スコアズメモリー

『SQ.RISE』の連載漫画「D.Gray-man」ファンブログ。2012年よりFC2に移転、「ティムのしっぽ」名で活動中です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

いよいよ11月ですね。

(こちらは相変わらず第208夜関連ネタをお届けです。御用とお急ぎでない方はどうぞ)





昨日は世の中ハロウィン一色だったのに。 忘れかけていた最後のイースターエッグを見つけました(笑)

初めての方、分かりにくい話で済みません。

“アルマ編を神田の六幻にちなみタロット「剣のスート」で追ってみる企画”(長!)の締めくくりで。


以前、こういう流れの記事を書きました。・・のでそれを踏まえまして。

http://blogs.yahoo.co.jp/kuriparu4/3503140.html?type=folderlist



その後『太陽』のカード発見!とかあって喜んでいたんですが、

アルマ編ももう終わり気分に押され、最後かつ肝心な『剣10』のカードのことを失念していました。

(前回“オベリスク”で太陽神の話が出た時は 貘29番さんから『剣10』関連の話も頂いてたのに^_^;)



で、第208夜に来て遂に出ました! (神田美人の目くらましがなきゃもっと目に付いたと思うよ・・)

今回の比較ショットは上に出ている通りですが、どうですかね。



カードは骸(むくろ)のように横たわる人物に10本の剣が刺さった図。

大意では「破滅」「死」を指します。

対して神田とズゥの重なった手の両脇から5本ずつあふれ出た光。

人物像の代りになってるのは錆びた六幻ですね。



そして このコマに添えられた台詞「起きろ」。




こうやって見ると、星野先生のセンスはやはり凄いなと思います。

『剣10』のカードの意味(=ウェイト版解釈では「上昇の前触れ」)がしっかり込められていますからね。

カードの絵の中央彼方に広がる曙の空の如く、どん底を見た後の希望までが感じられて。




まるで二人の手は六幻をバトンタッチしているように見えます。 おそらくそれと共に“命”の・・・

ズゥはその人生の中で取り返しのつかない過ちを犯したけれど、ちゃんとそれを自覚して逃げなかった。

表には出さなくとも内心では アルマやユウの顔を見るのさえ辛かったと思います。

きっと残りの人生を出来る限りの償いで埋め尽くし、最後は余命を神田に託して逝ったような気さえします。




タロットの示した運命は、結局 道をひとつも違えることなく非情に突き進みました。

けど、そこに置かれた人間達にも「絆」を信じてあがくだけの希望は残されているってことですね。



他人のスートに介入するのはどうもルール違反らしいんだけど(^_^;) 

それを見事にやってのけたのがアレン。

神田とアルマを守りきるため、自分が代わって矢面に立った。



最後の後始末を引き受けたのがズゥ。

セカンドとして生まれ『剣10』の運命と共に終わるはずだった神田の、身代わりになってくれたような。





・・・などなど、今日のはちょっと妄想が過ぎましたね。

いや発売日直前だもんでちょっと浮かれすぎだわ(笑)


あ〜あ早く発売日来ないかな〜。







<使用カード詳細>
“Miniature Rider Waite Tarot Deck” / Arthur Edward Waite
 United States Games Systems; Crds版 (1985/06)

<『D.Gray-man』本編引用>
 『ジャンプスクエア』2011年 11月号 より

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事