
 
ジノスのあんちゃんにモーリッツ・ブライブトロイ
 
「太陽に恋して」で監督の作品に登場してますね。
 
モーリッツくんがだめだめな兄貴なのよね〜
 
イメージ 3
 
ジノスは恋人が上海に行くことになるがレストランを手放すことに躊躇する。
 
ぼろぼろなお店なんだけど自分で作り上げた店だから愛着がある。
 
でも、売り上げがあがらず税務署に目をつけられちゃうのよ。
 
このジノスが憎めないキャラ。私は「燃えよ!ピンポン」のダン・フォグラーを思い出したけどね。
 
イメージ 4
 
「だめだめ兄貴、居候のじいさんが何かするんだろうな」と読めてしまうのだけれど、
 
なんだか心地よい。
 
そして、この作品は音楽がいいです。
 
監督は「クロッシング・ザ・ブリッジ」という音楽映画も撮っているし、
 
音楽の思い入れも強いとみた。
 
クラブのシーンは「愛より強く」を思い出しました。
 
イメージ 5
 
この作品ではジノスの腰痛がポイント。
 
やっぱり“お腰”は大切よ〜
 
監督の作品でいつも感じる“移民問題”もちらちら。
 
イメージ 6
 
飲んだくれシェフのビロル・ユーネル。
 
もっと料理のシーンがあるかと思ったけど・・・
 
豪華なゲスト的な感じだったかな?ナイフ投げの腕前は凄いよ〜
 
 
私はかなり声を出して笑えたので満足〜〜〜

開く トラックバック(2)

グリーン・ホーネット

イメージ 1
 
THE GREEN HORNET  (2010)
 
ロサンゼルス。幼少期に母を亡くし、新聞社の創業者である父に厳格に育てられるも、その反動で放蕩息子に成長したブリット。彼はある日、父が蜂に刺され急死するという悲劇に直面してしまう。そして、突然社長の座に就いたブリットは、父の運転手カトーから驚愕の事実を知らされる。実は天才発明家であるカトーは、父と秘密裏に数々のハイテクマシンを発明していたのだった。父の遺志を継いで正義に目覚めたブリットは街に蔓延る悪党の一掃を決意し、グリーンのスーツとマスクに身を包んだ自分たちを“グリーン・ホーネット”(緑の蜂)と命名する。また、悪人を装った方が標的に近づきやすいと考えたブリットは、彼の新聞社の記事でグリーン・ホーネットを新たなワルとして世間に知らしめるのだった。ハイテク満載の愛車“ブラック・ビューティー”を駆って夜の街に繰り出し、悪党たちを次々と蹴散らしていくブリットとカトーだが…。
 
11月に記事を書いてから楽しみにしてました。
 
私の注目ポイントはセス・ローゲンがアクションをこなせるのか。
ミシェル・ゴンドリー監督がどんな作品に仕上げてるのか、というところ。
 
イメージ 2
 
アメリカでは最も働いた俳優としてがんばっているセス。でも、日本での知名度はイマイチ。
 
この作品の紹介でも
「日本ではまだあまり知られていないがアメリカでは国民的人気を誇るコメディスター」
とか言われちゃってるしね。
 
セスの出演作品をほとんど見ている私には彼らしさがよく出た作品だと感じました。
 
新聞王の父を持つ金持ちのボンボン。父親の死後会社を継ぐがおばかちゃん丸出し。
 
イメージ 3
 
そんなブリッドが父の使用人だったカトーと組み悪に立ち向かう。
 
いやぁ、カトーって凄いです。何でも作っちゃう。私もコーヒーメイカー欲しいわ。
 
ジェイ・チョウを見たのは初めてではないですがあんまり印象がなかったのよね。
 
セスのおばかちゃん加減とジェイ・チョウのクールさが意外といいコンビ。
 
イメージ 4
 
個人的には秘書役はキャメロン・ディアスじゃないほうがよかったなぁ。
 
もっと知性を感じる女優さんがよかったかも。
 
イメージ 5
 
クリストフ・ヴァルツ演じるチュドノフスキー
 
登場のインパクトはよかったんだけど・・・もっとセスをいたぶって欲しかったわ。
 
イメージ 6
 
この作品ってセスが製作総指揮と脚本も担当してたのね。
 
「セスの個性が生きてるな」と思ってみてたのですが納得よね。
 
映像もゴンドリー監督らしさを感じるところもあり、ニヤニヤしちゃいました。
 
監督は遊びながら映像を作ってるんじゃないかと感じました。
 
この作品は『バッドマン』『アイアンマン』などを期待してる人には評価が低くなるでしょうね。
 
私は従来のマーベルのヒーロー像でない主人公に仕上げたセスと監督を評価したいです。
 
突っ込みながら見て楽しさ10倍。
 
私は満足でしたよ。
 
イメージ 7
イメージ 1
 
DUE DATE  (2010)
 
