ここから本文です
インコとシュナと子供達に囲まれて〜
毎日多忙で更新滞ってますが、みんな元気いっぱいです♪♪

母の帯☆リメイク


1月末

お箏の弦を張りかえてから

過去の楽譜を引っ張り出して

弾き始めるも、指が思うように動かず

お箏版ハノンの楽譜でメトロノームを使いながら自己練習に励む日々。

それでもやはり何か物足りない。

思い切って高校時代にお世話になった師匠の元へ

通い始めました!

初日、私の顔を見るな

『名前を聞いてもわからなかったけど、あなただったのねー!』と。

覚えてくださってたこと、嬉しいです

そして

『初見でここまで弾けるなら演奏会に一緒に出てよ♪』と話が展開し

20年以上も弾いてない私が先生と一緒に演奏会に

出ることになってしまいました



お箏は弦も張り替えて綺麗になったけど

お箏カバーがボロイ!

お箏カバーのことは『ゆたん』と言います。

ついつい『ゆたんぽ』と言いたくなるけど

タンスに眠ったままの母の帯…

使ってもいいよと出してくれた。

出来上がりがこれ↓

イメージ 1

帯の幅と箏の幅はぴったりサイズ!

柄の部分を箏に合わせて、残りの部分を切り貼り♪

『切り貼り』

まるで工作みたいだけど、便利なものを見つけてしまったのだ!

それは、ミシンが苦手な人の最強の味方♪

裁縫上手という布用のボンド

イメージ 2



が…

ネットで色々検索するも

作り方がイマイチわからない『ゆたん』

試行錯誤して出来上がるまでに3時間かかりました。

イメージ 3

まず『龍尾』部分は袋状でしっかりとカバーしておきたい。

ということで

こんな風にボンドで貼り付けました。

イメージ 4

ピンキングばさみで切って貼るだけ!



そして龍頭部分は折り込んで蝶々結びできるようにする。

これはあとでゴム通しできるように、輪にしてから

帯の余った生地を張り合わせて輪に通して結べるようにしました。

あとでゴム通しする必要性?

生地がたるんで下にずれてくると思うのです。

その時のためにね
イメージ 5


50年以上前の帯が、このような形で息を吹き返すとは…。

私の祖母が私の母のために買った帯です。

なんか、見るたびに感慨深くて嬉しいです。

うまく仕上がったと電話で母に報告すると

とても嬉しそうな声でした



ところで演奏会の曲ですが

私の超苦手な古典曲です…。

若いころにもっと熱心に取り組んでおけばよかった。。。



今、いつかは弾いてみたいと思う曲は

『鳥のように』です。

鳥好きなんで、当然です!

この曲の2分30秒から40秒の間がすごく好き

ホントに鳥のさえずりのようなんですよ♪

すごく好きな部分がたった10秒なんて、めちゃマニアックですよね










久々にまりも&まりんの様子です♪

ある日の放鳥時…

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

と、まりもちゃんがその気になると・・・


イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

いつもこういう展開になってしまう

まりも&まりんです







おまけ

ただ今、絶賛換羽中
イメージ 14


イメージ 15

この記事に

開くトラックバック(0)

ポッチを探せ!


今朝は冷えますねぇ

朝からずっと雪が舞ってます




いつかはやろうと思ってたこと。

とうとうやってしまった〜

これ、UPするの

ちょっと勇気がいったな。

羽収集マニアなのがわかってしまうから

具体的に言うならば、うちの子の羽収集癖

まりも&まりんの落ちた羽は

小さいものから大きいものまで集めて瓶詰してます

これはまりもちゃんの羽

イメージ 1

まりもちゃんはPBFDが完治してから集め始めました。

まりんちゃんも同じくらいたまってますよ〜

で、見えるでしょ



何がって?ポッチですよー!

初めからポッチだけ分けときゃよかったな。

気になる!ついでに言えば混在したゴミも気になる!

