象印派画家の勘違い

印象派の巨匠 クロード・モネの本物など高くて買えない・・・ ならば描いてしまえ!(笑) DIY ここに極まれり。

全体表示

[ リスト ]

最近、第8巻が発売されました 荒木飛呂彦さん作、「ジョジョの奇妙な冒険」 パート・・・・

9? パート 8? (笑) わたくしが中学校の頃から連載していたような、とにかく長い

シリーズですが、大学を出て帰国した頃から好きになって、しばらく読み続けていたため、

今でもなんとなく読みます。 ハハハ 若干飽きて来てますが、でも時々引っ張り出して

読み返したりしてしまう感じな蔵書です。





イメージ 1
最新刊




漫画家の挑戦はさておき、今回の巻のメロンのパフェの絵がスバラしいです。

本当は、これをご紹介したかっただけな気もいたしますが (笑) 、それじゃあ記事が

短すぎるようなので、無理やりもう1ネタひねりました。





イメージ 2
う〜ん、美しい。 けっこうリアルですが、写実ではないこの独自の画風・・・・ 脱帽。




さて、最近荒木さんが意図的に挑戦してらっしゃるのではないかな〜と、勝手に考えて

感心しているのは、人物の体型の変化です。





イメージ 4
主人公の男の子の、足の長さを見ていただきたいのですが、、、、 胴体より短いですね。
ヒロインの女の子も、フックラ目に描かれている気がします。




現在の物語は、日本を舞台にしているので、登場人物も日本人なのですが、

昔のように矢鱈と長い足を描かない、より日本人に近い体型で人物を描かれるように

なったと思います。 これは、かっこいいキャラクターを、描かなければならない宿命の

少年漫画において、、、、 いや、少女漫画でも同じですが、もの凄いチャレンジです。


ご存知のように、美しい絵で売っている漫画家さんの漫画は、登場人物は当然のように

小顔・スリム・美人・イケメン・長い足です。 コミカルなギャグ漫画や、汗臭いド根性漫画は

いざ知らず、足を短く描いて、なおかつカッコいい人物の絵を描くのは、こう言っては

なんですが、難しいだけでなく、読者を失うリスクも伴いますから、生死をかけた挑戦です。

・・・・う〜ん、凄い人だ。





イメージ 3
ところで、このオジサンの髪の毛についているボールは、なんなんだろう?(笑)
お洒落でいいんだけど、髪飾りなのか、カールした髪なのか???





イメージ 5
人物の体型を、ちょっと前の作品とくらべてみましょう。
これは10年以上前の、やはり舞台が日本だった時の巻です。





イメージ 6
筋肉マッチョ系の主人公だったので、分かりにくいかも知れませんが、
足の付け根の位置を見ていただくと、下半身よりも、上半身の方が随分短いですね。




イメージ 7
・・・・彼の美人お母さんは、もっと足長いです。 細いし。





イメージ 8
更に前、、、、 20年くらい前ですかね。
そう言えば、この主人公は日本人とハーフだから、足は長くてもいいのかな?





イメージ 9
ともあれ、この頃は特に小顔でした。
(イギーに色塗っちゃった♪)




イメージ 10
すごい等身だが、これはこれでいい絵だけど。





ここまで来ると、ちょっと ジャコメッティ ですね。 (笑) でも、アーティスティックだなあ。

日本の浮世絵は庶民のアートでしたが、漫画も庶民のアートですから、

時代が変わると、現代の芸術として語り継がれるんでしょうねぇ。 浮世絵と同じく、

「当時の人は、芸術だなんて思ってなかったんだって〜」 とか、未来人が美術の

授業などで習うのかと思うと、楽しいですね。



根付や、印籠などもそうですが、日本は庶民の間で流行る物が、レベルが高いです。

全体的な、教育水準が高いからかなぁ? 江戸時代の識字率も、世界と比べると

ずいぶん高かったようですし、現代でも高いですし、経済の中間層でも、生活必需品

以外の分野にお金をかける余裕があるのが、この辺の文化が育つ条件だとわたくしは

思いますが・・・・ そう考えると、教育にウダウダ言ってられる、平和があるのが一番の

理由かも知れないですね。





イメージ 11
アルベルト・ジャコメッティ作の彫刻





印刷物には著作権がございまして、写真に撮ってブログに載せるのは、無論違法です。

しかし、版権の持ち主に訴えられなければ、セーフという一面もありますので、、、、

沢山ほめたから、許してくれることを祈ります。 よろしく、荒木さん! (笑)






クロード・モネ風の、自作油絵を販売しております。
高級ホルベイン油絵具で、じっくり制作しております。 よろしかったらどうぞ。

イメージ 4
「ヴァランジュヴィルの漁師小屋」 ボストン美術館所蔵 ご注文制作
(制作風景は、「漁師小屋」 のカテゴリーです)
イメージ 4 イメージ 2 イメージ 1
トーナメントに参加中です。 応援クリックいただければ嬉しいです!



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事