どらごんづ★MOVIE'z

FC2へ引っ越しました!慣れてきました。

全体表示

[ リスト ]

冬の寒い夜、ロンドン発の長距離列車内に乗り合わせた、家路を急ぐ人々。その中にシングル・ファーザーで救急医のルイス(ダグレイ・スコット)は病院から急患の電話が入る。7歳の息子マックス(ジョシュア・カイナマ)が一人の女性、サラ(カーラ・トイントン)にぶつかってしまい、コートを汚してしまう。しかしそれをきっかけにルイスとマックスはサラと仲良くなっていく。しかし、いつになっても列車は止まらない。停車駅を素通りするなど不審な出来事が立て続けに発生し、彼らはいつの間にか抜け出せない非常事態に陥っていた…。
●監督 オミッド・ノーシン
 
人がパニックになる姿を見てみよう!第1弾!
イメージ 1(なんだこの小祭りのタイトル…)
 
TSUTAYAのみ
 
列車の中でパニくります。
 
 
 
列車関連の映画は数多く、アクション、コメディ、サスペンス、ホラーと様々なジャンルの舞台になっていました。
今作はサスペンスです。
 
イメージ 2 この作品に登場するキャラですが、見事なまでにハリウッドの大物俳優を模しています。
完全に見た目のソックリ度です。
 
シングル・ファーザーのルイス(ダグレイ・スコット)
実は、ジェラルド・バトラーにしたかった!
少し影があり、息子思いで、無精ひげ。積極的に事態収拾に取り組む。
てか、この人「M:I−2」のアンブローズじゃん!
そう、トムに後ろ回し蹴り食らった…
 
イメージ 3
 
 
仲良くなった女性サラ(カーラ・トイントン)
実は、ダイアン・クルーガーにしたかった!
派手めな見た目とは裏腹に、マックスの世話をしてくれたりなど、ルイスに協力。
まぶしいブロンドヘアーで美人です。
…てかダイアン・クルーガーといい勝負じゃん?
 
イメージ 4
 
 
 
ロシア人の清掃員ヤン・クリモウスキ(イド・ゴールドバーグ)
実は、ジェイク・ギレンホールドにしたかった!
興奮しちゃうとロシア語出ちゃう。マジシャンの夢を叶えたい!
いやいやトラブルメーカー?
 
 
 
イメージ 5
初老の銀行家ピーター・カーマイケル…
実は、ブライアン・コックスに…
って本人じゃん!
え?違った!デヴィッド・スコフィールドって方でした。
こんなにソックリな人がいるんですね。
街で出会ったら
「みすたー・ぶらいあん・こっくす!ぴくちゃーぷりーず!!」
って声かけちゃうよ。
映画観終わるまで、ずーっとブライアン・コックスだと思ったし!
 
他にも孫に会いに行く途中のエイレンお祖母ちゃん。
一時、マックスを見ていてくれた方。色に妙なこだわりを持っています。
孫にお土産のぬいぐるみに自信アリ。
実は…だれもいいか。
 
イメージ 6冒頭では車内でやかましい若者。
おサメ映画だと真っ先に喰われるタイプ。
ルイスが居眠りした間にいなくなってた。降りたってことだね。
 
 
 
イメージ 7この作品は、
大勢がワ―!ギャー!
する意味でのパニックではなく、少人数でどうする?どうする?という心の中でのパニックです。
なにがどうするかと言いますと、列車が止まらなくなるんですよ。
良いように書きましたが、ほんの6人で止まらくなった深夜の列車をどう止めるか。
ただそれだけの作品です。
イメージ 8
 
←ルイスの息子マックス。こんな子なら誰でも面倒みてくれる。
  それほどいい子で可愛い
 
 
 
「アンストッパブル」のように、ブレーキが利かなくなった暴走列車を止める面々?
「暴走特急」のように、トレイン・ジャックされて一人のオヤジが立ち上がる?
「銀河鉄道999」のように、パツキン美女が…これはない!
それとも、閉じ込められた6人に携わる怨恨の末の出来事?
どれにも当てはまりませんが、しいていうなら、
「あのぉ、深夜列車が暴走してるんですけど、誰か聞いてますぅ〜?」
こんな作品です。
イメージ 9だって、深夜だろうが、停まるはずの駅に停まりもせずに暴走してるんですよ?これ事件ですよね?
乗車が警察に電話しなければ世間的にほとんど見向きもされない出来事のよう。
 
「夜のニュースです。現在ロンドンを出発した列車が駅に停車せず、暴走しているとのことです。乗客は6名。ケガ人などはわかっておりません。警察も現在捜査中で詳しいことはわかっていない、とのことです。次のニュースは今朝動物園から逃げたニシキヘビの捜索が難航中。続報です」
こんな感じに知らなきゃ知らない人もいそうな出来事なのか?
 