イメージ 2

いつかは、いつかは…と思ってたけど

ジャジャジャジャーン

瓶詰からオープン
イメージ 3

きゃぁ〜、興奮するわぁ

自分の微かな鼻息で舞う、羽、羽、羽

えーーーいっ!出しちゃえ

イメージ 4

ふわふわのまりもちゃんの羽

いつかこれで羽毛布団作るんだから

まりもちゃん、長生きしてよ

さてさて、ポッチ探し始めよ〜っと。

ついでにゴミも取り除く。





まずはインコ好きな方、お馴染みのチークパッチ

照明の明るさで、とても色鮮やかに見える神秘的な小さなほっぺの羽

チークパッチで男のモテ度が変わるらしい。

実は…まりんちゃんよりまりもちゃんの方が色鮮やかなのです(コソッ)。
(まりんちゃんも素敵な男だよ
イメージ 5



まりもちゃんの背中の羽には斑がありますが、その中でも
黒い部分が一番大きい、左右対称で最後に交差した斑の羽。
とても色鮮やかで好きな羽の一つ
イメージ 6



細長くて、羽軸のまわりがふわふわしてる比較的大きな美しい羽
これは尾羽の羽軸を覆うように、周りに生えてますよ♪
イメージ 7



真っ白で一瞬ホワ毛と間違ってしまいそうになるけど
小さな軸がついてます。これは間違いなくオチリ周りの神聖な羽
イメージ 8



一見普通の羽のように見えるけど、手を広げたように横に広がってます。
多分これは、お腹のちょっと下の脇の辺りの。。。
説明難しいですが、背中から見るとたまにはみ出て見える羽
イメージ 9



小さいのにいっちょ前の形した羽
これはあそこなんですよ〜。えーっと、羽の上の肩になる辺り。。。
調べると『小翼羽』という名称がついてました。
イメージ 10



これも小さいのに羽軸がしっかりとあるでしょ。
1.5センチくらいかな。
これは風切羽の外側の羽軸を覆ってる羽
『初列大雨覆』というらしい。
イメージ 11



ちなみに羽っぽくない、わりかし地味な羽
実はこれ、風切羽の裏側の羽軸を覆ってる羽なんです。
名称はわかりません。
イメージ 12



チークパッチと変わらないほどの小さな丸っこい羽
これもあの、あそこ…えっと翼の肩の辺りで…
調べると『小雨覆』という名前らしい。
イメージ 13


PBFD治療中から、羽の観察をし続けてきたので
落ちてる羽がどの部分なのか
わかってくるようになってきました。
大して何の役にも立たない知識だけどね〜



そして、お目当てのポッチ
イメージ 14


あぁー、なんて美しくてかわいい羽なんだろう。溜息出るわ
黄色と黒のコンビネーション



ん?なんか見慣れたカラーやなぁ



あぁぁぁー!

阪神タイガースの熱血ファンの旦那が、この色のもん、よー持ってるわ
なんとタイガースカラーの羽を持ってるまりもちゃん
これからは旦那に大事に大事にしてもらって、
手を合わしてもらいましょうね〜


いつも本当の兄弟のように同じ格好で並んでる
まりも&まりん
イメージ 15

イメージ 16

ふふっ、どこから撮ってもカメラ視線のまりもちゃん
今日も明日も明後日も、癒しの存在です




おまけ



今朝の雪をマクロレンズで撮ってみました。
100均とは思えぬ美しい画像が撮れましたよ。

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19



雑草の花のつぼみ

イメージ 20

春まで、あともう少しですね

イメージ 21

この記事に

開くトラックバック(0)


