全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


イメージ 2



ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)は、
踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、
花形のベス(ウィノナ・ライダー)を降板させ、新しい振り付けで新シーズンの「白鳥の湖」公演を
行うことを決定する。そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜てきされるが、気品あふれる白鳥は
心配ないものの、狡猾(こうかつ)で官能的な黒鳥を演じることに不安があり……。

ナタリー・ポートマン(ニナ・セイヤーズ)ヴァンサン・カッセル(トーマス・ルロイ)
ミラ・クニス(リリー)バーバラ・ハーシー(エリカ・セイヤーズ)
ウィノナ・ライダー(ベス・マッキンタイア)バンジャマン・ミルピエ(−)
クセニア・ソロ(−)クリスティーナ・アナパウ(−)ジャネット・モンゴメリー(−)
セバスチャン・スタン(−)トビー・ヘミングウェイ(−)

「ワーナー マイカル シネマズ 米沢」


『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督と、『スター・ウォーズ』シリーズの

ナタリー・ポートマンがタッグを組んだ心理スリラー。

アカデミー賞(主演女優賞)(2010年)
ヴェネチア国際映画祭(マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞))(2010年)
ゴールデン・グローブ(女優賞(ドラマ))(2010年)
LA批評家協会賞(撮影賞)(2010年)
NY批評家協会賞(撮影賞)(2010年)

ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を獲得した話題の映画を見てきました。

丁度、レディーズ・ディが初日って事で有り難いですね!

そして素晴らしい映画でした、冒頭から映画の世界に引き込まれ、

後半は、瞳孔が開いた状態での鑑賞でした。


美しく繊細で臆病で気品溢れる白鳥、そして、その真逆をいく妖艶で官能的な黒鳥、

ニナ(ナタリー・ポートマン)は「白鳥の湖」のプリマに選ばれる、その主演のプリマは

白鳥と黒鳥の一人二役を演じなければならなかった、

気品溢れる白鳥は踊れても、狡猾で官能的な黒鳥は上手く踊れない、

バレエ団のフランス人監督トマス(ヴァンサン・カッセル)に官能的になれと言われるが、

元ダンサーの母親エリカ(バーバラ・ハーシー)に箱入り娘以上に大事に育てられたニナには

なかなか自分を解放する事ができない、

ライバルのリリー(ミラ・キュニス)や過去のプリマのベス(ウィノナ・ライダー)の存在と

黒鳥の重圧に押し潰されていく、


映画の冒頭から最後までニナの呼吸の音が聞こえてきて、精神状態が危うい感じが見て取れます、

とても繊細で臆病で、母親のニナに対する愛情が病的に感じるほどの閉塞感も怖かったです。

しかし、それは彼女が黒鳥を演じるには邪魔に感じて歯痒く感じました。

そんなニナが心のバランスを崩していくのですが、

どこからどこまで彼女の幻覚か判らないような、恐ろしさを感じます、

背中の傷も無意識に自分に掻きむしり、その傷も気持ち悪いように広がり、

まるで鳥肌のようにザワザワと広がっていきます。

それが、こっちにまで伝染してくるように、鳥肌が立つような気持ち悪さを感じ、

と同時に目が離せませんでした。

今まで数あるホラーを見て来た私でも、痛々しいシーンに眉をしかめました。

特に爪の皮を剥ぐ所とか、、彼女が自分自身を痛めつけ黒鳥に変身するシーンは圧巻です。


今までクラシックのコンサートには何度も行った事がありますが、

バレエとかオペラとかに行った事が無くて、この「白鳥に湖」もちゃんと聴いた事がありません、

なので、なにもかも新鮮な世界でした、

白鳥は水上では美しく見えるが、水面下では激しく足を動かしている。

まさに「白鳥に湖」は見えない所に潜む怖さを感じました。

ライバルのリリーはまさに官能的で計算ではなく本能から、男を惑わす魅力を持っていて

目が離せませんでしたね、かたや優等生のニナ、

彼女の存在が自分の解放に繋がるのですが、2人のベットシーンは正直怖かったです。


今年の洋画のベストに入る映画でした、

下手なホラーより怖かったです。

閉じる コメント(29)

HKさん>あまりにも怖いので、瞬きするのも忘れて瞳孔開いちゃいましたw
怖いですね〜恐ろしいですね〜〜サヨナラ、サヨナラ、サヨナラw

2011/5/13(金) 午後 10:17 くらげ

サムソンさん>「レスラー」見てないのですが、気になってきました、
これも見応えある映画ですよ〜ナタリーの自慰シーンが見所ですよ!
(。-∀-)ニヒ♪

2011/5/13(金) 午後 10:22 くらげ

pu-koさん>指先を痛めつけるシーンが多くて身震いするほど痛そうでしたね、ナタリーの息づかいも追い込まれてるように感じました

2011/5/13(金) 午後 10:26 くらげ

MAKOちゃん>いいですね〜是非一人映画遊びしてください^^
確かに精神的に追い込まれる怖い映画ですが、見応えありました!

