マカの摩訶不思議な日々

[ちばわん]出身 マカ♂ 8才になりました♪ ハイパーハイブリッド犬の成長記録です♪

転載(動物愛護etc

[ リスト | 詳細 ]

【パピーミル】
日本の犬流通業界の現実を知って下さいm(。。)m
https://youtu.be/MVRn3JoUJE0



★犬の迷子が後をたちません。
☆散歩前のカラー・ハーネスのチェックをする事、それらは消耗品のため、定期的に取り換える必要があります。
☆どれだけ注意していても、飼い主の手からリードが放れる可能性はあります!“いざ”という時の為にこそ、犬を呼べば飼い主の元に戻る、飼い主の声に常に耳を傾けている【しつけ・信頼関係】が必要であると私は思います。

当ブログでは、著しく不適当と思われるコメントについては削除させて頂くことがございます。

皆さまのご理解ご協力のほど、よろしくお願い致しますm(。_。)m
記事検索
検索
 
 
 
 1週間前、テレビで放送されていた【いのちの花プロジェクト】をご存知でしょうか。
 
 翌朝、犬友達の間で話題となっていました。
 
 私は放送を見ていなかったので、教えて頂き、調べました。
 
 
 
 
 
 平成23年度 犬猫の引き取り殺処分数は年間17万頭以上。
 
 処分される命を少しでも減らしたいという思いで
 
 青森・十和田市の三本木農業高校の学生たちが立ち上がりました。
 
 高校生たちは愛護センターで骨がゴミ扱いされている事実を知り、大きなショックを受けました。

 そこで、学生たちは骨を肥料として土に混ぜ、花を育て始めました。
 
 その花を飼い主に配る事で、今飼っている動物をより大切にしてもらおうという考えです。
 
 
 
 
 高校生たちが、遺骨を自分たちの手で粉々にし、肥料に。。。。。
 
 命の大切さを訴えるために。。。
 
 子供たちがこんな辛いことを。。。
 
 
 
 
 命を捨てるなんて 保健所に持ち込むなんてことは  やめましょう  
 
 今一度 考え直してください

 すべての命は尊いのです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2013年9月1日 動物愛護法が一部改正され施行されました
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
終生飼養の徹底
が法律で決まりました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
(販売業者用)
現物確認・対面説明の義務化
 
実物を見ないで動物を購入し
その後トラブルになることが
多いそうです!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
適正飼養の説明が必須
↑これはとても大事です
いまだにあるペットショップの店員さんから『小型犬はしつけ不要、散歩させなくてよい』なんて・・・間違った情報を受けないために!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
マイクロチップを装着しましょう
 
迷子になったとき、
災害で行方不明になったとき、
飼い主の元に
戻ってくる確率が上がります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
不妊去勢手術をすれば
増えません!
当たり前ですが・・・
 
 
 
特に外飼いの猫は
繁殖しつづけます・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 TNR 地域猫活動 をご存知でしょうか
捕獲して、不妊去勢手術をして、元の位置に戻すことです
 
 
 
 
 
 
 
 
最新版がこちらです
 
 イメージ 7
 
 
 
捨てず
増やさず
飼うなら一生
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
衝動飼いは
やめましょう!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
罰則が強化されました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記画像は右下の拡大ボタンクリックで大きくなります
 
 
 
詳細は環境省のHPでご覧くださいませ
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

万が一の迷子

 
専門家の方の記事です
 

 
最近、意外と涼しいマカ地方です。
全国では猛暑だったり、ゲリラ豪雨だったりで大変な所もあります。
皆さまの地方は大丈夫でしょうか。
 
 
 
今日、たまたまネットで見つけたサイトの話しです。
 
 
 
 
 
 
 
 
文字通り、迷子になった犬、保護した犬の情報が書いてあるサイトです。
 
それを見ていると・・・“雷や花火の音にビックリして逃げてしまった”という犬が多い
 
です。たまに、開けっぱなしの家の扉から逃げてしまったという内容もありました。
 
(ストレスのたまった犬は家から飛び出す傾向にあるようです)
 
パニックになった犬は、わけもわからず走っていってしまい、気がつくと『ここはど
 
こ?おうちはどっち?』状態です。
 
そのままあてもなくさまようと、とんでもなく遠くに移動してしまいます。
 
小型犬が自宅から100㌔先で発見された話もありました!
 
 
 
この時期、花火と雷は必ずやってきます。
 
出来れば、その大きな音は怖くないよと教えてあげるといいのではないでしょうか。
 
マカも家にきた当時、お散歩中の音に敏感で、お店のシャッター音や、いろんな音に
 
ビクッと飛びあがっていました。今ではほぼ気にしません。
 
雷もまぁ平気です。“ドッシャーン”と落雷のすごい音がすると『なに?いまの』と私の
 
顔をみます。私は『雷さんだね〜』とニコニコしてマカを見ます。
 
 
犬はとても感受性が強い動物です。
 
 
以前、東北の地震の際に学んだことです。
 
地震が恐怖でたまらなかった私は、余震がくる度に、逃げようか何したらいいの!?
 
