懐かし探求の旅日記

良い年になりますように・・・。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

森永 ピクニック

イメージ 1
 
最近、昼飯にパンを食べることが多い。
 
気分的なものなのか、年齢的なものなのか分からないが、ご飯ものを食べる気が起こらなくて、サンドイッチと菓子パン+飲み物でさっと済ませてしまうこともしばしば。
 
普通の弁当だけだと、飲み物を一緒に買わないこともあるのだが、パンの場合は飲み物がどうしても欲しくなる。
それも水やお茶ではなく、やはりコーヒーか紅茶が適している。
 
よく一緒に買うのがこのピクニックのカフェオレだ。
 
しかも僕がよく利用するスーパーは1本50円とかなりお手頃。
 
子供の頃はヨーグルト味が好きだったが、さすがにパンには合わないよね・・・・・。
 
 

開く コメント(8)

イメージ 1
 
このブログではあまり触れてはいませんが、実は結構なお笑い好きだったりします。
お笑い番組もよく見ていて、ロンドンハーツとアメトーークはほぼ欠かさず見ているし、最近ではルミネtheよしもとにお笑いライブを観に行ったりも・・・。
 
そんなある日、近所のコンビニでこのザキヤマのガチャガチャを発見!!
 
実力派の芸人だけに、こんなの出してるんだとちょっと意外にも思ったのですが、ロンハー好きとしてはこれは買わねばと、即200円(高くなったね・・・)を投入。
 
出たのがコレ。
 
イメージ 2
 
くるーーーーーっ!!
 
最近はあまりやらなくなったけど、ザキヤマ得意のパクリ、いやアレンジ芸です。
 
一発目でこれを出すとは、我ながらなかなかの引きの強さ。
 
調べてみると発売から1年以上経つらしく、他にも出川哲朗や江頭2:50バージョンとかが出てるみたい。
 
イメージ 3
 
う〜む、これは面白い。お笑い好きを自負するからにはもう何個か買ってみようと、日を改めてそのコンビニを訪れてみると・・・・・・・・なくなってる!!! 
 
どうやらタイミング悪く撤去されてしまったみたい。ショック!!
 
そこで諦めればいいものを、余計に気になってしまって、ガチャガチャならアキバだろうと、昨日秋葉原に探索に行ったのです。
 
これがなかなか見つからない。ガチャポン会館にもまんだらけにもなく、ようやく見つけたのもザキヤマ私服バージョンのちょっと地味なやつが倍以上の価格で売っていただけ・・・。
 
エガちゃんやダチョウ倶楽部バージョンだったら筐体があったんですけどね。
 
収穫もなく家路に着くと、地元の駅前のガストでふと立ち止まる。「・・・・・こういうところってガチャガチャ置いてたよな。」と外から店内を覗いてみると・・・・・・お、置いてる!!!
 
まさに灯台下暗し。地元に置いてあったとは・・・・(あぁ今までの無駄な時間。。)
 
ガストでガチャガチャだけやって帰るのも小心者なのでできず、晩飯ついでにパスタを食べて、4回ほどやってそそくさと帰ってきました。
 
一応、欲しかったセカンドバッグ芸ザキヤマ(あれ意外と好きだったんですよね^^)を入手できたのですが・・・・・
 
イメージ 4
 
何やってんだろ、俺・・・・・とふと我にかえる^^
 
そういや久しぶりだな、ガチャガチャに夢中になったのは・・・・(20年ぶりくらいかな)。
 
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

ケロッグのおまけ

イメージ 1
 
イメージ 2
 
ついでにケロッグのおまけについても。
 
記憶に残っているこの2つ。
 
牛乳(冷たいもの)に浸けると色の変わるスプーンと自転車につける反射板。
 
スプーンは深さがないのでやたら食いづらくすぐに使わなくなってしまったが、反射板のほうは自転車につけてる子が結構いました。テニスボールとともにね。
 

開く コメント(2)

イメージ 1
 
80年代後半のケロッグコーンフロストのCM。
 
あまり気付いてなかったけど、いつの間にやら名前がコーンフロスティに変わってますよね。
どちらかというとまだ「コーンフロスト買ってきて!」と言ってしまっているかも??どっちだろう・・・。
 
このCMは日曜日の朝に流れていたイメージが強いな。
 
CMのイメージも海、砂浜、オレンジジュース、コーンフレーク、牛乳といった爽やかな感じで、日曜の朝の雰囲気にあっていたと思う。
 
グーーーレイット!!!
 
 
イメージ 2
 

 

開く コメント(6)

ファイナルラップ

イメージ 1

ファイナルラップ ナムコ 5200円 1988年8月12日発売 ジャンル:レースゲーム

イメージ 2

最初に買った本格的レースゲームで、個人的には思い入れのあるファミコンソフト。

ナムコット特有のコンパクトなケースと、レーシングマシンが描かれたシンプルでお洒落なパッケージデザインがマッチしていて、子供心に何か好きだった。

F-ZEROのような爽快なスピード感、マリオカートのような遊び心があるわけでもない、オーソドックスなレーシングゲームだったが、今振り返ってみるとその燻し銀的渋さが妙に懐かしく、かっこよくも思えるのであった。



開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事