イメージ 10とは言っても一応犯人いるんです。
その犯人による最大の武器はやたらやかましい汽笛!
そのくらい我慢できそうだが、とんでもない。神経かきむしられるような音なんです。
(犯人の感情で汽笛の音は変わらないのにね)
 
犯人との唯一の会話「何人残っている…?」
こ、こ、これは一体どういうこと…?
(これは記事紹介をワクワクさせようとしているのではありません。ガチ質問です)
 
イメージ 11今作の見所は、サラがキレイ(理想の隣の乗客)。
マックスが可愛い(理想の息子)。
車掌室への窓ガラスが極度に頑丈。
乗客のドアはひょんな事があると簡単に開く。
パニック映画で活躍する消火器、今作でも大活躍!
 
決してつまらないことはないんですが …ざっくりしすぎだろ!
イメージ 12たまたま乗り合わせた面々に共通点が?犯人の要求は?警察の裏をかく心理戦?
たとえ1時間30分弱の作品であっても、そこそこの展開は出来るはず。
親父の暴走を、余計なエピソードを徹底的に削いだ傑作「96時間」のように、ただただ突っ走りたかったのか。
 
 
 
絵的に突っ走ってはいたけども、ほんとにそれだけで…
まったくふろしきを広げない作風となっておりました。
物語は広げたら回収しなければならない。
しかし「あえて言おう!広げない!」Σ
そんな潔さが感じられます。
 
イメージ 13「アクション」「伏線」「謎解き」「ドラマ」…すべて削ぎ落とされた作品です。
今作の脚本家は「物語をひねる」ということを考えてほしいですね。
この脚本に「GO!」を出したプロデューサー。
お前もだ!
 
イメージ 14
いや、ちょっと待て。わかった。
プロデューサーが何をしたかったのか。
全てを削ぎ落したスピードサスペンス。「激突!」だ。
気持ちはわかったが、映画としての旨味が絞り出て来るわけではありませんぞ。
 
だってね、
この映画は一言で説明できますもの。
「バカが暴走」
以上!

閉じる コメント(8)

顔アイコン

予告でちと気になっていたけど、こちらのレビューで満足しました(笑

2014/11/26(水) 午後 6:09 [ fay*a*s200* ] 返信する

顔アイコン

ヾ(≧▽≦)ノ ハハハハッ

そうですか、この映画は【バカが暴走】するのですね。
何とも解りやすい!
バカが暴走したら、パニックになりますよね。fmfm
是非観たくなってしまったw

2014/11/26(水) 午後 6:15 [ ロゼ ] 返信する

fayさん→
あらま。
「記事が良かった」と受け取っていいのか。
「詳しく書きすぎ」と受け取った方がいいのか…。

2014/11/26(水) 午後 8:28 どらごんづ★ 返信する

nekonekoさん→
もうその一言に尽きます。静かな前半で寝ないで下さいね。
あのチビッ子が可愛いのでそれを楽しみにどうぞ。

2014/11/26(水) 午後 8:32 どらごんづ★ 返信する

映画そのものよりどらごんづさんの記事の方が面白いんじゃ?(笑)

そぎ落としまくり、そっくりさん俳優?出演・・・
すごく興味ありますけど、どらごんづさんの記事でおなかいっぱいでわ!(^^)!

2014/11/27(木) 午前 9:13 ばいきんダディ 返信する

ばいきんダディさん→
どっかしらで観た気がする俳優さんだらけでした。
テレ東とかBSなら放送しそうな、ザ・B級!

記事をお褒め頂きアリガトです。(褒めて下さったんですよね?)

2014/11/27(木) 午後 0:21 どらごんづ★ 返信する

顔アイコン

うーん、映画よりも面白い仕上がり(笑)
「あえて広げない!」とか最高です!
確かに広げる気ゼロでしたね〜
激突の電車版だとしっくり来ますね。

私の記事は淡白ですけどTBお願いします<(_ _)>

2014/11/28(金) 午後 4:06 ryane 返信する

ライアンさん→
やりすぎるのもどうかと思うが、映画なのでもう少しビックリ展開があっても良かったかと…。
記事をお褒め頂きアリガトです!(嬉しいデス)

TBアリガトです。

2014/11/28(金) 午後 10:51 どらごんづ★ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事