いやぁ、待ちましたよ。最初に記事にしたのが去年の7月
 
期待どおり楽しませていただきました。
 
イメージ 2
 
待望の赤ちゃん誕生を5日後に控えた建築家のピーター。妻の出産に立ち会い感動の瞬間を共有するため、彼はアトランタで仕事を終えると自宅のロサンゼルスへ向かおうと急いで飛行機に乗り込む。だがホッとしたのも束の間、たまたまそばにいた妙な男イーサンのせいでテロリスト扱いされ、搭乗を拒否されたうえに財布も身分証も失ってしまうハメに。帰る術が無くなり、途方に暮れるピーター。そんな彼の前に、またしてもイーサンが車に乗って現われ、現地まで送っていこうと持ちかけてくる。俳優志望の彼はエージェントに会うためハリウッドへ向かう途中だった。他にアテのないピーターは事の元凶であるイーサンへの怒りを抑えて渋々同乗し、3200キロの大陸横断へ繰り出すことに。しかし、これが更なる災難の始まりだった。イーサンが行く先々でトラブルを招き、ついには身の危険がおよぶ最悪の事態に晒されてしまうピーターだが…。
 
ピーターにロバート・ダウニー・Jr、イーサンにザック・ガリフィナーキス
 
この全く性格の違う2人のやり取りが笑える。
 
イーサンの起こすことが最初はわざとなのか、天然なのかわからない。
 
IDも金もないピーターはイーサンの言うことを聞くしかない。
 
彼を置いてきぼりにしようとするが・・・それもできず。
 
イメージ 3
 
アメリカ横断のロードムービーなんですが、登場する人たちが笑える。
 
↑ジュリエット・ルイスね。彼女はドラッグの売人です。
 
彼女の子供達とピーターのやり取りもおかしい。
 
画象はなかったんだけどダニー・マクブライドの銀行員も笑える!
 
イメージ 4
 
イーサンの居眠り運転のせいで車が大破。
 
ピーターの親友ダリル役のジェイミー・フォックス登場です。
 
このダリル、ピーターの救いの神なんですが・・・心を乱す原因も作ってしまう。
 
ダリルに車とお金を借りたピーターは「これで安心」と思うんだけど・・・
 
これからがすんごいのよ〜
 
イメージ 5
 
これコーヒー缶なんだけど・・・
 
私はこれでブシェミ先生を思い出してしまいました。
 
「ゴッドファーザー」ネタやこのコーヒー缶ネタなんか映画ファンならニヤニヤです。
 
相変わらずテンポもいいしたたみかけるような展開はいいね〜
 
主演の2人をはじめキャストも楽しませてくれました。
 
それにしても、テキサコとメキシコは間違えないでしょ!
 
トレーラーは過去記事からどうぞ
 
イメージ 6
 
気になっていたサニー!
 
かわいいよん。自分を人間だと思っているワンコです。
 
イーサンと一緒にオ○○ーしてるし!

僕が結婚を決めたワケ

昨日は14日!そう“TOHO”の日で1,000円でした。
 
最近はこの手のラブコメは「スタチャンでいいやぁ」とスルーするのですが、
 
この作品の監督はロン・ハワード。
 
「彼のラブコメなら一味違うかも・・・」
 
と、思ったのですが。
 
イメージ 1
 
THE DILEMMA (2010)
 
イリノイ州シカゴ。実業家のロニー(ヴィンス・ヴォーン)は、大学時代からの親友ニック(ケヴィン・ジェームズ)を相棒に、車のエンジン・デザイン会社を営んでいた。エンジニアのニックはロニーの友人ジェニーヴァ(ウィノナ・ライダー)と結婚し、独身のロニーにとって彼らは理想の夫婦。またロニーも、ジェニーヴァに紹介されたオーナー・シェフのベス(ジェニファー・コネリー)と愛し合っているものの互いを束縛しない関係に満足し、幸せな日々を送っている。だがある日、ロニーはジェニーヴァから“今プロポーズしなければベスを失う”と忠告されたことを機に結婚を意識し始め、ついには翌月のベスの誕生日にプロポーズすることを決意する。そして数日後、プロポーズの場所にしようと植物園の下見に訪れたロニー。ところが、そこでジェニーヴァの浮気現場を目撃してしまう。以来、ニックにその事実を知らせるか否か悩むと同時に、自らも結婚への踏ん切りがつかなくなってしまうロニーだが…。
 
 
イメージ 2
 
ビジネス担当のロニーにヴィンス・ヴォーン、
 
エンジニアのニックに『モール★コップ』のケヴィン・ジェームズ
 
今までの彼らのイメージどおりの役どころです。
 
ロニーの彼女のジェニファー・コネリー、ニックの妻のウィノナ・ライダーもぴったんこ。
 
イメージ 3
すべてはこの場面からはじまります。
 
大事な仕事を抱えているニックに妻の浮気を言うべきか、言わざるべきか。
 
そのことで、ロニーはベスともぎくしゃく・・・
 
ウィノナのお相手にチャニング・テイタム。彼が最高に笑わせてくれました。
 
イメージ 4
 
クイーン・ラティファの名前があったので楽しみにしてたんだけど豪華なゲスト的な感じでした。
 
2人がビジネスの相手に選んだ会社の社員。
 
「私はディープ・スロートよ」のセリフはニヤニヤ。
 
原題は「ジレンマ」
 
ロニーはニックを一番に考えてるのであれこれ画策をするのですが・・・
 
それがいろんな人たちの勘違いを引き起こしてしまうのよね。
 
ロニーの家にセラピストや姉夫婦、もちろんニック夫婦など集合したときは爆笑!
しかも、アイツまで!
 