先日、息子の吹奏楽部の演奏を聞きに行って来ました

みんなで一つの曲を仕上げていく過程

舞台に立った時の、ドキドキわくわくする瞬間

終わった時の安堵感や反省

次に向けての曲選び

色んなことを、これからも経験していくんだろうなぁ

なんか、懐かしい。。。

私も学生時代は筝曲部だったのよね〜

社会人になっても習いに行ってた。

忙しくてやめたり、また始めたり…で

7年くらいは弾いてたかな。



学生時代は、古物店で買った安いボロいお箏で練習してた。

社会人になって、ボーナスで

やっと憧れのお箏を手に入れた

…が、闘病の父の看病を機にやめてしまい

お箏はそのまま放置状態になってしまった。

もう20年は触ってない。

そんな私が偶然見つけてしまった、
youtubeの動画がこれ


箏独奏による戦場のメリークリスマス

なにこれ?めちゃくちゃかっこいいやん
弾いてみたい!!!
これなら弾ける

久しぶりに、埃まみれになったお箏を出してみる

当然ですが、弦が緩んでるし〜

思い切って邦楽楽器店にお願いして、

弦を張り替えてもらうことにしました。

職人さんが自宅に来て張り替えてくださるとのこと。



そして私のお箏を見るなり職人さんの目がキラリと

『これはええお箏やなぁ。木目も綺麗やし。ええ音するなぁ〜。』と

褒めてくださいました

そして、このお箏にふさわしい弦を選んでもらいました。

電話で『もう20年は触ってない』と説明してたので

ひょっとして、手の施しようのないボロ箏かもしれないと

思われてたかもしれませんね

今は、昔ほど張り替える必要のない丈夫な弦があるんだそうです。

学生の時に先生のお箏がいくつかあって、借りて練習してました。

その中でも絹の糸のお箏の音色が好きでした。

とても柔らかい音がするんですよ。

でも切れやすいので、今はほとんど使ってないんですって。

ちょっぴり残念な気持ちになりましたが

張り替える必要が少ないほうが、経済的にも助かるしね

そして再び綺麗になった私の箏

イメージ 1

調子笛というもので音を合わせてみる
吹くとハーモニカのような音が出て、その音に合うように箏柱を動かすのです。

イメージ 2

チューナーに頼るなと言われてたので、これで合わせてから
チューナーで、より正確になるように微調整する。

早速やってみる♪

おぉー!音の感覚はまだまだ衰えてなかった





持ってる楽譜の中で一番古い物。

お正月によく流れてる『六段の調べ』です。

イメージ 3



今は縦書きになってます
イメージ 4

この数字は弾く弦の数字です。

向こうから一、二、三…となります。五線譜より意外に簡単なのです。





そして弾いてみたかった楽譜をGET

今はアマゾンで手軽に買えるのですね〜

イメージ 5

なぁ〜んだ楽勝やん♪

と思いきや…

頭は楽譜通りに弦を弾いてるのに、指が…頭に付いていけない

こらー、私の指!何をもたついとるねん

ちょっと練習しなきゃね


そして、ちょっと驚くことがありました。

弦の張替え中、職人さんとしゃべってると

高校時代に教えて頂いた先生が、

まだご健在で

しかも現役として活躍されてるとか!

もう80代になられてると思います。

和の香水を漂わせてた綺麗な先生でしたが

ご高齢になってもオシャレだと聞きました。

昔は美魔女と呼ばれて、その美しさに憧れてお箏を始められる人もいたとか。

なんだか懐かしい気持ちでほっこりしました

職人さん、先生と来月に会うとのことで、

覚えてらっしゃるか私の旧姓を伝えてみると

言われてました。

覚えてたら記憶力凄いですよね…と



大人から始めるピアノ

少し続けてたけど、挫折してやめちゃった〜

『エリーゼのために』までは何とか弾けたけど

弾きながらも音楽を楽しむ余裕はなく

譜面に釘付け状態



やっぱりお箏に戻ったなぁ。

触ってると妙な安心感がある。

弾いてるうちに、自然に動く指…

もう一度、少しずつ、やってみよう〜



今日のまりもちゃん♪

イメージ 6

おっと〜、お股萌え萌え
イメージ 7


はぁ〜、止まり木に変身してみたい
イメージ 8


ビビりのまりんちゃん
見慣れぬお箏を動かすたびに、ケージから激しく羽が舞う
はい、ケージ内でバタバタと暴れております
ちょっと落ち着いた?
イメージ 9


イメージ 10

この記事に

開くトラックバック(0)


2017年

あけましておめでとうございます
娘がハマってるパーラービーズの影響で、やってみたかった
それ、なに?って方〜
これです
イメージ 2
ビーズを並べてアイロンでプレスするとできますよ♪
ウィスパーが作れない作れない…と言うので
ネットの画像を参考に、今日作ってみました
並べてあげると、嬉しそうにアイロンしてました





遅くなりましたが、まりもちゃんからの新年のご挨拶です♪

イメージ 1

鏡餅のように、のっちりとカーテンレールに乗っかってました。
まりもちゃん、今年の10月で5歳になります。
いつまでも元気でなごましてね



こちら弟分のまりんちゃん
まりもちゃんより半年だけ年下。
この春で4歳になるよ

イメージ 3

おっと、新年早々穏やかでない
まりんちゃんのお言葉。。。

イメージ 4


放鳥中、相変わらずまりんちゃんのケージに入っては
パクパクと豪快に食べるまりもちゃん

しかし、昨夜まりんちゃんが反撃に出ました!

お食事中のまりもちゃんの尾羽をかじって引っ張り



まりもちゃん『キキキッ』っと怒りの鳴き声
まりんちゃん『は?何かありました??』と…知らん顔



でも、絶対に喧嘩はしないまりも&まりん



『兄たん、そんなこと気にしないで〜、ボクとほら…あそぼ
と軽快に止まり木とまりもちゃんのくちばしを交互に突きながら
遊びに誘ってる様子

『そ、そう?ほんなら…あそぼか…?』とまんまと丸め込められた
単純なまりもちゃん

今年もこんな風に始まったまりも&まりんの



犬のそらちゃんはマイペースです
この4月で12歳に突入です!
余命を宣告されながらも色々とありながら、頑張って生きてます
頑張れ!頑張れ!
いつまでも温かいそらちゃんを抱きしめていたいから

イメージ 5

仕事帰りに、庭から撮ったそらちゃん
目が見えないから、近くに寄っても気づきません。
いつもこんな風に、見えない目で庭を眺めながら
ママの帰りを待ってくれてるんやね。
なんか、胸がキューンとした瞬間でした










