アサヒる敗戦利得者

偽が真になるとき、真も偽になり→「新聞に真実を報道する義務は無い」毎日新聞語録

全体表示

[ リスト ]

アップロード日: 2010/05/04
自称名司会者による小学生並みの主張。
毎日・岸井氏がまともにみえます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本のマスコミには、在日朝鮮人が多いんです 【韓流ブームの正体】
アップロード日: 2010/04/12
「TBSは在日を積極採用している」 これは本当の話です

(1)1960年代
テレビ放送が始まってまもなくの頃、放送中のちょっとした言葉づかいの問題(例えば「朝鮮民主主義人民共和国」を"北朝鮮"と呼んでしまった、など)に対して、 朝鮮総連から会社及び経営幹部の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰り返される。
抗議行動に対する「手打ち」として、採用枠に"在日枠"が密かに設けられる。
朝鮮総連幹部の子弟を中心に入社試験無し(カタチだけの面接)での採用が毎年続く。
在日枠の密約を所轄官庁に対して内密にしてもらうよう局側から総連に「お願い」をしてさらに弱みを握られ身動きがとれなくなっていく。

(2)1970年代

政府を叩きさえすれば世論が喝采する狂った時代。

在日社員の「反日番組」を「権力に対するペンの戦い」「調査報道」と勘違いした経営幹部が社内で在日を積極登用。
「日本人社員と在日社員に昇進の差別があってはならない」などと理想論を述べたのは良かったが、 しかし昇進差別をしなかったのは甘い日本人幹部だけで、課長、部長と昇進した在日社員は、帰化した在日二世を理不尽なまでに優遇する逆差別人事を徹底。
異を唱えた日本人社員は徹底的にマークされ、営業や総務など番組制作の第一線から退けられる。

(3)1980年代-90年代

昇進した在日社員が主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など、決定的なポストを占める。 某サヨク週刊誌の在日編集長をキャスターに迎えたニュース番組が、 学生時代に学生運動に没頭した団塊の世代の視聴者の支持により高い視聴率を得る。
1989年の参議院議員選挙では「土井社会党」「マドンナブーム」を援護。あからさまな社会党支持。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「国防なんて日本には不要!」座談会←日本を滅ぼしたいんですか?
アップロード日: 2009/08/22
「liarhater00 さんのチャンネル」より拝借し、転載させていただきます。ちょっと他に類のない、抱腹絶倒!の五巨頭座談会ですよ。出席者は画面左から順に永六輔、松崎菊也、辛淑玉、石坂 ­啓、 中山千夏。ここにお揃いのおバカ五人衆による、おバカ発言の猛射?を心ゆくまで楽しみ・・・いや呆れ、激怒し、諸兄姉のお仲間やご家族揃って罵倒するのも一興ではあります ­まいか?それにつけてもここまでのアホ連、天然記念物級だと思いませんか??
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「週間金曜日」主催の集会(H18.11.30)
アップロード日: 2006/12/02
反日は朝鮮人 石坂啓 永六輔 中山千夏 落合恵子 佐高信 椎名誠 筑紫哲也 本多勝一 石倉直樹 チャンネル桜 報道ワイド日本
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2006年9月28日 佐賀県知事による質疑応答 (2/2)
アップロード日: 2006/10/29
第26回全国豊かな海づくり大会に天皇皇后両陛下が御臨席なさる件について

質問者 : 毎日新聞・西日本新聞・NBC佐賀・佐賀新聞・読売新聞

http://www.saga-chiji.jp/kaiken/06-9-28/shitsumon1.html
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 No.187「8・15反天連デモ(2012年)を取材したよ」
 
公開日: 2012/09/05
説明はありません。
*YMCAアジア青少年センター前スタート地点
在日本韓国YMCA
アジア青少年センター

ASIA YOUTH CENTER
住所:101-0064 東京都千代田区猿楽町(さるがくちょう)2−5−5
2-5-5 Sarugaku-cho, Chiyoda-ku, Tokyo, 101-0064, Japan
 