2011/5/13(金) 午後 10:27 くらげ

たんたんさん>繊細なナタリーが追い込まれていくのが痛々しかったですね〜ドキッとするシーンも多いし、濃い映画でしたね
TBありがとうございます。

2011/5/13(金) 午後 10:28 くらげ

ナタリーちゃんの股間が、こうも攻められまくるとは思いませんでしたね〜w
ホント怖かったっすね。ホラー映画とは、また違った怖さでしたけど・・・
TBさせてください。

2011/5/14(土) 午前 0:17 HERO-K

最初から最後までずーと惹き込まれていて、披露感溢れる作品でした。
1本の映画をしっかり観た!という感じです。ナタリーにあっぱれ!
トラバお願いします!

2011/5/14(土) 午後 5:11 くるみ

ホラー映画並みの怖さなんですね、あまり興味が無かったけれど来週辺りに観に行こうかと思っています。

2011/5/14(土) 午後 8:05 ,.:*:.,tink,.:*:.,

HERO-Kさん>アハハハ、、確かに凄い攻められてましたね〜そしてそれはもしかして独りよがり?って所が怖いです、
ドキッとするシーンも多かったし、ある意味ホラーですよね!
TBありがとうございます。

2011/5/14(土) 午後 8:50 くらげ

くるみさん>見終わった後の疲労感は凄かったですね〜でも満足の1本でした、素晴らしかったです
TBありがとうございます。

2011/5/14(土) 午後 10:32 くらげ

TInkさん>これはある意味ホラーの部類に入る程の怖さと痛さがありました、内臓は出ないけど、血が流れますし、痛々しいいです、
きっと気に入られると思いますよ^^

2011/5/14(土) 午後 10:34 くらげ

ジャンルはホラーではないのでしょうがそれに近いものがあるのでホラーを観ない私にはかなりきつかったです。ナタリーの痛々しい場面はこっちまで痛くなってきてしまいました。内容的には良い出来だとは思えましたが。トラバさせてくださいね。

2011/5/14(土) 午後 11:53 いっちー

いっちーさん>ホラーぽくてドキッとするシーンが多かったですよね〜
本当にナタリーの演技が痛々しく迫力ありましたね〜
TBありがとうございます。

2011/5/15(日) 午後 3:01 くらげ

顔アイコン

ホラーですね(笑)。グロもなんでもありの怖さです。あの背中の傷口が、ぶつぶつになって増えて行くところ・・・伝染しそうです(爆)。TBお返しします。

2011/5/15(日) 午後 5:15 fpd

女の嫉妬も欲望も葛藤も怖いですね〜恐ろしいですね〜
正直20代後半で9kg減も10ヶ月特訓も相当苦しいと思うんですが、迫真モノでした〜最初の頃のニナは本当に可憐で儚げで白鳥のオディットしか無理そうに見えたのに、豹変したオディールは迫力ありました☆彡オスカー受賞も納得です☆*゚+.
小悪魔リリーも目がグリグリ大きくって魅力的でした〜
TBさせて頂きました↓

2011/5/15(日) 午後 6:29 沙粧

fpdさん>完璧ホラーですね〜幻覚なのか本当のなか曖昧すぎて怖いですよね!
背中のブツブツを見てると鳥肌たちますよね〜
TBありがとうございます。

2011/5/17(火) 午後 10:03 くらげ

沙粧さん>本当に女の嫉妬は怖いですね〜無垢な心が壊れると本当に怖いな〜と感じました。
小悪魔リリーは本当は良い子なのかな?凄く気になりました
TBありがとうございます。

2011/5/17(火) 午後 10:04 くらげ

顔アイコン

私も目が釘付けになりましたよ!あんな官能的なシーンがあるなんて。恐怖と官能は似ているのかな?

クラシックコンサートに何度も行ってるのですね。私は一度も無いので行きたいと思ってます。今狙ってるのは映画「オーケストラ!」の影響でバイオリンのコンサートに行きたいと思ってます。こちらからもTBをお願いします。

2011/5/28(土) 午前 11:40 dance

昨日見てきました!!
あっという間の2時間でしたが、すごく印象に残った映画でした。
そしてくらげさんの感想すごくわかりやすいです!!そう、そう!!って読んでて突っ込んじゃいました(>_<)

2011/6/7(火) 午後 6:13 [ まこちゃん ]

顔アイコン

凄いの一言でした!
迫力も、演技も全てに圧倒されたという感じです。
これは今年通して記憶に残る作品になるな〜。
TBお願いします!

2011/7/30(土) 午後 8:52 かず

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事