去年にブログで書いてたメニエールですが
昨日の診察で、ようやく薬から解放されました。
一旦、通院は終了です。
今回は治るまで2か月かかりました。
ただ、疲れがたまると再発するそうです。
私生活、無理しないようにしなきゃいけませんね。


長引くメニエールで、気分も冴えませんでした。
とにかく片耳が詰まったまま、聞こえづらいのは辛かったです。
体のバランスも悪くなり、物を落としやすかったり
普通に歩いてても壁に当たったりしました。

早く治したい!本当に治るのか?
不安になりつつ色んなことを試しました。

効いたのか効いてないのかわかりませんが
一応記録として書いておきます。

イソソルビドという病院のお薬
30mlの水薬で、恐ろしくまずいと定評があるようですが
私は結構平気でした。味覚のない舌の真ん中部分にためておき
ゴクリと一気に飲み、すぐに水を飲むと大丈夫です。

他に
血流を良くするといいと書いてるのを見て…

快聴CDを聞く。耳に良いと言われるツボマッサージ
リンパ体操、頭を前後に振るような体操、たまに飛ぶ
深呼吸しながら、そらと散歩する
あずきのチカラ(薬局に売ってる)で肩、首を温める
蒸しタオルで耳を覆い温める(これが一番気持ちいい)
水素水を飲んでみる
水泳(少し息があがる心拍数100〜120/1分らしい)
しかも最低でも週3回とのこと。
水泳は本当にいいのか?と最初疑ったこともありました。
水泳後は、とにかく耳鳴りがすごく大きくなるのです。
今思うと、内耳の血流がよくなって
耳鳴りがゴーゴー鳴ってたのかも?とも思います。
仕事は減らしてもらいました。
夜更かしはしないよう心がけ
睡眠は削らずにしっかり寝て、さぼること。
なので、早朝に登校する息子の弁当は全く作れず
毎日食堂通いやコンビニ弁当にさせてました。
不思議と、メニエールが落ち着いてくると
朝も起きれるようになり、お弁当作りも復活してきました。


2017年

無事にメニエールからも復活し、思ったこと。

決して無理せず、自分を甘やかすことも大切なのだと。

家族からは
『いつも、十分わがままやんか!』と言われそうですが


さらにわがままに!

生きていこうと思います

イメージ 6






この記事に

開くトラックバック(0)


2016年最後の日になりました。

今年の1年も慌ただしく、色んなことがあり、体調も思わしくない日もあり

更新も超スローペースになりましたが

みなさま、お付き合い頂きありがとうございました。



今回のメニエールは、12月の半ばまで調子が戻りませんでした。

左耳の圧迫感が強く、両頬の嚙み合わせ部分や顎のリンパも腫れ

聴覚も落ちたままの状態が長く、強烈なめまいもありました。

なんかふらつくなぁと思ってたら、30分後には立つこともできず

頭が割れそうなくらいの大音量の耳鳴りが始まる。

めまいは数時間続きました。

しばらくは、怖くて近場しか出かけれなかったです。

そんな状態から、少しずつ回復していきました。

有酸素運動がいいらしいので、娘と一緒にスイミングを更に頑張ってる日々です。



滅多に横にならない私。

ある日、しんどくて寝てたら…

あら〜、かわいい子達が見える♪

イメージ 2

すると、まりもちゃんが来てくれました

イメージ 3


イメージ 1

イメージ 4

イメージ 5

このキラキラした瞳で見つめられたら

大丈夫だよ!と起き上がりたくなる



冬休みに入り、娘が書初めの練習をしてました。

イメージ 6

え?なんだ??

イメージ 7


イメージ 8

娘の部屋に入り、硯に足を突っ込んだようです

目が見えないんだもん。仕方ないよね〜

あちこちにペッタンペッタン足跡のハンコを押しながら

平然と歩いてるそらちゃん

めちゃくちゃ笑ってしまったわ〜

仕事に出る直前だったので、

絨毯に付いた足跡は、娘とパパで拭き取ってました



ママが飲む酎ハイが気になる二人

イメージ 9

30日で仕事は終わり。

大晦日、正月は宴会だぁ〜!

飲むぞー

スローペースの私ですが、どうぞ来年もよろしくお願いします


パソコンが新しくなりました。
息子に聞きながら使ってましたが、さすがに寝てしまい…
ブログ村用のまりもちゃんバナーの貼り付け方法がわかりません
今回の記事も四苦八苦しながらUPしました〜。
もう、こんな時間だしーーー
文字をクリックするといいみたいです。
お手間でなければ、よろしくです〜
[[img(https://birds.blogmura.com/sekisei/img/originalimg/0000917903.jpg)]] [https://birds.blogmura.com/sekisei/ranking.html にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ(文字をクリック)]


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事