どらごんづ★MOVIE'z

FC2へ引っ越しました!慣れてきました。

全体表示

[ リスト ]

タクシーに乗って目的地へ急ぐ全身真っ赤なコスチュームの男。運転手に“デッドプール”と名乗ったその男が到着したのは、ハイウェイの上。デッドプールは、そこで宿敵への復讐を果たそうとしていた……。その2年前。かつて特殊部隊の有能な傭兵だったウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は第一線を引退後、好き勝手に悪い奴を懲らしめ、金を稼ぐというヒーロー気取りの生活を送っていた。そんなウェイドが一夜の相手として知り合ったのが、娼婦のヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)。最初のベッドインがあまりに完璧だったため、2人は1年間の同居を経て結婚を決意する。幸福な未来が待っていると思ったのも束の間、原因不明の痛みに襲われたウェイドに医師が下した診断は、全身にガンが転移しているという事実だった…。
●監督 ティム・ミラー
 
こんなヒーローおりました。第1弾!
イメージ 1





コミックの枠を外れた奇想天外ヒーロー
ここに誕生!
って、こいつヒーローじゃねえだろ!
 
真っ赤なコスチュームがイカす彼の名は“デッドプール”。
デップーと呼んでみよう。
イメージ 2ねえデップー
   こっち向いて〜♪

はぁ〜い!
 






マーベル・コミック作品ですが、映画では「アベンジャーズ」とは関係ありません。
大人の事情というヤツですね。
20世紀FOX」なので、系列は「X-MEN」ですね。
イメージ 3知らなくても、ちょいネタくらいなんで全然OK!かと思ったら、
完全に「X-MEN」のスピンオフ。
あのカチンコチンの鉄の男は一体なに?
あの学園みたいな建物は何?
マカヴォイとかスチュアートとか何?
と「X-MEN」を何も知らない人を完全に置いてけぼりにします。
でも、時空列いつなのか、観客もデップ―もわかりませーん。


イメージ 4アメコミ映画をよく見ている人は、今作のキャスティングやチラリと出た気持ちの悪いフィギュアにニヤリとするだろう。
なぜならば、X-MENのスピンオフ「ウルヴァリン」シリーズの1作目「ウルヴァリン/X-MENZERO」でラスボスとしてウルヴァリンと戦ったのがこのデッドプール。
←こいつ「X-MEN ZEROより」

その時はコスチュームを着ずに、完全に敵キャラとなってました。
2本の刀は拳に埋め込まれ、喋りがうるさいからと口を縫われたその姿は気持ち悪かった。
そして、その時のデッドプール役もまさかのライアン・レイノルズ。
今作はその続編でもなんでもないまったく別物の映画。
なのに同じ役を、同じ人が演じるのが可笑しいよね。
 
イメージ 5デップ―とは他のヒーローとは全然違います。
容赦しない?正義感が無い?
まあ、そうなんだけど、一番の違いは、観客、読者に話しかけてくるのです。
“第四の壁”というヤツを破って来るんです。
今作でも、ちょいちょい話しかけてくるのでそれも楽しいぞ!
 
イメージ 6元特殊部隊のウェイド・ウィルソンは、運命の女性ヴァネッサと出会い、幸せの絶頂の最中癌が発見される。
しかも末期で数ヶ所も。
どうすることも出来ずに悩んでいるウェイドノもとに一人の男が声を掛ける。
「我々なら治療できる」
謎の男の言う通りにしてある民間施設に行くと…。
もともとお喋りなウェイド(ライアン・レイノルズ)。
デップ―と化してからはより一層皮肉なジョークをベラベラと。
 
ヴァネッサ(モリーナ・バッカサン)はウェイドに一途な女性で、癌となったウェイドを支えようと一生懸命。健気にウェイドにつくす女性なんですが、元娼婦。
ウェイドと出会った時の彼女、ちょっと引く…。 イメージ 7

人をミュータント化させ、悪組織に売りつける組織のバカものアジャックス(エド・スクレイン)。
自身もミュータント化していて痛みを感じない。
ウェイドをミュータント化させた張本人。

 イメージ 8







アジャックスの片腕のエンジェル(ジーナ・カラーノ)。
彼女もミュータント化しており超怪力。
実際格闘家の彼女、さまざまなアクション映画に出演してます。
今回、まさかのポロリが…あるか?(誰得?)
 
