懐かし探求の旅日記

良い年になりますように・・・。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全124ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

「NHKみんなのうた」より 
しあわせのうた 榊原郁恵
放送期間:1984年10月-1984年11月

東に住む人はしあわせ〜♪

榊原郁恵が歌っていたんだよな。当時はそんなこと意識はしてなかったが、北風小僧の寒太郎(堺正章)とか赤鬼と青鬼のタンゴ(尾藤イサオ)とか有名人が結構歌っていたのよね。

夏のお嬢さん(アイスクリーム、ユースクリーム♪)もいいけれど、リアルタイムで聞いていたこの歌に思い入れはあるなあ。

そうそうこの原始人のアニメーション、途中裸になるのは謎だがw、絵と歌で印象付けされていつまでも覚えている。北風小僧では寒太郎が寒空をぴゅ〜〜と飛ぶ姿が、赤鬼と青鬼のタンゴでは赤鬼と青鬼が腕を組んで踊る姿がすぐに浮かんでくる。いつまで経っても忘れることはないんだろうなきっと。

ちなみにみんなのうたでは4番までの歌詞だったのだが、実際は5番まで歌詞があるのだそう。↓

生きてることはしあわせ
悲しいときもあるけれど
未来をいつも夢見ることができるから

少し大人びた歌詞になるから、みんなのうたでは載せなかったのかしら。

たまたま今日見た映画はこの歌に少し重なる部分があるようにも思えた。
過去の恋を引きずる年老いた男、「お前は今ある幸せの価値に気づいてない」という台詞、いつまでもあの頃はよかったとか、やり直したいとか思ってちゃあ駄目なんだ。切り替えて今を生きるしかないんだよ。考えてたって過去は変わらない。今を大事に前を見て生きる。


.・・・・このブログ、真逆を行ってま〜すww


ささ、この歌の作曲は高井達雄氏が担当。あの鉄腕アトムの曲も作曲した著名な音楽家なのだとか。

そういやどこか感じが・・・・・・・似てないわ!!



開く コメント(5)

イメージ 1

待ちに待ったゴエモンのサントラボックスが昨日届きました〜〜♪

ゴエモンシリーズ30周年を迎え、満を持してのサントラ発売。何度今までアマゾンとかで情報が出てこないかチェックしていたことかw

個人的には天下の財宝(ファミコン版RPG2作目)とゆき姫救出絵巻(SFC版)がたっぷりと聞けるのがむちゃくちゃ嬉しい!!

ゆき姫〜のタイトルデモ曲聞いただけで、グラフィックに感動した当時の感覚がよみがえってくる。グラフィックもサウンドも、もちろんゲーム内容も最高だったな・・・。天下の財宝も手抜きのないコナミ印の良作RPGでさぁ、エビス丸の服の色が白だったこと以外はほんと満足だったよwああ、色々思い出してきた。

ブックレットの年表を見て、ゆき姫〜の方が天下の財宝よりも先に発売していたことに気付く。そういえばそうだったなあ。なぜゆえに天下の財宝はスーファミで出なかったのだろう・・・・・まあもう別にいいか、深く考えんでもww

名曲「黒豆くいねえ」(ゆき姫〜)ももちろん収録。捨て曲はないと断言したい。ほんとプロの仕事です。

この2作だけでも合計で150曲以上あるので、これからゆっくりと聞いていこうかな〜〜♪
発売もとのEGG MUSICには感謝感謝、ありがとうございました!!



