どらごんづ★MOVIE'z

FC2へ引っ越しました!慣れてきました。

全体表示

[ リスト ]

慰めの報酬 (2009年)

初めて愛した女・ヴェスパーを失ったジェームズ・ボンドは、ヴェスパーを操っていたミスター・ホワイトを尋問し、背後にいる組織の存在を知る。早速捜査のためにハイチへと跳び、知り合った美女カミーユを通じて、組織の幹部であるグリーンに接近。環境関連会社のCEOを務める男だが、裏ではボリビアの政府転覆と天然資源の支配を目論んでいるのだった。ボンドは復讐心を胸に秘めながら、グリーンの計画阻止に動くが…。
●監督 マーク・フォスター
 
イメージ 1 
“007”シリーズ、第22作目!完全に続編!
 
今作はアクション映画を撮ったことのないマーク・フォスター監督。
 
 
 
しかし「なめんなよ!」と言わんばかりの冒頭のカーチェイスは迫力ありすぎて目が回る! ↓
イメージ 2 
例の組織はMI6の中まで及んでいることがわかります。なんて恐ろしい…。
「カジノロワイヤル」から続いている物語ですが、証拠や手がかりから次の任務にフェード・インします。
 
 
 
 
 
 
 
 イメージ 3
 
今回のボンドの標的になったのは、ボリビアでの石油ラインを確保しようとしているドミニク・グリーン。
もちろん組織の一員です。
演じているのはマチュー・アマルリック。ボクは彼の作品はあまり観たことないですね。
ドラマ系が多いからかな?でもそんな彼が敵なのです。
至って普通の会社の人みたい。
自分でも監督に「顔に傷でもつける?」と聞いたそうだが、フォスター監督は「ひと目で分かる悪人はいらない」のだそうです。
 
イメージ 4 
今作で登場したよ!ミス・フィールズ役のジェマちゃん!
実は「タイタンの戦い」以前の今作でもちゃんとチェックしてましたよぉ。
まっ黒けになっちゃっってたけど…。
 
 
 
イメージ 5
でも実は今作の本当のボンド・ガールはアルガ・キュリレンコ演じるカミーユ。
彼女自身はボリビアの元将軍に母を殺され、復讐を誓っていた。
復讐を胸に秘めているボンドとカミーユ。
恋愛感情でなく同志という感じ。
実際2人のイチャシーンはなし。
代わりにジェマちゃんがイチャ後シーンしてました。
 
 
 
オペラ鑑賞中の組織会議の中、乱入しちゃうボンド。
復讐心メラメラだから、グリーンと相対したボンドは怖いほど!
そこで繰り広げられる銃撃戦がジョン・ウーっぽかったですね。
そう銃撃戦のBGMはオペラ。
 
イメージ 6 
クライマックスではグリーンのアジトに乗り込んでボンド&カミーユ大暴れ!
 
炎にまかれながらの戦い!
すんごい熱そう! 
そしてあぶねえ!
 
斧を振り回すおじさんに007のエージェントも手こずります。
 
 
 
 
イメージ 7
果たしてボンドはヴェスパーの復讐を遂げられるのか?
そもそもどこまでが復讐と言えるのか?
これは復讐なのか?
 
そんなボンドの心情を演出できたのは、アクション映画監督でないマーク・フォスターだからかな。
 
イメージ 8と言っても今作のアクションシーンは相当激しい!
アクション映画監督さんたち。
頭悪そうな敵を倒して満足させる作品ではお客が減っちゃうぞ!
 
上映時間が106分と、007シリーズで最も短い作品となりました。
そのせいか、アクションで疲れたものの、007シリーズ鑑賞後よくある「深い見ごたえ感」(何だろうね)があんまない。
「カジノロワイヤル」のエピローグ的な作品だからかな?
 
ガンバレル・シークエンスで幕を閉じた今作。
これでようやく本物のエージェント“007”の
グレイグ・ボンドが出来上がったのでしょう。
 
さあ、今回も皆さんでお決まりのセリフを。
それでは皆さんご一緒に!さん、はいっ!「My name is…」
えっ?無いの?!