イメージ 9X-MENからのスカウトにくるコロッサス。
X-MEN」シリーズでも数本出演していますが、今作ではフルCGで常にカチンコチン。
清き正しい思想と行動でデップ―を勧誘するが、デップ―はそれがイヤ!
 
X-MENからもう一人。
ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド(ブリアナ・ヒルデブランド)。
長い名前ですよね?(笑)
X-MENではまだルーキーなので、コロッサスと行動を共にしています。
女子ですよ。坊主だけど。
デップ―、彼女のタンクトップ姿に一言。これ最高!
 
原作者スタン・リーの登場シーン…DJお爺ちゃん。
 
イメージ 11へー、変わったヒーローなんだね。
観ようかな?
と思ったあなたちょっと確認します。
グロイの平気ですか?
というのは、ミュータント化されてデップ―となったウェイド、不死身なので、弾丸よく当たります。
当然死なず、「Ouch!」とか言うくらいですね。


イメージ 10
デップ―も容赦しませんよ。
弾丸が脳天を撃ち抜く!
刀で首をはねる!
自分の、ててて手首を…
 ひゃあああああ―――!
おっと、下ネタも多いぞ。
 
思った以上にB級だった。
海外で大ヒットみたいだけど、「アベンジャーズ」とかの王道ヒーローが当たり前の昨今なので天邪鬼なヒーローがウケた?
みんなひねくれてんだな。(笑)
 イメージ 12
まさか、ラストバトルで、
デイヴィッド・フォスター作シカゴの
You,re The Inspiration」が!
学生時代からの大好きな曲が、まさかここで!
泣けたぁー!いろんな意味で泣けたぁ―!
 
マーベル映画にはおなじみの「エンドロールの後」ですが、一応あります。
ただそれもデップ―のお喋りのネタにされてますけどね。
 イメージ 13
続編決まったのかな?
人気が出たからといって、王道なヒーローにならず、いつまでも「なんだコイツ?」
と言われるような存在であれ!
このまま突っ走れ!デップ―!

デップーのセリフは映画ファンがニヤリとするセリフばかり。
彼のセリフでいちいち笑えた人
     ぜひ一緒に一杯呑みたいものです!


閉じる コメント(16)

これがデッドプールですか!
謎が多くて見てみたい作品の1つです(^^ゞ

まさかX-MEN関係だとは思いませんでしたね〜。

続編?
マーベルならやりそうですね。

2016/6/18(土) 午後 3:36 the_brave_of_legend 返信する

★t_b_o_l★さん→
何にも知らずにスーパーヒーローものだと思って鑑賞した人、ビックリしたでしょうね。
今はどんな作品でも「ヒットしたら続編」は定番です!

2016/6/18(土) 午後 5:12 どらごんづ★ 返信する

顔アイコン

一杯飲もう!!! w

映画好きを楽しませる作品でしたよね。
カメラ目線と言うのも親しみ感じました。
続編は、ドルフラングレン出して欲しいものです(出ない気はしている)

TBお願いします m(_ _)m

2016/6/18(土) 午後 6:16 [ ロゼ ] 返信する

アバター

『ウルヴァリン/X-MEN ZERO』のデップーがあまりにも可哀想だったので、今作がヒットして本当に良かったね!って気分になってます。
しかし、ライアン・レイノルズ持ち込み企画って、こんなキャラだったのか〜と意外でした。
もう、グリーンランタンにはならないんでしょうね( ̄∀ ̄*)イヒッ
TBさせてくださいね。

2016/6/18(土) 午後 8:02 木蓮 返信する

顔アイコン

ジーナ・カラーノが・・どんどんぶさい・・いやいやたくましくなっているなー
これ字幕と吹き替え、どちらがいいんでしょうか?

