全体表示

[ リスト ]

生江食堂@会津美里町

生江食堂
イメージ 1
もう、いい加減しつこい?毎度お馴染みの生江食堂さんでっす!テレビや雑誌でも取り上げられた事もある地元の名店。南池袋大勝軒で修業された若旦那の自信作であるつけ麺と先代のオヤジさんの味を受け継ぐ中華そばがオススメ!
 
イメージ 2
月曜日9:10頃の入店でお客さんは2組。もしかしたら、まあ隊員の貸し切り状態かも?なぁ〜んて思ってたけど、あてが外れたね。ワンタンを包んでいる、お店のおばちゃんと相席でしたぁ〜。
 
イメージ 3
いつもならワンタンメンや中華そば+トッピングっていうパターンなんだけど、生江食堂week も今回が最終回!普段はオーダーする事の無い、朝ラーメニューの中でも一番高価なチャーシューメンをチョイス。よろしくお願いしま〜す。
 
チャーシューメン(900円)
イメージ 4
 
イメージ 5
動物系の出汁をベースに魚系(煮干し等)の香りをプラスしたスープ。醤油ダレをキリッと効かせた、鋭い切れ味のシャープな味わいです。熱々っていうのもポイントが高いんだよなぁ〜。
 
イメージ 6
チャーシューの脂が溶け出して、スープの表面には油の層が出来ていたね。こってり感が増して美味しーい。
 
イメージ 7
一般的な会津の麺より細めの中太平打ち縮れ麺。縮れが強いのでスープの絡みはバツグンです。茹で加減が柔らか目だったのと茹で汁臭が感じられたのが残念だけど、許容範囲の小さなブレって感じかな?
 
イメージ 8
ジャクジャク柔らかな食感。塩梅も良い感じぃ〜。風味にコレといった特徴は感じられなかったけど、普通に美味しいね。
 
イメージ 9
バラ肉チャーシューは小振りながらも数は十分!食べ応えがあります。ギリリ!と醤油の味を強めに効かせたワイルドな味わい。トロトロでは無かったけど、しっとり柔らかな仕上がりで美味しかったなぁ〜。
 
チャーシューメンの失敗例でよくあるのが、冷たいチャーシューをトッピングした為にスープがぬるくなっちゃうっていうヤツ。そんな訳で、チャーシューメンってあまり食べる事が無かったりするんだけど、さすが!生江食堂さん!スープは熱々でしたぁ〜。こういう細かいところに人気店とそうでないお店の違いが出るんですよね〜。期待通りの一杯を存分に味わい、ご機嫌でお店を後にするまあ隊員でしたぁ〜。
 
ごちそうさまでした。
 
イメージ 10
 
住所 福島県大沼郡会津美里町高田甲2835
電話 0242-54-3322
営業時間 8:00〜(朝ラータイム)11:00〜18:00
定休日 木曜日
駐車場 有 お店の横と向かい側合わせて10台分くらいかな?

 

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

『生江食堂』さん 随分連続アップとなってますね(笑
まぁ… 美味しいから仕方ありませんよね♪
私も久々に伺いたくなってきました☆

2012/11/17(土) 午後 2:32 のんびりっち 返信する

先週も行きました。今週も行きました。(笑)
やっぱり間違いの無いうまさです!!
今朝はおじちゃんが「なめこ」の軸切りをしていましたょ。
「こんなの切ってる場合じゃねーだ。肉切んなんねだ」って。(笑)

2012/11/17(土) 午後 3:19 W A X 返信する

のんびりっちさん
連続で更新してるけどぉ〜。
毎日調査してる訳じゃないんです!
とにかく、まあ隊員の好み合っているお店なんですよねぇ〜。
自宅から近いっていうのもポイントが高いんだよね。

2012/11/18(日) 午後 3:26 まあ隊員 返信する

WAXさん
どれだけ通い詰めても飽きる事が無い!!
不思議ですよねぇ〜。

この時期の「なめこ」は、肉厚で香りも良く、味も濃厚なんですぅ〜。
おじちゃんの気持ち……良く分かりまっす。

2012/11/18(日) 午後 3:29 まあ隊員 返信する

顔アイコン

マスコミよ!あんまり取り上げるなって感じ。
おいらにとっては隠れ家的なお店。
ここにミニバン数台で乳幼児連れなんての目撃した暁には幻滅してしまいます。

2012/11/18(日) 午後 9:10 [ sachs ] 返信する

そういうお店ってありますよねぇ〜。
食べ歩きで発見した隠れた名店!
そっとして置いて欲しい気持ち……判ります。

2012/11/19(月) 午前 8:12 まあ隊員 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事