どらごんづ★MOVIE'z

Yahoo! からFC2へ。よかったらお出で下さい。

全体表示

[ リスト ]

1930年代のフランスはパリ。父(ジュード・ロウ)を火事で失ったヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、駅の時計台に隠れ住み、駅の時計のネジを巻いて毎日を過ごしていた。独りぼっちになった彼の唯一の友だちは、父が遺した壊れたままの“機械人形”。その秘密を探るうちに、機械人形の修理に必要な“ハート型の鍵”を持った少女イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)と、過去の夢を捨ててしまった老人ジョルジュ(ベン・キングズレー)に出逢う。やがてヒューゴは、それぞれの人生と世界の運命をも変えてしまうほどの秘密のメッセージが機械人形に隠されていると信じている…。
●監督 マーティン・スコセッシ
 
イメージ 1
マーティン・スコセッシ監督は、本当に映画という産物を素晴らしく思い、きっとその仕事をしていることを誇りに思っているのでしょう。
映画に対するそんな愛情が伝わる作品でした。
イメージ 8
 
 
ボクも映画そのものに敬意を表していますので、この作品は感動というか…
「映画が好きで良かった」という気持ちを思い起こさせてくれた作品です。
父親役にクラシックな作品が似合うジュード・ロウ。
 
イメージ 9
今作は、世界初の職業映画監督であり“映像の魔術師”ジョルジュ・メリエスの物語でもあるのです。
 
劇中で幾度と無く上映される「月世界旅行」と「ラ・シオタ駅への列車の到着」ですが、ボクは映画の専門学校時代、この2作品フルで観たことがあります。
懐かしかったです。(何か当時の人みたい…)
 
メリエスが映画撮影をしている時のカメラ。当時は手動で撮影していたのです。レバーをくるくると。イメージ 10
「早くなったり遅くなったりしないようにするのがカメラマンの腕」ということも授業で習った覚えがあります。
 
最近、自分の映画歴をふり返ったこともあり…
もう、どんだけボクの心に突き刺さるんだい!
 
 
↓ベン・キングズレーのジョルジュ・メリエス(似てるっ!)
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
←ジョルジュ・メリエス
  (本物)
 
 
 
 
 
 
 
 
一番ビックリしたのは、ファンタジー要素満載のファンタジー映画かと思いきや、ファンタジー映画じゃなかったことです。Σ
空を飛んだり、人形や動物がしゃべり出したり、妖精やクリーチャー…。そんなのありゃしません。
手品、光の波、修理中の機械人形、そして魔術そのものだった活動写真。
すべて夢のような物事だが、すべて現実のものです。
イメージ 11夢を忘れない少年ヒューゴの目から観れば、それらはすべてファンタジーなのでしょう。
人の波も子供目線で見れば、時には恐怖だったりもします。
列車事故が実際にあったのにはビックリしました。(パンフに掲載)
 
          クセ者、クリストファー・リー!
          今作ではクセなし。    →
 
 
イメージ 12マーティン・スコセッシが手がけた初めての3D作品。題材が素晴らしすぎます。
過去、文句出まくってきていた3Dですが、随分良くなりましたね。
全編に映し出されるホコリや雪。
メリエスや鉄道公安員の1人でのアップのシーンなんか、後ずさりしたくなるほど目の前にいる感じでした。
 
←ヒューゴの天敵。鉄道公安員!
 
イメージ 2
イザベル役のモレッツちゃん。映画を初めて観て興奮する姿の可愛いこと。背伸びましたね。
「パパ・ジョルジュ!」え?何て?何か妙な言い方した?「ママ・ジャンヌ!」え?また?何でこんな言い方してるんだ?
ああ、そうか実の親は…。なので彼女はヒューゴを放っておけなかったのでしょうね。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
ヒューゴとイザベルが鑑賞していた作品は、三大喜劇王ハロルド・ロイドの「要新無用」(1923年)です。
この時計台のシーンを観てピーン!ときた方いるのでは?
このシーンのオマージュとして2本の有名な作品があります。
まずは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
時計台に雷が落下する直前、ドクが針にぶら下がりますね。
 
もう1つは…イメージ 4
そうジャッキー・チェンの「プロジェクトA」です。
それを思うと、特にジャッキー。体をはったコメディアクションに魂を込こめる!命をかける!
ホント映画愛溢れた方だと思います。
 
ヒューゴの冒険は現実的な物語でした。
それも近場をぐるぐると。
少年冒険ファンタジー作品を期待した人は、ガッカリだったのでしょうか?
 
でも劇場で「活動写真」=「映画」を鑑賞するボクたちの時間と空間。
それこそがファンタジーなのかも知れませんね。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
機械人形の大きさが微妙なサイズで何か気持ち悪かった。
ヒューゴ、ノートは返してもらったかい?