JR水道橋駅徒歩6分、御茶ノ水駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分
JR Suidobashi sta. 6min, Ochanomizu sta. 9min, Subway Jimbocho sta 7min
TEL:03-3233-0611 FAX:03-3233-0633
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 反天連(反天皇制運動連絡会)デモ粉砕 2009年8月15日 【戦利品編】
 
アップロード日: 2009/08/15
Hantenren(反天連) is stupid left-wing group in Japan.
They perform ridiculous demonstration that insult Emperor on 15th Aug every year.
Volunteers of citizens and Right-wing gather to punish them.

骸骨姿の昭和天皇。
サヨクの程度がよくわかると思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 韓国大統領 「心から謝るなら良い」 天皇陛下に謝罪を要求
公開日: 2012/08/14
李明博「心から謝るなら良い」 天皇陛下に謝罪を要求

いち早く国交断絶し、貿易も金融も全面ストップを!

心の底からムカついたので動画UPしました(怒)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【安倍新総裁】見境なく安倍叩きを繰り返すマスコミと戦う国民達
公開日: 2012/09/29
安倍晋三の敵は、不景気や外交問題でもなく、与党民主党ですらなく、情報を国民に正しく伝えるのが仕事のはずのマスコミの様だ。もう国民は安心してテレビや新聞をみる事が ­できなくなっている。情報が彼等によってねじ曲げられたり捏造されたりしているからだ。マスコミが自らの特権を情報操作に使う時代。裏に誰がいるのかはわからない。だが1 ­つ確かなのは安倍晋三や麻生太郎の様な政治家がトップに立つ事を極端に嫌っているという事だ。

 日本のトップを目指す出陣式で3,500円程度のカツカレーを食べる事は庶民感覚がないと叩かれる程の事なのだろうか。難病と言われる潰瘍性大腸炎をただの「腹痛」と表現 ­されていいものだろうか。むしろカレーを食べる事で健康をアピールしたとみるのが普通ではないのか。日本のトップが安全性を考慮してホテルのバーで酒を飲んではいけないの ­だろうか。読めない漢字があってはいけないだろうか。カップラーメンの価格帯を熟知していないと不適任なのか。

 ささいな事をとりだしては政治家失格という印象を視聴者に植え付け様とする手口は、都合の良い様に情報操作をする悪意ある工作団体と言われても仕方のない事だ。

 裏に何がいるのかはわからないが今までの偏向報道、捏造報道をみる限り中国や韓国がからんでいるのは間違いないと多くの国民が感じ始めている。彼等マスゴミは政権交代前と ­同じ様な作戦をもって、既に動き出している。安倍叩きは今後一層激しくなっていくだろう。逆に言えば下らない事で叩かれる政治家ほど、日本にとって有益な政治家であり彼等 ­にとっての脅威として考えて良いのだろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【参加者怒りの一言】みのもんたTBSの安倍叩きを許すな 反日メディア抗議
公開日: 2012/10/12
反日メディア連続抗議行動
〜安倍バッシングを許さない!
第二弾!次はみのもんたTBSだ!

恒例 草莽掘起の参加者たちから「怒りの一言」

主催:頑張れ日本!全国行動委員会

平成24年(2012)10月12日 赤坂TBS入口前
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
●偏向発言と暴言を繰り返す「みのもんた」は直ちに番組を降板せよ。
アップロード日: 2012/02/21
●偏向発言と暴言を繰り返す「みのもんた」は直ちに番組を降板せよ。

みのもんたが、22日のTBS「あさズバ」で、経済界に暴言をはいた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
橋下市長vsMBS女性記者.flv
公開日: 2012/05/09
2012年5月8日(火)橋下大阪市長への囲み取材でMBS女性記者に激怒!

「君が代起立条例」に対する質問でついにブチギレ!
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事