スコアズメモリー

『SQ.RISE』の連載漫画「D.Gray-man」ファンブログ。2012年よりFC2に移転、「ティムのしっぽ」名で活動中です。

全体表示

[ リスト ]

ひとりはダメ。

子供の頃『ピーター・パン』の話を読んでいて、どうも良く分からなかった箇所がありまして。
ティンカー・ベルが毒を飲んでしまい命が危なくなるんですが、そこでピーターが世界中の眠っている子供達に夢を介して呼び掛けます。
「みんな、妖精を信じてくれるなら 合図に拍手を送ってくれないか?!」
すると沢山の拍手が集まって、それを聞いたティンカー・ベルはたちまち元気を取り戻したという。
 
・・・何で?
 
そこでもらった答えは、妖精でも神サマでもサンタクロースでも、要は想像上の産物なんだから 信じる人が誰もいなくなった時が消える時ってことだろう、と。
 
これではまだ納得が行かなかったです。
じゃあ、黙ってたって 心の中で信じる子がいればいいんじゃないの?
どうして拍手が必要なの?
 
その答えが、昨日のアルマ編の話の中でやっと見つかった気がします。(←時間かかり過ぎです(^_^;))
 
 
 
アルマは自分の過去を思い出してしまった時錯乱して大量殺人という取り返しのつかない罪を犯してしまう。
その精神的に極限状態のところへ、唯一すがったユウの拒絶に遭った(と思った)わけで。
それはあの特殊な環境下では、自分の存在を肯定する者が世界に誰もいなくなってしまったことであり。
それを機に、さらに引き返せない転落の道を辿ることになる。
生身の人間だって、生きていくためには信じてくれる人がいなくては。
 
ユウの本心には アルマを嫌い否定する気持ちは一切無かったんだけど。
その時は 二人が本音を語り、理解し合う余裕は全く与えられなかった。
非常時には、気持ちだけで応援してくれる人がいても何の助けにもならない。大事なのは意思表示
 
 
いつも困難に立ち向かい自力で足を踏ん張って立っていられる強い人も、極限のピンチに陥れば話は別。
もっと力が欲しい。それは外部から与えられるもの。
今のあなたを応援する、信じている、大好きだという応援コール。
 
 
絶望の淵に孤独なまま身を沈めようとしていたアルマの心を救ったのは、すべてをかなぐり捨てて自分を抱きとめに来てくれた神田の行動でした。
神田もそこまでして やっと自分の本心をアルマに伝えることができた。
ティンカー・ベルが全快したようなハッピーエンドにはとうてい届かなかったけれど、それでもそうしただけの価値はあった。
 
 
 
 
 
絶望的な状況の話の例えは早すぎると思いますが、アレンの場合もきっと例外ではないでしょうね。
彼の人生も、誰一人理解者がいない状況から始まっています。
過去にも情緒不安定に陥ってはすかさずノア化の危機が訪れ、仲間の呼び声に救われていた訳ですから。
 
退魔ノ剣が自分を傷つけたというショック ⇒ 「オハヨウ」 ⇒ [神田] 「バカモヤシ!!」
マナの愛に疑惑が生じ それを裏打ちするような夢 ⇒ (ギョロ) ⇒ [リナリー] 「アレンくん」
 
 
 
[ジョニー] 「ひとりはダメッス」
 
現在アレンに必要なのは、とにかく間近で声をかけてくれる仲間の存在でしょう。
いえ、もっと状況が逼迫したら声をかけるだけでは足りないかも。
なら尚のこと、これから幾度も彼を襲うであろう大波に備えて もっと強いサポートを送るために。
 
アポクリフォス襲撃の恐怖とか。
過去の自分(=ネア)の行状を思い知らされるとか。
千年伯爵の正体を見てしまうとか。
 
 
・・・不安材料ばっかりです。明るい話を考えたいのになかなかうまく行きませんね(笑)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんばんわ。ピーターパンにのティンカーベルの蘇生の件ですが、この物語は伝説をふまえては、戯曲としてまず最初に書かれてるんです。子供向けの舞台の台本ですね。
つまり、ティンカーベルが死んでしまいそうになったときに、ピーターが世界中の子供に拍手を求める、というのは、実際に観客席に居合わせた子供たちに求める拍手でありました。その場に居合わせた子供たちの「合図=拍手喝采」が劇場内=世界中を満たし、応援の気持ちがその場に居合わせたすべての子供たちの心をひとつにする。
子供にとっては、見る側に居たはずの自分が、いつのまにか物語の中に参加して、自分の打つ手がティンクをよみがえらせる魔法になるワケです。
応援する気持ちが、現実に奇跡を起こすわけです。
そのため、その後童話になったり、映画になったときにもそのエピソードが含まれているようです。ゆえにキャンピーさんの結論はある意味、正しいと思いました。
願うことは大切だけど、思うだけでなく行動にする、ことが大切なんですよね。

2011/10/24(月) 午後 11:51 [ 貘29番 ]

アバター

獏29番さん今晩は。こんな記事に反応が頂けるとは!

『ピーターパン』、本来は観客の子供達あってのお話だったのですか。
それは知りませんでした。なるほどー・・・
(道理で「夜のお薬は飲まなきゃダメ」とか説教臭い話だな、と子供心に感じましたがw)

「誰もついて来てくれなかったらどうしようか」と思っていましたが、これで元気が出ました。
やっぱり「応援コール」は効果絶大ですね(*^_^*)

2011/10/25(火) 午前 0:17 キャンピー


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事