どらごんづ★MOVIE'z

Yahoo! からFC2へ。よかったらお出で下さい。

全体表示

[ リスト ]

インドのスラム街に生まれ育ったジャマール(デーヴ・パテル)は、人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演していた。司会者であるプレーム(アニル・カプール)の挑発にも反応しないで、難解な問題の数々に冷静な対応するジャマールは、とうとう最後の1問というところにまでたどりついた。正解すれば、賞金は2000万ルピー。18歳のジャマールにとって、一生かかっても手にできない大金である。 危機を感じたプレームは、1日目の収録が終わったところで警察に通報してジャマールを拘束させた。拷問を受けるジャマールは、これまで過ごしてきた人生を告白する。彼と兄のサリームは、幼い頃に母を亡くして孤児となった。そんな二人が出逢ったのは、孤児の少女ラティカだった。彼らは自分たちを「三銃士」に見立てて、過酷な現実を生き抜いていくのだが…。
●監督…ダニー・ボイル
 
イメージ 1
2008年アカデミー賞作品賞受賞作品。
日本でもこんなTV番組ありましたね。
でもボクはまともに見たことないです。あの…その…司会者の方が、あまり…ちょっと。んんん。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
ジャマールの子供時代のスラムの世界に圧倒されました。
ボクもフィリピンに行った時、車の窓越しではありましたがスラムを見ました。ストリートチルドレンも見ました。
「お金ちょーだい」の子供も寄って来たを思い出しました。
インドという国は、最近になってようやく国際社会で重要なポジションとなってきていますが、国際社会とは縁のない貧しい所、まさにスラムでは世界に合わせる事なんて、何の役にも立ちません。
イメージ 3「生きる」ということだけで良いのかもしれません。
こんな所にいたら、「優しさ」ということは学べないと思いました。
それほど厳しい世界…。ホント画面から臭ってきそうでした。
人間のそんな“生きる”姿が力強く感じます。
 
ボクの先輩や、従兄弟がインドに行っていろいろ話を聞いていたので、ある程度はイメージしていましたが、映像で観せられたら、予想以上に衝撃が強かった。
参りました…。
 イメージ 4
金を稼ぐために、赤子も盗み、目玉を潰す大人に孤児として拾われた兄サリームと弟ジャマール。
ある出来事から、一緒に孤児として拾われた少女ラティカとはなれ離れになり、運命は大きく動きます。
インドでは実際、お金を稼ぐために手や足、目を潰すことが珍しくないそうです。
(ホント考えられない世界だ…)
その後の兄サリームは悪の道へ。弟ジャマールはラティカのことを忘れられず、幾度となく彼女を探しますが…。
 
前半の子供時代の演出に唸ったのですが、中盤からは意外と突っ込みが増えてきた。
イメージ 5クイズの答えがジャマールの人生の1ページ、1ページ。
設定や演出に心打たれもしましたが、ちょーっと都合良すぎないかな。
 
原作とはかなり違っているようです。
もし読まれる方がいたら、別物と思った方が良いかもしれませんね。
いつ英語を話せるようになったんでしょうね。原作だとそのへんちゃんと書かれているようです。
 
 
前半の子供時代を見ると、兄サリームの人生は責められないものだと思いますが。↑
 
イメージ 6
“運命”を信じてジャマールは、「クイズ$ミリオネア」の問題に挑みます。
答えのわからない問題の降ってわいたある答えとは…?
“運命”て偶然?必然?
ボクは“努力”と“執念”のように感じました。
この映画に限ってですけどね。
 
 
 
 
 
イメージ 7エンドクレジットのインド映画っぷり。
余韻に浸っているところに押し寄せる音楽とダンス!
ボクの脳内がいろんな意味で
 ガチガチャするぅぅぅう〜!
 
 
クイズがあんまり難しくなかったね。

閉じる コメント(6)

当時劇場で観ました♪
なかなか見事な構成で、見応えのある作品だなぁと思いました^^
ラティカ役のフリーダ・ピントはこの作品で初めて知って、それ以来好きな女優さんになりました♪

2012/5/19(土) 午前 9:33 れじみ

顔アイコン

れじみさん→
これ劇場で観たら、自分打ちのめされそうな気がします。
ただ前半の物語があまりに衝撃があったので、後半たくましくなったらそんなでもなくなるのはちょいと残念でした。
まぁ仕方ないですけど。
あんな生活してたら強くなりますよね。

2012/5/19(土) 午後 8:45 どらごんづ★

アバター

映画自体まさにインドで、混沌とエネルギッシュさが感じられましたね。
私はなかなか面白くみました!
TBさせてくださいね。

2012/5/20(日) 午前 11:06 木蓮

顔アイコン

もくれんさん→
フィリピンのスラムを直接見たせいか、前半のスラムでのシーンは、映像+αで突き刺さるものがありました。
作品全体がエネルギッシュに感じたのは、やはりインドが舞台だからでしょうか。
これから更にきますねインド映画。

TBアリガトです。

2012/5/20(日) 午後 3:51 どらごんづ★

これは劇場で観ましたが、なかなか面白かった記憶がありますね!
もちろん、アカデミー賞作品でミリオ○アみたいなものも気になったところですが、
やっぱ最後の音楽とダンスが圧巻でしたね〜☆

2012/5/21(月) 午後 0:58 the_brave_of_legend

顔アイコン

★t_b_o_l★さん→
インドの世界に衝撃を受け、しっとりと作品が終わろうとした矢先にラストのハデハデダンス!
ビックリというかあっけにとられてしまいました。ホント圧巻…。

2012/5/21(月) 午後 5:39 どらごんづ★

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事