懐かし探求の旅日記

良い年になりますように・・・。

全体表示

[ リスト ]


イメージ 2

永井豪の人気漫画「デビルマン」の新作アニメが、今年の秋にイベントにて上映されるとヤフーニュースに出ていた。

とはいえ、僕はオリジナルのデビルマンの世代ではない。江川達也の漫画がきっかけで、あらすじ・結末を知り、「ああ、リアルタイムで読まなくて良かった・・・」と思ったものだった。

よってデビルマンの新作アニメも無縁・・・・・でもなかったりする。

そう、この『CBキャラ 永井豪ワールド』というOVAシリーズ

当時のSDガンダムブームに便乗?し、デビルマン、マジンガーZといったキャラクターをSD化(ただしこのアニメではCB(チビ??)と称していた)したアニメーションで、1990年〜1991年にVHSとして販売・レンタルされていた。

そういえばマジンガーZもスーファミのバトルドッジボールでSD化されてたし、ガチャガチャでもこのシリーズが出ていたみたい。

ありとあらゆるキャラクターがSD化されたのがあの時代だった。


イメージ 3

内容の方はというと、ある朝目覚めた主人公の不動明は自分が二頭身のCBキャラになっていることに気づき、元の体を取り戻すため、同じくCB化されてしまった美樹たちと謎を解く旅に出る・・・・といったところ。

原作が原作なだけに、ほかのSD作品に比べ、ややエグイ描写があったのが特徴か。
ジンメンの肉を食べちゃったり、シレーヌの一糸まとわぬ姿だったり、デビルマンが真っ二つになったりするシーンはギョッとする人もいるかも。

SDガンダムのアニメ同様、ギャグのセンスは秀逸。オープニング曲もアニメーションの演出含めカッコイイ!

デビルマンとマジンガーZのキャラの共演は、その世代の人にとっては夢の共演ということになるのだろう。
僕にとってのあの悟空とアラレちゃんの共演のように。

ガンダムから始まったSDブームだったが、こういったほかキャラの作品も全然違和感なく楽しめたように思う。
そもそもガンダム自体も世代ではなかったしね。ほんとこのSD化で色々なキャラクターが蘇ったのだった。

イメージ 1

このキャラクターはビックリマンのキャラと混同しそうになるww


閉じる コメント(2)

顔アイコン

永井豪さんは能登輪島の出身で、ミュージアムに行った事があるんですが、マジンガーZとデビルマンの展示がメインでした。
個人的には、オモライくんっていう強烈な漫画が印象に残ってます。
キューティーハニーのイメージも強いです。

2015/7/21(火) 午後 10:02 [ sat*ky*20*6 ]

顔アイコン

永井豪は石川県出身だったんですね。デビルマンにしろ、キューティーハニーにしろ(オモライくんも??)、強烈な作品が多いですよね。オモライくんもちょっとエログロの要素があったりするのでしょうかw

2015/8/1(土) 午後 8:37 くにおくん


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事