北海道余市町のブルーベリー観光果樹園〜くりブログ〜から

ブルーベリー園は父の本業。私は編集者です!公式HPは http://k.kberry.info/ です

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

同業者への表敬訪問と交流、情報交換。そして全国のブルーベリー農園を行脚してポータルサイトを作ろう→北海道のブルーベリーファンをもっともっと増やそう!という趣旨で始まったブルーベリー園探訪北海道の第6弾は仁木町のベリーベリーファーム上田さんです。

直売所でまず、うわさのベリーベリーパフェを注文しました(写真1)すごいです。ソフトクリーム部分はあすなろファーミングの牛乳を使っていますし、9種類だったかな?のベリーが入っているので色鮮やか味もいろいろ、食感も違う!これは楽しいです。文句なく楽しいです。もちろんここのベリーベリーファーム上田さん(農業生産法人有限会社自然農園)さんで作っているベリーが入っています。めっちゃおいしいです。

オーナーの上田英貴さんは東京で手作りハンバーグのお店を40店舗展開されている方で、北海道が好きで、新藤さんに弟子入りしてブルーベリー栽培を学び、仁木町で2000年に就農された方です。

上田さんに案内されブルーベリー畑に到着。7000本です。衝撃的でした。ななせんぼんって何?って思いましたよ。写真2はそのほんの一部を撮影したものですが、とってもではありませんがこの高さからでは全貌はわかりませんし、少し離れた山の方にはベリー類をジャムやジュースなど様々な加工食品にする工場、そしてそこにも農場があるのです。なんつー大規模なんでしょう。ブルーベリーは大粒の品種を多く生産していました。今年は若干凍害に見舞われたのですが、思い切って選定し来年の収穫に期待する戦略です。なお、栽培法は師匠であるブルーベリーヒル新藤さんの教えに従う方針で頑張っておられます。

写真3はシーベリーです。シーベリーは道が特産品化を推進している果樹で、これまたなんと5000本を植えています。ちょっと食べさせていただきましたが酸っぱいことは酸っぱいのですが、おいしいと感じました。これは展望のあるベリーではないでしょうか?モンゴル原産なんだそうです。それにしても5000本って・・・・。

写真4はラズベリー農園を案内してくれているときの上田社長の後姿です。この日はお客さんがいらっしゃったのでスーツ姿ですが、普段は作業着で雑草狩りやら、畑めぐりやらで走り回っているそうです。ちなみに11人ものスタッフを雇っています。

写真5はポイセンベリーの畑です。ニュージーランドなどでたくさん生産されていて、実はブラックベリーの色に似ていて、ラズベリーの形に似ています。とても大きな実です。日本ではまだまだメジャーではありませんが、食べてみたらとてもおいしいし、ジャムなど加工用にも素晴らしいと思います。さきほどのシーベリーもそうですが、こうした新しいベリー類を積極的に、しかもめちゃめちゃ多い本数でチャレンジされ、しかも自社で加工して売るというしかけを実践していることがものすごい、なかなかまねできないと思わせます。

もともとベリーを加工して、首都圏の自分のお店で売ることを念頭にしていたので、観光農園化することは考えていなかったそうです。でも上田さんの畑に行ってみたいという人がいて、リピーターになり、そうこうしているうちに一般の摘み取りも受け入れるようになったのだそうです。また上田さんの繁盛ぶりを見て周辺農場でもブルーベリー栽培が始まっているようで、そのことを上田さんは喜んでいました。


はーーーーーーーー。なんというすさまじさ(*^_^*)
ブルーベリーの丘くりはらと比較したくありません。ここは巨大ベリーファームです。

むしろブルーベリーの丘くりはらの特徴(ある意味では良さ)にも気付きました。そのことはまたの機会に・・・・。上田社長も師匠である新藤さんにとても感謝しておりました。
上田さんは不意に訪問した私を自らの運転で畑じゅうをくまなく案内してくれました。その心遣いに感謝いたします。

有限会社 自然農園(農業生産法人)
2000年 4月創業 
TEL:0135-32-3090
http://www.natural-farm.jp/company.html

この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

 私は農業に限らず、哲学と言いますか、信念が大切に思います。その点で、私は上田社長は凄いと感心しております。農作物にも、生産者の人格がにじみ出ていて素敵ですね。シーベリーには、隠れた効用があって注目しております。

2008/8/15(金) 午前 8:50 [ kusushi ] 返信する

顔アイコン

このパフェに惹かれてしまいました!
すんごく美味しそう★

2008/8/15(金) 午前 11:03 たんけん隊 返信する

アバター

パフェが美味しそうです。 食べたいなぁ〜
でも、北海道は遠すぎます。  (T_T)

2008/8/15(金) 午後 7:51 ひぃさん 返信する

顔アイコン

交流、情報交換を拝見させてもらい、人生を描いた本を読んでいるような感じでした。
パフェは まだ食べていませんが、一度は味わってみたいです*、写真5のポイズンベリーは直訳では毒の文字ですが、病み付きになるほど美味しいのだろうか??
シーベリーの味も 楽しみです。

天才パテイシエの方のインタビューを聞いて、なるほどと思ったことがあります。(TVで見たのですが)、、
 レシピをオープンにする事で、それがさらに発展していくし自分にもそれが戻って来て更にヒントとして行ける、というような内容でした。

 確かに、一流のブランドは常に研究、改革もあるような気がします。ポチ!

2008/8/15(金) 午後 8:29 [ j11*s*ow2 ] 返信する

北海道たんけんたい様へ
おいしかったですよ(^u^)ムフフ

2008/8/15(金) 午後 9:14 [ ブルーベリー ] 返信する

ひぃさんさんへ
写真だけでお楽しみください(*^_^*)

2008/8/15(金) 午後 9:15 [ ブルーベリー ] 返信する

snowさんへ
間違えてました!!すいません。ポイセンベリーでした。
本文は修正しました(*^_^*)
新藤さんや仲野さんは農業で研鑽を積んでいるうちに人格者になっていったのだと思います。みんなが彼らを慕って、学んで自らも工夫を重ねているのだと思います。

2008/8/15(金) 午後 9:19 [ ブルーベリー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事