ここから本文です
1/5スケールラジコンのブログを始めてみました。
皆さんご存知のこの暑さの中、ホクセイのレースに参戦しました。
日曜日の午後からはこの「荒れ模様の天気」で冷たい風が吹いた後に雨が降ってきて最後の決勝レースはハーフウエットの面白いレースになりました。
イメージ 1
今回も九州から遠征の3人、関東から遠征の5人を含めた23人のドライバーが集合しました。
ホクセイ名物のかき氷が大量に出回っていました!

イメージ 2
台数も多いことから4ヒートに分けて、各3回の予選を行います。

イメージ 3
ヒート1の各社が予選のコースオープンを待ちます、3分のウオームアップ後に7分間の周回を記録します。

イメージ 4
ヒート3の予選開始です、ゼッケン順にコースインしてスタートラインを横切った時点から7分間が予選時間です。

3回の予選でしたが路面コンディションが変化する中、関西のまめぞう君が予選トップです。
イメージ 5
私は1回目は1周でコースアウト、2回目は悪くない周回でしたが2度ほどスピンしてタイムは低迷、3回目はタイム更新できる走りでしたが残り1分でエンジンストールしてリタイアで9位に終わります。
Bメインからの勝ち上がりに賭けます。

イメージ 6
エンジントラブルはイグニッションコイルをとめているブラケットのスクリューが緩んだ結果としてシリンダーのイグニッションコイル固定ボスが破損してコイルの鉄心とローターが当たってしまったものです。
鉄心がタコの足のように広がっています、初めて見ました!

レースはCメインから始まります、15分レースの結果は
イメージ 7
上位4台がBメインレースに勝ち上がります。

続いてBメインレース、やはり15分間でトップ4台がファイナルレースに勝ち上がります。
イメージ 8
イメージ 9
私は大きなミスもなくトップでゴールしてファイナルレースに勝ち上がりです、ただ車の動きが変な気がします?

そしていよいよ30分間のファイナルレース。
私はウオームアップ中から車の動きが不自然でしたが、スタートして最初の2コーナーで車があらぬ方向に行ってしまったり、奥のヘアピン立ち上がりでやはり進路が突然変わったりでノーコン気味だったのですぐにピットに戻ってリタイアしました。
ステアリングのサーボセーバーが緩んで浮き上がってきてアッパーデッキに突き当たってステアリングが動かなくなっていました!

レースの方は途中で雨が降ってきて大混乱!すぐに止んでドライになり、そしてまた雨が落ちてウエット、最後はまたもドライで難しい路面、見ている方は面白い展開になったレースでした。
イメージ 10
イメージ 11
この悪条件を制したのは関東の竹ちゃん、2位も関東のミネイブン選手、3位は九州のアイスマンでした。
私は最下位〜。
多少の雨、ウエットでも走れるホクセイならではの楽しいレースでした。
動画も参照してください。(提供はコーちゃんです)

イメージ 12
トップ3の皆さんです、おめでとうございます。

大変楽しく、暑いレースでした〜。


この記事に

珍しいプラグトラブル

先日、練習走行の時にエンジンが掛かりが悪く、更にストレートで時々息をつくトラブルが有りました。

ニードルを調整しましたが症状は直らずプラグを点検しようとキャップを外したら!
イメージ 1
何と!端子(ターミナル)が有りません!
って言うか、端子が外れてキャップの方に残っているんですね、こんなトラブルは初めてです。

プラグはノーマルプラグですので端子は取り外しは出来ないタイプのものです。

プラグを外してみると....
イメージ 2
プラグの中からは黒鉛風の棒が、キャップの中からは端子がそれぞれ出てきました。
単純に使用限界を超えたのでしょうかね?

よく使うイリジウムプラグは端子が後付けタイプです。
イメージ 3
端子にネジが切って有って別部品のターミナルをねじ込んで使います。
このタイプは使用過程で緩んだり、キャップ側が摩耗して接触が悪くなることも多いので点検が必要です。

