懐かし探求の旅日記

良い年になりますように・・・。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ワニワニパニック

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

東京商工リサーチによると、「ワニワニパニック」などのアミューズメント機器製造を手掛けるKHPが東京地裁から特別清算開始決定を受けた。現時点での負債総額は11億6165万円だが、大きく変動する可能性があるという。
 家庭用ゲーム機やスマートフォンゲームが台頭した影響を受け、アミューズメント機器事業が不振に陥っていたという。
 同社は「ホープ」として1952年創業。自動車製造を中心に事業を展開し、オート三輪「ホープスター」が人気となった。しかし、大手企業との競争が激化したため撤退し、74年3月からアミューズメント機器製造に切り替えた。
 1989年にはナムコ(当時)が開発したアミューズメント機器「ワニワニパニック」の製造を担当。アミューズメント施設運営にも事業を拡大し、98年2月期にはピークとなる売上高約31億円を計上していた。
 しかし、その後は伸び悩み、09年12月期には売上高が10億円を割り込んだ。過去の事業拡大の際に借り入れた資金の返済も資金繰りを圧迫し、16年12月には、株主総会の決議で解散して商号を「KHP」に変更。本社も移転していた。                    
2017年04月11日 ITmediaビジネスオンライン〜

ヤフーのリアルタイム検索でワニワニパニックが話題に上がっていたので何かと思っていたら、なんともショックなニュースだった。。

一体どうなってしまうのだろう。製造している会社が潰れたってことは、ワニワニパニックも製造できなくなってしまってやがては姿を消してしまうということなのだろうか・・・。

1989年稼動開始、今まで現役で稼動してたこと自体奇跡だったのかもしれないけど。まあ製造終了となったとしても、今ある筐体をメンテナンスしながらしばらくはやっていけるんだろうけど、やっぱり現役退いた感は否めないよな。完全なるレトロ筐体への仲間入り。ワニワニパニック自体もだけど、自分自身もなんか取り残されたように感じてしまうんだよねww 「食べちゃうぞ〜〜」「バクッッ!!」「ま、こんなもんでしょ」・・・そんな大昔のことじゃないんだけどな・・・・。なんか不思議な感じだよ。これぞ中年の危機なのかもしれない。


スイミングスクール帰り、デパートのゲームコーナーでよく遊んだなあ。


あんな力いっぱいに叩いてしまって申し訳なかった・・・・


開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事