全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

21世紀の現代音楽に於ける管楽器奏法の鍵は循環呼吸とマルチフォニックスなんだそうです。

この2つを練習することでアンブシャの柔軟化、表現力の向上、倍音の活性化等々普段の演奏にも良い影響が出てきます。

開く コメント(0)

模倣と個性

音楽はおおよそは模倣から始まります。

いきなり個性も求めても余程の運と才能が無ければ陳腐な物になってしまう訳です。

良い音楽は模倣される物です。
らしさの中から新たな個性や名曲が生まれて来る物と思います。

開く コメント(0)

クリニック&ライヴ

11月9日(金)
Bill Watrous Jazzトロンボーン クリニック&ライヴ
Open 18:00 Start 18:30
(クリニック 18:30〜 ライヴ 20:30〜)
新大久保DAC地下1階スペースDo
前売り¥3,000 当日 ¥3,500
電話 03-3361-2211

11月13日(火)
エドガー・マニャック 公開クリニック & ミニコンサート
開場 18:30 開園19:00
新大久保DAC地下1階スペースDo
前売り¥2,000 当日 ¥2,500
電話 03-3361-2211

*ベルリン放送交響楽団首席トロンボーン奏者 元スローカートロンボーン4重奏団メンバー

開く コメント(0)

吸気のストレス

やはり頑張って息を吸いすぎる人が多いですね。
緊張したりすると特にです。

緊張したときこそ意識的にストレスなくリラックスして吸気することが重要です。

開く コメント(0)

あくびをする時のように息を吸いなさいとよく言われます。

どういう状態なのかを良く観察してみましょう!
声門など喉の付近状態は?
空気はどのように流れているのか?
吸っていますか?
無理な力は係ってますか?
それと同じ状態で高めの音を吹くとどうでしょうか?

良く観察すると色んな事が見えてきます。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事