2016/6/18(土) 午後 10:56 [ fay*a*s200* ] 返信する

ロゼさん→
「観客に話しかける」のはデップ―の特権ですね。
マニアうけにしかわからない話をするのも、客に媚びない感じで開き直ってて「さすがデップ―!」でした。
ドルフラングレンか。ヒーロー映画の悪役で出てもよさそうだ。
ロゼさんとなら地雷映画話で、より一杯が美味しくなりそうですね!

TBアリガトです。

2016/6/19(日) 午前 9:15 どらごんづ★ 返信する

もくれんさん→
「…ZERO」の時のデップ―の立ち位置がよくわからなかったのですが、このキャラをあんなんにされたらファンはさぞかしガッカリでしたでしょう。
レイノルズ、マーベルヒーローになっちゃいましたしね。グリーンランタンはリブート決まっているので、あれは黒歴史になっちゃったね。

TBアリガトです。

2016/6/19(日) 午前 9:17 どらごんづ★ 返信する

fayさん→
どんどんぶさい…いやたくましくなってましたよー。
吹き替えはタレントさん使っている話は聞かないので、どちらでも良いんじゃないですか?

2016/6/19(日) 午前 9:19 どらごんづ★ 返信する

アバター

あまり興味なかったけど“X-MEN”のキーワードで俄然観たくなった!

ただ、↑ウルヴァリン〜のデップー!?
すでに記憶ない💦
(どらちゃん。背景淡い色に白文字読めないっす💦ケータイだと色変わるのかな?)

2016/6/22(水) 午前 1:25 ちゃーちゃん♪ 返信する

ちゃーちゃん→
「X-MEN」好きだっけ?
過去のデップ―は気持ち悪いよ。ご注意を!
ワタクシのブログはスマホだと白くなっちゃうので、スマホのパソコンモードかパソコンでお願いします。

2016/6/22(水) 午後 8:09 どらごんづ★ 返信する

顔アイコン

呼んだ?と振り向く姿が妙に可愛いデップーです(笑)。
楽しいエッチをもう一度楽しみたいとの一途な思いで頑張るデップーです。
応援しているよ!
TBさせてください。

2016/6/29(水) 午後 10:36 [ あきりん ] 返信する

あきりんさん→
デップーのポスターやチラシはふざけているのが多くて可笑しい。
こんなんなのに血みどろのアクション。
続編はいつものデップ―でしょうけど、悪役も気になります。

TBアリガトです。

2016/6/30(木) 午後 10:56 どらごんづ★ 返信する

是非一緒に飲みたいものですね(笑)
ここまでヒットしたのは製作側も予想外でしょうから、次回作で製作費がUPしてもこういう内容でやれるのか気になりますね^^;

TBお返ししますね。

2016/11/19(土) 午前 5:51 れじみ 返信する

れじみさん→
今作は呑みながら鑑賞できる作品ですよね。
あ〜それ考えられる。より多くの人に観てもらうために、過激描写がまろやかに。
逆に単なる残虐なのもイヤだけど。(ワガママ)

TBお返しアリガトです。

2016/11/19(土) 午後 10:40 どらごんづ★ 返信する

顔アイコン

ライアンの声が軽いから、デップーのキャラと合っていて良かったですね
彼女も滅茶いかしてたv

2016/12/30(金) 午後 10:36 [ fay*a*s200* ] 返信する

fayさん→
なんとなくコケるイメージのライアンもヒット作が生まれて良かった良かった。
彼女は最初「調子のってんな」と思いましたが、一途でええ人で良かったですよね。

2016/12/30(金) 午後 10:54 どらごんづ★ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事