とオロオロしていました。すると、マカも同じように私の周りでオロオロしていたので
 
す。その様子が可哀そうだったので、以来、地震がきてもニコニコして『地震だ〜何
 
でもないよ〜』と平然と接するようにしました。今ではグラグラ揺れていてもマカは平
 
気で寝ています^^;
 
 
犬は飼い主の心を感じとります。
 
飼い主の態度次第で変わります。
 
 
怖い事⇒楽しい事 に変えるために、花火の大音量がする度にオヤツをあげて平気
 
になったコもいます。パニックになってからでは遅いので、そうなる前にテンションを
 
あげる事をしてあげるといいかも知れません。
 
 
 
 
 
 
 
 
もし、犬が迷子になってしまったら
 
・警察、保健所(動物愛護センター)に届ける。最寄りだけでなく、複数の警察、保健所への届けが必要です。あまり連携がされていないようなので。
 
・近隣の動物病院にも連絡する。
 
・ブログ、ツイッターなどSNSを利用する。
 
・ポスターなどの準備をする。必ず写真を載せて。
 
 
 
 
 
 
犬が迷子にならないために
 
・首輪に名札、鑑札をつけておく。
 
・首輪、胴輪、リードの点検をする。定期的(半年〜1年毎)に新品に交換する。
 
・首輪・胴輪を正しく装着する
 
・室内の柵の設置、家の網戸や窓のチェック、庭のフェンスのチェックをする。
 
・車に乗り降りする時には注意する。
 
・はなれてしまった時に、呼び戻し出来るようにしておく。
 
 
 
 
 
マカの場合、扉を開けていても自分から出ていかないし、玄関にも近づきません。
 
それでも来客で扉を開ける時、柵はかかせません。
 
 
どんなに注意をしていても犬に絶対はありません。
 
 
たまにお散歩中、首輪・胴輪がゆるゆるのワンコを見かけます
 
私は思わず、付け方間違ってますよと声をかけます。
 
実際にゆるゆるの首輪・胴輪をしていて、暴れてはずれたコも多いです。
 
パニックになったワンコに飼い主の声は届きません。
 
たぶん近所ではうっとうしいオバサンと見られていることでしょう。
 
でも、今、あちこちで迷子になって、“お家に帰りたいのに帰れなくて震えているコ”が
 
ぱいいると思うと、胸が痛みます。
 
迷子掲示板を利用して、みんなが温かいお家に戻れるように祈ります。
 
 
 
 
 
 
最後の頼みは、こういうものもあります。ペットにつける小型GPSです
 
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 
 
 
またまた、ブリーダー崩壊⇒レスキューされた犬46頭の記事です
 
 
キャバリア・シュナウザー・コーギーなど純血種です
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以上、転載させて頂きました 
 
 
 
写真を見る限り、飼育環境はとても悪そうです。
 
産まれてからずっと、この狭いケージの中で過ごしてきたかもしれません。
 
こういった悪徳ブリーダーから産まれた子犬の行き先はご存知でしょうか。
 
大量生産された子犬のほとんどは、ネットで販売されていたり、街のペットショップチェーン店で販売されています。
 
あなたの犬は、どんな母親から産まれてきたのか知っていますか?
 
母親のその母親はわかっていますか?
 
どんな性格で、どんな環境で育ち、どんな疾患をかかえていたか、わかっていますか?
 
遺伝性の疾患をかかえていませんか?
 
 
 
 
ペットショップでは、犬が買われる度に補充されます。
 
ペットショップで買う人がいる限り、このようなブリーダーがなくなる事はありません。
 
どうか、気付いて下さい。
 
ペットショップの陰に、不幸な犬たちがいっぱいいる事を。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月21日 ちばわん いぬ親会
 
参加わんこはこちらからご覧いただけます  http://chibawan.exblog.jp/
 
 
 
 
 
 
 
すべての犬に 安住の地と幸せが訪れますように・・・
 
 
 
 
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

6月4日(火)センター・レポート

gluck_luluさんのレポートです。
加筆・修正しています。




成犬&子犬計8頭のお迎え、
並びに、皆様からご協力いただいています古新聞紙のお届けのために訪問しました。

いつもご協力ありがとうございます!!


お断り
 譲渡対象犬の頭数が非常に多く、
時間の関係で新たに選定された子の撮影を優先させたため
一部の収容部屋の撮影(レポート)を割愛させていただいております。
成犬の一般譲渡も若干ありましたが、
先週に引き続き譲渡対象犬たちは元気にしておりました。
かなりの長文になりますが、ぜひご覧下さい。


 今回のレポート、非常に残念なことからご報告しなければなりません。
2月下旬の多頭飼育崩壊(21頭収容)についてはまだ記憶に新しいところですが、
先週新たな場所での多頭飼育崩壊があり、40数頭が収容されました。


非常に残念ですが、
収容された全ての子たちを譲渡対象とできるキャパシティはありません。
厳しい収容状況の中、保護収容環境の悪化につながらないよう、
ギリギリの頭数・・・10頭(オス1頭、メス9頭)の子たちの命がつながれていました。


大部屋

私たちが入室すると一斉に隅の方へ
 
イメージ 1
 
 


 
 
 
以下、収容されている犬たちの写真を一部を掲載します。
イメージ 2
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18イメージ 21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19イメージ 20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
 
イメージ 13
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どのコも可愛い、と私は思うのですが・・・
ペットショップで購入する必要があるのでしょうか・・・
血統書とか必要なんでしょうか・・・・・・
 
 
 
毎日キャパいっぱいの千葉県愛護センター
すぐには、処分にはなりませんが、預かりや譲渡の手が上がらなければ、いつかは、処分へとなるコたちです。。。
 
 
 
引き取りたいという方は
ちばわんまでご連絡お願いいたします。
 
問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
また、安否確認のみのご連絡はご遠慮くださいますようお願いいたします。
 
 
 
 
 
ペットブームの裏側でひっそり消される命が沢山あることを
一人でも多くの人に知ってもらえるように伝え続けていきたいと思います。
 
 
 
 
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事