どらごんづ★MOVIE'z

FC2へ引っ越しました!慣れてきました。

全体表示

[ リスト ]

逃亡者(1993年)

シカゴの著名な外科医リチャード・キンブル博士(ハリソン・フォード)は、富と名声に恵まれた順風満帆の人生を送っていた。ある夜緊急手術を終えて帰宅してみると、家から見知らぬ片腕の男が飛び出して行き、中では妻ヘレン(セーラ・ウォード)が倒れていた。虫の息の彼女はキンブルの腕の中で息絶えた。キンブルは妻殺しの容疑で逮捕され起訴された。片腕の男を見たというキンブルの主張も空しく、次々と不利な状況証拠を突きつけられたこともあって死刑判決が下った。州立刑務所へ身柄を移送される途中護送車が列車と衝突する事故が起き、かろうじて助かったキンブルはその場から脱出した。こうして身の潔白を証明するために片腕の男を探し求めるキンブルの逃走の旅が始まった…。
●監督 アンドリュー・デイビス
 
イメージ 1
60年代のTVシリーズの映画化です。
TVシリーズではなんと4年にわたって放送。こちらは長い長い逃亡生活がメインでしょう。
映画版では、いきなり「シリーズ化」ということは滅多にないわけで、どうしても2時間弱にしなければならないのです。
なので今作は逃亡生活でなく、「犯人は誰か?一体何故?」ということを一刻も早く解き明かす展開となります。
 
アクション映画、サスペンス映画によるある設定の
「無実の男が警察から逃れながら真犯人をさがす」
という話の元祖はこのTVシリーズだそうです。
 
 
 
 
イメージ 2 
キンブルを追いつめるジェラード連邦保安官、演じるのはトミー・リー・ジョーンズ。
地形やキンブルの現在の状況から歩くスピードを計算し、検問所の場所まで指示する。
そうとう出来る捜査官ですよね。
あまりのハマリ役にスピンオフができるほど。(それは後日)
「連邦保安官」(USマーシャル)ですが、この職務は日本には無いのです。
どういう仕事かというと「犯罪に関わるヒト・モノを確保・保持する」ことだそうです。
イメージ 4事件を捜査したりもしないし、モノを確保することが任務であれば、モノを持っていた人がモノを捨てて逃げても人は捕まえず、モノを確保する。こんなんだそうです。
なので今作のジェラード捜査官は、キンブルを確保することが最重要任務なので、それが執念深く感じたり執拗なまでの追跡に見えちゃうんです。
 
 
 
 
イメージ 3 
最初のキンブル先生は“ひげもじゃ”なのですが、過剰気味な“ひげもじゃ”です。
ここで変装と言ったらヒゲを剃る。当然です。     →
ダムでジェラードと顔を合わせたのに、その後の新聞の手配写真は“ひげもじゃ”のまま。
警察、マスコミと情報交換したら?しないの?職務が違うから?
 
イメージ 5
 
 
 
シカゴに戻ってきたキンブルは、こそこそせずに堂々とあっち行き、こっち行き。気付かれないもんだね。
「胸が苦しい」という少年に的確な処置を施すシーンの病院のシーンにジュリアン・ムーアが出ています。そのシーンくらいだけですが。
 
 
 
イメージ 6クライマックスの屋上で、走ったら息がきれそうな医師同士による殴り合いバトル!
動きがお互い鈍いので、あまりハラハラしません。
こういう場合、拳でカタをつけるのでなく「頭を使ってうまくハメる」みたいにした方がよいと思うが?
 
 
 
 
90年代のサスペンス・アクションの犯人てのは身近な人だったりします。
そうは言っても、この時代の有名な作品ですから、充分観応えがあるかと思います。
なんたってハリソン・フォードとトミー・リー・ジョーンズですからね。
2人の代表作の1本にもなっているでしょう。
でもトミー・リー・ジョーンズの勝ちかな。アカデミー助演男優賞受賞ですもん。
 
ハリソンの緑の帽子姿。似合わないにもほどがある。

閉じる コメント(8)

アバター

トミーリーの個性的な役どころがカッコ良かったですよね。
さりげにダンディだし( v ̄▽ ̄)
変なCMをやってるだけじゃないんだぞ〜みたいな(^_^;)
『MIB』も楽しみですね♪

2012/4/7(土) 午前 8:57 木蓮 返信する

顔アイコン

もくれんさん→
トミーリーはガンコオヤジ顔なのにユーモアがありますね。
「MIB」とBOSSのCM効果かな?
「MIB 3」は子供と行く予定です。

2012/4/7(土) 午前 9:59 どらごんづ★ 返信する

この映画は何度見てしまいます。
トミー・リー・ジョーンズの顔が怖いのでしびれます。

2012/4/8(日) 午後 10:03 アスカ 返信する

顔アイコン

アスカさん→
年に1度はTVで放送している気がします。
ハリソン主演なのに、話題になるのはトミーリーばっかりなんですよね。どうしてかな?やっぱ怖い顔?(笑)

2012/4/8(日) 午後 11:03 どらごんづ★ 返信する

子供の頃に何度も観ましたが、面白かったです♪
今観たらどういう感想になるかなぁ…。
トミー・リー・ジョーンズ、これでオスカーをゲットしてるんですね(◎о◎)
知らなかった^^;
久々に観たくなりました♪

2012/4/9(月) 午後 1:09 れじみ 返信する

顔アイコン

れじみさん→
最近再観しましたが、結構突っ込み所が多かったです。
ハリソンの正義感ぶりはいつもの通りですが、やはりトミーリーの的確な捜査ぶりがしびれました!

2012/4/9(月) 午後 8:30 どらごんづ★ 返信する

顔アイコン

トミー・リー・ジョーンズがいっきにブレイクした作品ですよね。もともと出演作や評価も高かったですけど。元々の悪人面が、信念のある男!が掘り下げられて実に良かったです。
前年はセガールとナイフで戦ってたのも良かったですけど(笑)
TBよろしくお願いします<(_ _)>

2016/3/12(土) 午後 7:00 ryane 返信する

ライアンさん→
トミー・リーの人気は、やっぱりビジュアルが役にピッタリハマったのが大きいでしょうね。
前年のテロ役も良いんですが、ロックバンドの役としてはちっとムリがあった…ような。

TBアリガトです。

2016/3/13(日) 午後 9:06 どらごんづ★ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事