ただ、ノーマルプラグではこんな問題は過去になかったので驚きました。

この記事に

三戸での動画

遠征から戻ってきてもやはり熱い関東でした。

今回、東北遠征初参加の山の神さんが三戸での動画を撮影、アップしてくれましたので紹介します。
イメージ 1

炎天下での撮影、ありがとうございました〜

http://kikaidouraku.blog.fc2.com/ こちらのブログをご覧ください。

山の神さん、お断りもなく紹介しています、ご勘弁を〜

この記事に

三戸に遊びに行ってきました、ただ予定外に真夏でした!
イメージ 1
車の外気温、多少の誤差は有るにしても半端ない気温です、しかもピットには屋根が有るわけでもないので直射です!
さすがに日曜日はめがねやさんがテントを張ってくれて何とか生き延びることが出来ました。
イメージ 2
多分、34℃くらいだったんでしょうかね。
コース、ピットが山の上にあるので日陰が無く直射はつらいものが有ります。

今回は関東からは私を含めて4人で楽しんできました。
イメージ 3
今回、宿泊した旅館です、馬渕川沿いにあってアユの塩焼きが頂けました。
馬渕川ってアユ釣りが有名みたいですね。
イメージ 4

コースはやや砂が浮いた路面ですがグリップは有りますし、コース自体が広いのでたっぷりと楽しめます。
余裕を持ったレイアウトなので車にも優しくてダメージが少ない作りになっています、左半分はタイトコーナーが続くテクニカルセクション、
イメージ 5

右半分は中速コーナーが続くのでこれまた難しい!
バックストレートはロングストレートと右へのハイスピードコーナー、このコーナーを全開で行くか、戻すか、チャレンジし甲斐のあるコーナーです。
イメージ 6
地元の皆さんはエコ+プレート付きで楽しんでいます、遠征組はコンペで挑戦しましたが思ったよりも苦労せずに走れた感じでした。
ただ、ラップタイムはエコとコンペの差があまりないのでコンペには難しいコースなんでしょう。

町営のコースなので施設的には恵まれています。
イメージ 7
トイレや水道、電気、コンプレッサーなども常備してありますので不便は有りません、自販機も有ります。

イメージ 8
一緒に楽しまれた地元のドライバーさん達、走り慣れているせいか車のセットも確実にされていて快調に走っていました、タイヤはGRPがメインで組み合わせでPMTを使っているようです。
イメージ 9
今回お世話になりましためがねやさん、相変わらずきれいなポルシェを走らせています、今回の計測もしていただきました。

暑い中ではありましたが大変楽しめました!
また次回を楽しみにしています。


この記事に

今週末は避暑ラジコン

ここの所、異様な暑さの関東です!
そして7月のケイチューンは1・10EPの全日本の会場でもあることからEPカーが増えてきて混走が多くなってきました。

ので、今週末は恒例となった「三戸ラジコン公園」に遊びに行きます。

青森県の南部、三戸町の町立のラジコン公園です、走行は無料!
コースの大きさは私に知る限り多分、国内最大でしょう!
コース幅はたっぷり有り、バックストレートの長さも十分以上の長さが有ります。
左右のインフィールドは右と左では速度域が変わるので低速から中速まで楽しめます。
路面は細粒でコースオープンが土日だけと言うことも有ってグリップ感は薄い方ですが十分に楽しめます。

イメージ 2
地元や近隣の皆様が主にエコで楽しんでいます。
FGのディーラーさんをしているめがねやさんや毎週のように通っている方々、皆さんかなりの手練れです。

今回は今のところ4人で遠征を考えています、みんなはコンペモデルですがケイチューンの「蟹路面」の経験者なので楽しみですね、私は例によって借り物のエコを持っていきます。
イメージ 3
1の八戸自動車道の二戸ICで国道4号線に入って北上します。
二戸の街を横目に見て更に北上すると「座敷童」で有名な金田一温泉が有ります、地図の2番の所です、今回はこの温泉街とは離れていますがホテル金田一に泊まってみます。
ホテルから3番のサーキットまでは8km弱ですので10分も有れば行けるかな。

イメージ 4
4号線を北上して下り坂の大きな右カーブを左折して4号線から外れます。
写真の赤丸は立体交差で4号線は下を通過するだけです、ここを過ぎたらすぐに左に入る道が見えます、オレンジの丸です、生きていれば「ラジコン公園」の看板が有ります。
左折後はやや上りながら突き当りに出ますので左折します、すぐにラジコン公園に入る道が見えます。
ラジコン公園のアプローチは反時計回りに一方通行ですのでアプローチの分かれ道は右折して頂上に向かいます、頂上の左側にパーキングが有ります。

天気も悪くは無さそうなので楽しみです。


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事