北海道余市町のブルーベリー観光果樹園〜くりブログ〜から

ブルーベリー園は父の本業。私は編集者です!公式HPは http://k.kberry.info/ です

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

元北海道副知事がブルーベリー農園をやっておられると以前から伺っておりましたが、酪農学園理事長、コープさっぽろの議長でしたか?にも就任されてますます忙しいのでしょう、と思いつつ訪問してみました。でも残念ながらお休みで誰もいらっしゃいませんでした。代わりに麻田氏が北大?で講演されている文章がありましたので、出だしの部分だけご紹介します。

はじめに
  この4月に、札幌から車で1時間、千歳空港からは40分ほどのところにある長沼町に移り住んだ。10年前からこの日のために、ブルーベリーやアロニア(チョークベリーともいう)、シーベリー、ブラックベリー、ラズベリーなど、いろいろな北方系ベリーを植え準備をしてきた。やっと、念願だった農園経営が本職となり、晴耕雨読の生活が始まった。この農園では、ベリーの摘み取りや土とのふれあいが出来る場を提供し、この農作業体験を通して人を育てることや農業・農村を維持することがこれからの社会の安定に欠かせないということを少しでも広めて行けたならと考えている。

  また、これは大きな夢であるが、10年かかるか、20年かかるかわからないが、植えた木が大きくなり収穫量が増大したなら、道内の菓子メーカーと提携し、生産したベリーで北海道を代表するようなお菓子をつくりたい。国内外からの観光客から喜ばれる北海道土産品のナンバー1にしたいことである。そのためには、2ヘクタール余りのわが農園だけでは原料が足りないので、団塊の世代の人たちが、私のようなベリー農園経営に挑戦してくれたなら、私の夢も実現するだろうと考えている。

  北海道副知事を任期半ばで退任し農業を始めたことに対し、驚きの眼で見る人もいるが、多くの人が、新しい挑戦に最大限の賛意を寄せてくれるのはうれしいことである。退任し農業を始めるに当たり、32年間の道庁勤務などを振り返り、これからのベリー園経営を考えると、今までは北大並びに同窓生に随分とお世話になったし、これからもさらに関係が深くなるものと感じられる。私が残りの人生で農業に挑戦する気になったのは北大でフロンティア精神を培ったからである。北大同窓生であることをありがたく、心から感謝している。

http://www2.cubemagic.co.jp/hokudai/elm/elm/57/kouenroku1.html

写真1はブルーベリー畑を入口から覗いた様子です

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

一言にブルーベリー園といっても育て方は様々のようですね。園を回っている時にもくりはらさんご自身も色々学ばれていることと思います。幾つかの記事中のブログもお気に入りに登録させていただきました!

2008/8/14(木) 午前 8:18 Berry 返信する

北海道各地にブルーベリー畑が点在してましたか、あまり訪ね歩く事もなく知りませんでした。

参考になりました、ありがとう御座います。

2008/8/14(木) 午前 9:42 小樽のカモメ 返信する

berryさんへ
2日目に訪問した3件も初日以上に勉強になりました!
ブルーベリー園は7件とも経営方針、栽培法、販売先などの収益構造などがすべて異なっています。すごい勉強になりました。

2008/8/14(木) 午後 11:19 [ ブルーベリー ] 返信する

かもめさんへ
ブルーベリー農園だけを訪ね歩く人というのはあんまりいないと思いますよ(^u^)そういうことをする動機が普通の人にはないですもんね(*^_^*)

2008/8/17(日) 午後 0:58 [ ブルーベリー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事