象印派画家の勘違い

印象派の巨匠 クロード・モネの本物など高くて買えない・・・ ならば描いてしまえ!(笑) DIY ここに極まれり。

全体表示

[ リスト ]

昨日、買い物ついでに寄れるところにある、リサイクルショップへ行って

ブラブラ見ておりましたら、タイムリーに寄木の物がありました。






イメージ 6
買い取りは無しで、寄付された物を売ってチャリティーにするお店です。
プロが査定しないせいか、商売のリサイクルショップよりも、
掘り出し物が出やすいです。








イメージ 1
コースターの5〜6個のセットですが、バラで一個 108円でした。
植木鉢の下に敷く台にしようかと思って、一個だけ買いました。








イメージ 2
実は、微妙に箱根の伝統工芸である寄木細工とは、
質感が違うので、バブルの頃低コストで大量生産された、
贈答品的な物かな〜とも思って、全部買う気にならなかったのですが・・・・







この模様は網代 (あじろ) と言いまして、日本の伝統的な文様の一つです。





イメージ 8

基本はこんなの



イメージ 7

バリエーション







イメージ 9
網代は竹や木の皮などを組んだ、建築物の天井や、
庭の柵などに使われるものが、元ネタです。







イメージ 10
箱根でも同じ模様の、商品が作られております・・・・ しかし、
柄は同じでも、買ったコースターは色使いの違いや、塗りの雑さが目立つ。








イメージ 3
表面は傷が多く、しかも色が黒いのは日焼けかな〜?と思ったので、
塗料をはいで塗り直そうと思って買いました。








最悪プリントされた柄で、削ったら真っ白・・・・ ってこともあるかな〜と、

若干不安だったのですが、私の目に狂いはなかった。 ホッ (笑)


木材の質感が、繊維が箱根で使われている木材よりも、粗いように見えたため、

中国で量産した物かもとか、いろいろ疑っていたのですが、ひとまず

箱根でないにしても、寄木である事は間違いなくて良かったです。








イメージ 15
うちに前からあった、箱根で買った寄木細工。
夫が買ってくれた鍋敷き〜♪







もっと大きいお盆や棗なども欲しいとは思いますが、高いので今のところは、

お土産屋さんで眺めるばかり・・・・・ (笑)







イメージ 11
塗料をはいで分かりましたが、下地(2) には薄墨のような、黒い塗料が
塗ってあり、これが木の繊維の隙間に入って、木材の質感を際立たせておりました。
その上から厚めの透明なコーティング(1) をかけてあり、思ったより手が込んでいます。






透明なコーティングが、段々黄ばんできて日焼けのようになっていた・・・・のかな?






イメージ 4
最初は紙やすりでこすっていましたが、塗料が厚くて歯が立たないので、
彫刻刀に切り替えました。
少し削っているうちにコツがつかめて来た・・・・ こうして縁を削って、







イメージ 5
厚い塗料の下へ、彫刻刀を差し込むように削ると多少楽。
また、下の木材の木目の方向へ、彫刻刀を動かした方が弱い力で
削る事ができるようだ・・・・







「あーっ、俺がせっかく塗ったのに〜!」 と思っている塗師さんが、見ていないと

いいですけど。 (笑)


いや、木目の隙間に塗料が浸み込んだために、表面がところどころ真っ平ではない

ところがあって、これは日本人が作ったような、丁寧さが無いな〜という印象が

ありましたので、たぶん大丈夫でしょうけど。。。。 パートさんが塗ったとしても、

3年くらい経験を積んたパートさんなら、こんな雑な仕事はしないでしょうね、

日本では。

我が国の平均的な真面目度は、世界水準と違いますからねぇ。 フハハハハ♪







イメージ 14
ちなみに、これは先日ご紹介した、アメリカで買った彫刻刀の刃の一つです。
日本ではあまり見ない形・・・・ かな?
刃にアールがあるので、平面を削るのに適しています。








イメージ 12
上の厚めの透明コーティングをはがし、その後下の黒い塗りを、
多少木材を削りながらはがしました。
木の繊維の中に、黒い塗料が入っているので、塗料のみはがしても、
黒い筋が残る感じでした。







イメージ 13
やっと一面終わった!
・・・・ もう手が痛すぎるので、続きは後日。








イメージ 16
箱根の寄木細工は、小さい模様の固まり (模様部材) を、いくつも
つなげて大きい作品にするという手法で造っていて、
私が今回買ったコースターも、その手法を踏襲してはいるようです。







箱根のどこかの工房の、監修の製品なのかな〜?

でも箱根クオリティーでは、断じてない!・・・・・ と思う。 (ちょっと弱気)


ともあれ、赤と白の木目の色合いはいいので、透明なニスを塗って木地の色を

生かしたいと思います。 



カミング・スーン







イメージ 12
↑ ↑
クリックで投票

ブログ人気ランキングに、参加しております。

面倒でなかったら応援クリック、お願い致しまーす (^ー^)/
* ブログ村のサイトに飛ばされるので、結構面倒ですが、一票いただけたら嬉しいです。




イメージ 7
粘土でミニチュアも造ってます!


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事