閉じる コメント(16)

アバター

あ、ほんとだ!ノートのこと忘れてた!
でも機械人形直ったし、ってか直ってまた壊れたけど( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
ファンタジーとは違ったけど、映画好きならこの映画を見て楽しくならないはずないですよね。
なんだか、映画好きの自分がちょっと誇らしくなるような作品でした!
TBさせてくださいね。

2012/3/9(金) 午後 10:00 木蓮

もう観られましたか!羨ましいですね〜。
自分も観たいんですが、多分劇場鑑賞は無理そうです・・・(泣)

どらごんづさんの言う通り、映画を観ている時間こそファンタジーなのかもしれませんね♪

2012/3/9(金) 午後 10:13 the_brave_of_legend

顔アイコン

もくれんさん→
ボクはしっかり「いつ返すんだろ」と思いながら鑑賞してました(笑)
映画の歴史ということに触れたことのある方は、ギュっと気持ちをつかまれることでしょう。

2012/3/10(土) 午前 7:47 どらごんづ★

顔アイコン

★t_b_o_l★さん→
今作鑑賞前に、記事の「月〜」「駅〜」を、ちょこっと観られれば、いい作品になると思います。
ファンタジーは気持ち次第なのかな?とも思いました。

2012/3/10(土) 午前 7:51 どらごんづ★

同じ作品を観てても、感じ方がこんなにも違う事に感動しています。
だから、そこが映画の素晴らしい所以なんでしょうね。
「ヒューゴ」そのものより、記事・感想そのもに感動です。
勿論、ポチ☆100です。

実在の人物(ジョルジュ)だったんですね。知りませんでした。
勝手に冒険ファンタジーと勘違いしてたので×でした。
時計台のシーンも「バック・・・」のパクリじゃんくらいにしか思わず懐の小ささに反省。
勉強になりました。だから映画って映画を愛している人って素晴らしい。

2012/3/10(土) 午後 3:37 [ アグネス・ラムラム ]

「映画を観賞する時間と空間」。それこそがファンタジーなんですよね。
どらごんづ★さんのお言葉を聞いて(読んで)、なんだかやたらと幸せな気分になりました。
映画って「ファンタスティック」なものだし、そのファンタスティックを楽しんでる時間は、まさにファンタジック!
映画の歴史はあまり詳しくないんだけど、それでもこの映画の(ファンタジー」は肌で感じられそうな気がします。
観賞する日が楽しみな映画です☆

2012/3/10(土) 午後 3:46 -

映像の美しさもさることながら、映画愛に溢れていた作品だったと思います。最後はみんながハッピーエンドでしたし、気持ちよかったです。

2012/3/10(土) 午後 8:54 ken

顔アイコン

アグネス・ラムラムさん→
なんか誉めて頂いてありがとうございますm(_ _)m
DVDリリース後、再観してみたら違った印象になるかもしれませんね。
でも、鑑賞の感想は「面白かった」「つまらなかった」それ基本だと思うので、素直な感想は大事だと思います。
実はボクも、世間で高評価な感動作品が「全然ダメ!」だった作品あるんですよ。

2012/3/11(日) 午後 9:19 どらごんづ★

顔アイコン

やまねんさん→
まだ未鑑賞なんですね。
ジョルジュ・メリエスのことを少し調べて鑑賞したら良いかも。
やまねんさんの深読みがどこまで潜っちゃうか楽しみですね(笑)

2012/3/11(日) 午後 9:22 どらごんづ★

顔アイコン

Kenさん→
「みんながハッピーエンド」は最近珍しい気がします。
それだけひねりすぎる作品が多いって事かな?
映画愛バンザーイ!ですね。

2012/3/11(日) 午後 9:24 どらごんづ★

映画創成期のこと何の知識もなく・・・
もっと楽しめたかもしれないと思うと自分の無知が残念ですが
ヒューゴの子供なのに人目を盗む暮らしを余儀なくされている孤独に切なくなり
最後にいい服を着て、幸せそうに笑っていた姿によかったね〜!と胸が熱くなりました

こちらもTBお願いします♪(゚▽^*)ノ⌒☆

2012/4/3(火) 午後 10:08 リリィ

顔アイコン

リリィさん→
メリエスや映画史など知らなくても、リリィさんのように充分感動できる作品だと思います。
観賞後、メリエスの人生など紐解き、また観たくなる。
そんな作品だと思います。

TBアリガトです。

2012/4/3(火) 午後 10:41 どらごんづ★

ジョルジュ・メリエスを知ってれば、余計楽しめるんでしょうね♪
彼の事を全く知らなかった僕でも、スコセッシの彼に対する愛情はひしひしと伝わりました^^
あ、「プロジェクトA」は思い浮かびました!!
やっぱりオマージュだったんですね♪
確かにノートはどうなったんでしょう?
すっかり忘れてました^^;笑

TBお願いします♪

2012/4/5(木) 午前 6:32 れじみ

顔アイコン

れじみさん→
メリエスが出る作品だとは思っていなくて、鑑賞しつつ「え?メリエスって、あのメリエス…?」と驚きました。
こんな喜劇のシーンのオマージュに、マジで命をかけたジャッキーに改めて脱帽しました。
ヒューゴにとって、もうノートは必要ないのかな?

TBアリガトです。

2012/4/5(木) 午前 7:08 どらごんづ★

顔アイコン

実は私って観る前は“冒険もの”だと勘違い!?

実際はほとんどが駅構内の出来事でしたよね・・・

でも、“心の冒険”というか、そんなワクワク感がいっぱいの作品でした!

お返しTBとぽち凸

2012/4/6(金) 午後 4:44 ちゃーちゃん♪

顔アイコン

ちゃーちゃん→
ボクもそうですよ。ファンタジー・アドベンチャー作品だと思っていました。
イイ表現出ましたね〜“心の冒険”!まさにそれ!

TBアリガトです。

2012/4/6(金) 午後 6:57 どらごんづ★

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事