開く コメント(2)

フルーツ村

イメージ 1

今の子供たちもお誕生日会を家で開いて、友達を呼んだりしているんだろうか。

僕が小学生当時、お誕生日会の定番飲料はこのフルーツ村だった。

バヤリースも出ていたけど、フルーツ村のほうがグレープフルーツなど種類も豊富だったためか、自身の誕生日会や友達の誕生日会でもよく出されていたように思う。

ネーミングもなんとなくいいよね。

ちなみにフルーツ村の村長は志村けんが務めているだそうです。

イメージ 2

「フルーツ村の村長に、志村けん」

なんとなく覚えているCMだw


開く コメント(0)

ワニワニパニック

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

東京商工リサーチによると、「ワニワニパニック」などのアミューズメント機器製造を手掛けるKHPが東京地裁から特別清算開始決定を受けた。現時点での負債総額は11億6165万円だが、大きく変動する可能性があるという。
 家庭用ゲーム機やスマートフォンゲームが台頭した影響を受け、アミューズメント機器事業が不振に陥っていたという。
 同社は「ホープ」として1952年創業。自動車製造を中心に事業を展開し、オート三輪「ホープスター」が人気となった。しかし、大手企業との競争が激化したため撤退し、74年3月からアミューズメント機器製造に切り替えた。
 1989年にはナムコ(当時)が開発したアミューズメント機器「ワニワニパニック」の製造を担当。アミューズメント施設運営にも事業を拡大し、98年2月期にはピークとなる売上高約31億円を計上していた。
 しかし、その後は伸び悩み、09年12月期には売上高が10億円を割り込んだ。過去の事業拡大の際に借り入れた資金の返済も資金繰りを圧迫し、16年12月には、株主総会の決議で解散して商号を「KHP」に変更。本社も移転していた。                    
2017年04月11日 ITmediaビジネスオンライン〜

ヤフーのリアルタイム検索でワニワニパニックが話題に上がっていたので何かと思っていたら、なんともショックなニュースだった。。

一体どうなってしまうのだろう。製造している会社が潰れたってことは、ワニワニパニックも製造できなくなってしまってやがては姿を消してしまうということなのだろうか・・・。

1989年稼動開始、今まで現役で稼動してたこと自体奇跡だったのかもしれないけど。まあ製造終了となったとしても、今ある筐体をメンテナンスしながらしばらくはやっていけるんだろうけど、やっぱり現役退いた感は否めないよな。完全なるレトロ筐体への仲間入り。ワニワニパニック自体もだけど、自分自身もなんか取り残されたように感じてしまうんだよねww 「食べちゃうぞ〜〜」「バクッッ!!」「ま、こんなもんでしょ」・・・そんな大昔のことじゃないんだけどな・・・・。なんか不思議な感じだよ。これぞ中年の危機なのかもしれない。


スイミングスクール帰り、デパートのゲームコーナーでよく遊んだなあ。


あんな力いっぱいに叩いてしまって申し訳なかった・・・・


開く コメント(0)

アセロラドリンク


イメージ 1

ニチレイのアセロラドリンク

先日放送のミラクルナイン(テレビ朝日)で、「このプロゴルファーの名前を答えろ」という昔をプレイバックするクイズがあって・・・・・

いや〜〜〜名前が出てこなかったww

80年代に活躍したこの女子プロゴルファー。お分かりになりますか??


イメージ 2

正解は・・・・・











岡本綾子さんでした。











クイズの解答者はトレンディエンジェルの斎藤さんだったのですが、見事正解!!
しかも「アセロラドリンク飲んでました♪」のコメントまで出る余裕

う〜む、やりおる。

そうそう、アセロラドリンクのCMやってたんだよね昔w
さすが世代が近いだけあるわ。今の10代20代にはさっぱりだと思うけどw


今でもなんか無性に体が欲するときがあるアセロラドリンク。

ジュースが飲みたい、でもお体には良くないんでしょう?コ○ラ飲むと骨が溶けるわよ!カ○ピス飲むと歯が溶けちゃうなどと親から散々脅されてきた世代wでもジュースが飲みたい!そんな時!!

ピルクル、飲むヨーグルト、このアセロラドリンクは体に良いから飲んでもオッケー!的な自分ルールを持っている人。僕だけじゃないと思います。


イメージ 3
                         1991年のアセロラドリンク缶画像
             
                  



開く コメント(2)

全124ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事