そこからの展開が意外な方向へ行くかとおもったのですが・・・
 
普通でした〜
 
結局は「隠し事はだめよ〜人間正直さが一番」ということでしょうね。
 
私が一番ウケたのはロニーとニックがデトロイトに到着したシーン。
 
KISSの「デトロイトロック・シティ」のイントロ♪
 
私の両脇にいたラブコメに無縁そうなおっちゃんたちはわかったのかな?
 
鑑賞済の作品を『映画鑑賞日記』に記録しただけで記事を書いた気分になる・・・
 
想定された状態になってます(笑)
 
こちらの2本のジュゼッペ・トルナトーレ、ケン・ローチともに
 
好きな監督さんなので楽しみにしていたのですが・・・
 
「えぇ〜そんなぁ〜〜〜」
 
と、鑑賞後思った作品でした。
 
イメージ 1シチリア!シチリア!
 
シチリアの田舎町バーリア。貧しい牛飼い一家の次男に生まれたペッピーノは、幼い頃から大人たちに交じって懸命に働きながらも、楽しい思い出の詰まった少年時代を過ごす。やがて第二次大戦を経て町にも平和が訪れた頃、たくましい青年に成長したペッピーノは、美しい女性マンニーナと恋に落ちる。しかし、貧しいペッピーノとの結婚にマンニーナの両親は大反対。ついに2人は駆け落ちという手段でお互いの愛を貫き通すのだった。そんな中、理想を胸に政治の世界へと踏み出すペッピーノだったが…。
 
原題:Baaria  製作国:2009年イタリア映画
キャスト: フランチェスコ・シャンナ、マルガレット・マデ、アンヘラ・モリーナ、リナ・サストリ、サルボ・フィカッラ、バレンティノ・ピコーネ、ガエタノ・アロニカ、ルイジ・ロ・カーショ、ミケーレ・プラチド、ラウル・ボバ、モニカ・ベルッチ
監督、脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
音楽:エンニオ・モリコーネ
 
予告を初めて見た印象は「監督の集大成的な作品かな?」と思いました。
恥ずかしながら監督って80歳超のじいさまだと思ってたのよね(笑)
ペッピーノのモデルは監督の父親だそうですね。
60年台以前は父親から聞いたこと、それ以降は監督の実体験なのかな?
ひとりの男を描いた大河ドラマ的な作りかと思っていたのですが、あくまでも舞台はバーリア。
ペッピーノがソ連やフランスに行ってるときは残された家族のエピになります。
まるで絵巻物のように流れる映像はさすがの手腕でございます。
でもね、私的にはラストをファンタジーでまとめちゃったのがちょいと・・・
監督の映画愛、「ビバ!イタリアーノ」的なものは十分感じたし素敵な作品だとは思うのだけれどね。
 
イメージ 2エリックを探して
 
マンチェスターの郵便配達員エリック・ビショップは、しょぼくれた中年オヤジ。2度の結婚に失敗した彼は、7年前に出て行った2度目の妻の連れ子2人を一人で育ててきた。しかし、その2人の息子はいまやすっかり問題児。おまけに、未だに心から愛しているものの、今さら合わせる顔がないと感じていた最初の妻リリーと再会しなければならなくなり、気持ちが沈んでいた。そんな彼の心のアイドルは、地元マンチェスターの英雄、エリック・カントナ。今日も自室に貼った彼のポスターに向かって愚痴をこぼすエリックだったが、なんと突如どこからともなくカントナ本人が現われた。そして含蓄ある格言で彼を励まし始めるのだったが…。
 
原題:Looking for Eric  製作国:2009年イギリス・フランス・ベルギー・イタリア・スペイン合作映画
キャスト: スティーブ・エベッツ、エリック・カントナ、ジョン・ヘンショウ、ステファニー・ビショップ
監督:ケン・ローチ  脚本:ポール・ラバティ
 
ケン・ローチと言えばアイルランド問題を絡めたヒューマンドラマというイメージが強い。
その監督の初のコメディということで楽しみにしていました。
私はご本人役で登場のエリック・カントナという人がどれだけ人気者で凄い人なのか知りませんでした。
そのカントナさん、なんとこの作品の製作総指揮、原案なんですね〜
勝手な想像ですが本当は監督もしたかったんじゃないかな?
そして、ケン・ローチ監督は大のサッカーファンなんだって?
さえないオヤジが憧れの人の力を借りて勇気を出し、人生を見つめるってところだと思うのだけれど。
どうも、乗り切れませんでした。
まぁ、終盤の「フーリガンのお○ん」は爆笑しちゃったけどね。
ポスターですんごい期待しちゃってたんだけどね〜

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事