閉じる コメント(12)

アバター

スイマセン!今回の復讐でジェマ嬢に気付いた私です(-_-;)
触れる者みな傷つけるボンド君と言われてますが、
砂漠でマチューにエンジンオイルを渡すところあたりキツいですね(^_^;)
最後にロシアへ行ったのはこっちでしたっけ?
あのシーンが好きでした!
TBさせてくださいね。

2012/12/9(日) 午後 8:39 木蓮 返信する

もくれんさん→
ふふふ、公開時からジェマちゃんすでにチェック済でした♪
今作ほど危険なボンドはいないかも。
オイルね。最初なんの意味が?と思いましたが、「お前に助かるチャンスなどない」と言うことでしょうか。怖い。

ラストのロシアは今作です。
TBアリガトです。

2012/12/9(日) 午後 9:13 どらごんづ★ 返信する

顔アイコン

不思議なことに何度か観てるのですが
ストーリーが頭に入って来ません 苦笑
それぞれの場面は面白いのですが…
脳内で再構築出来ない??奇妙な状況に陥っています

突然始まる冒頭のカーチェイスは
何度観ても引き込まれる迫力は流石の一言。

2012/12/9(日) 午後 11:59 しげさん 返信する

何気に慰めの報酬はアクションシーンぐらいしか印象に残ってなかったりするんですよね〜
逆に言えばアクションシーンは凄かったのですけど。
カジノ・ロワイヤルは全体的にめちゃくちゃ印象深かったのですが、まあこっちは続編物として作られた感じですからしょうがないのかな。
私はオルガ・キュリレンコに期待して見たのですが、「ヒットマン」と言う映画で脱いだほどのセクシーさを感じることは出来ず、なんとなくモヤッとしたまま終わってしまいました・・・。

ところで新作のボンドガール、どんな感じなのかちょっと気になりますねぇ〜。

2012/12/10(月) 午前 7:28 [ B級レンジャーK ] 返信する

しげさん→
今作の敵は、ボンドの復讐の矛先にあったもので、グリーン組織そのものに個人的感情があったワケではないですからね。その辺が印象を薄くしているのかもしれないですね。
あのカーチェイスの最中、Mr.ホワイト大変だったでしょうね(笑)

2012/12/10(月) 午後 0:41 どらごんづ★ 返信する

B級レンジャーKさん→
「カジノロワイヤル」から1時間後から始まる!てのが一つのウリでしたからねぇ。
カーチェイス、バイクアクション、ボートチェイスと、乗り物アクションはすごかった!
オルガちゃんは、確かに魅力が出しきれなかった感じしました。

2012/12/10(月) 午後 0:50 どらごんづ★ 返信する

嫌いじゃないですが、やっぱ前作の方が好きですね〜。
サクッと観られるんですが、それじゃ007って感じじゃ無い気がするし・・・。

オルガ嬢は好きな女優さんなんで、出てるだけてOKです(笑)

2012/12/10(月) 午後 10:05 the_brave_of_legend 返信する

え、ないの?なんで?
これはまだ観ていないんだけど、先日のTV放映を録画してあるので、近々鑑賞予定。
実はTVでやっていた日は夜遅くに帰宅し、これの途中のシーンだけ楽しんじゃっていたんですが(オペラのシーンのあたり)。
最初から再生して観ればよかったんだけど、この日は疲れてて・・・。
危険なボンドかぁ。楽しみに観てみます♪

2012/12/11(火) 午後 7:25 - 返信する

★t_b_o_l★さん→
DVDなどで観ると、あっという間に終わっちゃう今作。
一番印象深いのが、冒頭のチェイスとその後の鬼ごっこ(?)。
ボクはやっぱオルガちゃんより、ジェマちゃんに目がいきましたね。
ボンドに軽くあしらわれるところが可愛いんです。

2012/12/11(火) 午後 10:52 どらごんづ★ 返信する

やまちゃん→
無いんですよ〜、シリーズで唯一…。
冒頭のチェイスシーン、アップ多すぎて目回りますよ。
今作のボンドの頭の中はヴェスパーへの想いで燃えているからご注意を(笑)
まっ黒けのジェマちゃんもお楽しみに。

2012/12/11(火) 午後 10:55 どらごんづ★ 返信する

ちょっとこの作品は期待外れと言うか…。
「カジノ・ロワイヤル」と比べなければ良い出来なんでしょうけど^^;
案外素人でも斧とか持って必死になれば諜報員相手でも善戦出来る?笑

TBお返ししますね♪

2013/5/11(土) 午前 6:10 れじみ 返信する

れじみさん→
前作の濃さに比べたらアクション重視で、ちょっと薄い作品でしたね。
用心棒的なキャラがいたらボンドと格闘したんでしょうけど、そのキャラがいなかったので、ラスボスに頑張ってもらったんでしょう。(笑)

TBアリガトです。

2013/5/12(日) 午前 9:55 どらごんづ★ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事