東北の小さな農家

菌体肥料を使って簡単にできる直播き稲作に挑戦 !!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

これまでの米のセシウム調査で出た結論の一つに
サンプリンク調査では対処出来ない分布があるということでした。

「放射性セシウム濃度のばらつき」という
見にくいかもしれませんが画像左下の図をご覧ください。
左側自然乾燥の「5」のかたの分布が矢印のところにあります。
内訳が図の中頃に表記されています。

この方の米の分布は「検出せず〜250ベクレル」まであり
ほとんどが検出されない米です
でも200ベクレル以上のものもあったそうです
機械乾燥ても同じような事がおこってまして

全袋検査で100ベクレル以上を排除しなければ
信用が得られないとのことで
それに対応できる機械も国と県の負担で準備し
一袋あたり200円の運賃等は東電の補助で実施するそうです。

実際に高濃度のセシウムが出た地区は
今年は営業用の作付けはされていませんし
このあたり最前線でさえ去年10ベクレル以下だった訳で
今年の100ベクレルは楽勝のはずです

ただ今年はくず米も測定するとのことで
くず米が100ベクレルを超えた場合でも
当該地区の市町村単位で出荷が一時止になります。
くず米は普通の米の8倍のセシウムが含まれるとのことです。

実際には誤差を勘案して70ベクレル以上がアウト
になるように設定して流すそうです。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

もし、高濃度のセシウム米が出た場合は「若干の放射能は問題ない」なんてこいてる学者や原発推進の方々に買ってもらって食ってもらいましょう。そで安全が証明できるのなら一石二鳥だと思います。

2012/8/25(土) 午後 9:02 [ ねずみ男 ] 返信する

顔アイコン

ねずみ男 様
ねずみ男様には本音を書きますからね
これは半分はパフォーマンスじゃないか茶番じゃないかと思うんですよ。
去年の米の作れる最前線のこの相馬地区で
50〜100ベクレルの検出があった米は
約1600検体のウチ54です。100以上は全く出てません。
ほとんどが10ベクレル以下です。
実際は2〜5ベクレルに収まっているのでは・・
去年の神奈川県の一部の野菜と同じくらいだと考えています。
今年はもっと下がってます。
すこしでも放射能の入っている米の全数管理と
大枚を使っての無理矢理の安全アピールですよ。

去年500出たところなんて
ものすごく放射能が降った方角のところなんですよ
今年は作ってませんし
除染なんて一寸やそっとじゃ出来ゃしない地区ですよ。

2012/8/25(土) 午後 9:41 [ kunkun193 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事