全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

6月14日、8時43分駒の湯の慰霊碑前にて地区のみんなと、
犠牲になられた方々に対し黙祷を捧げました。

その後「6.14岩手・宮城内陸地震」追悼式が行われ参加し
てきました。あの大地震より2年が過ぎました。道路も大分復
旧し、一般の方々も入れる様になり、ようやく2年前の生活に
戻りつつあります。

しかし、崩落現場に行くと今でも地震の傷跡はいたる所に残っ
ていて当時の記憶が蘇ってきます。震災当時はこの先どうなる
か分からず、目の前が真っ暗になり1日1日がとても長く感じ
ていました。

それから2年が過ぎ、つらく長く感じた1日も今では早く感じ
るようになって来ました。それもみなさんの応援のおかげだと
思っています。ありがとうございます。

この震災を風化させない為にも、私たちが語り継いでいかなけ
ればなりません。忘れ去られない様に、どうぞこれからもこの
栗原をよろしくお願いします。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

先日はお疲れ様!そしてありがとう!
突然の地震、避難生活、失業、復興活動…辛い日々の連続だったと思う。でも、いつも会うと笑顔だから本当にすごい。
耕英の未来は、開拓三世の手の中にある。
これからも、頑張ってください。応援します!

2010/6/16(水) 午後 11:21 [ ダイスケ ]

顔アイコン

この間は、どうもお疲れ様でした。遠い所、わざわざありがとうございます。ばたばたし過ぎて、あっという間に13日、14日と終わってしまいました。全然お構い出来ず、すみませんでした。今度来る時はゆっくりと羽を伸ばしに来て下さいね!あと、先日淑徳大学さんから連絡が来ましたよ。そのうちに、耕英に遊びに来るそうです。

2010/6/20(日) 午前 8:59 [ Team Bikki ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事