象印派画家の勘違い

印象派の巨匠 クロード・モネの本物など高くて買えない・・・ ならば描いてしまえ!(笑) DIY ここに極まれり。

全体表示

[ リスト ]

箸置きが段々できてきました。






イメージ 3
ホームセンターで買った、カラフルな木片の入った木材を使っておりますが、
各色が何個入っているというキッチリした商品でもないので、
同じデザインは沢山作れません。








イメージ 1
これは赤白 2色の木片を、交互にしたデザインです。
まず紙やすりで、3面を平らにします。
写真を撮っているのでアレですが、本当は矢印の辺りを左手でガッチリ
押さえて削っています。







できるだけ平らに削るためには、時々箸置きの左右を入れ替えると、

いいかと思います。 くせで強めに削ってしまう箇所が、ばらけるので平均的に

なるとでも言うか・・・・ まあ、この木材は硬いので、ごまかせないほど削りすぎる

危険がなくていい気もしますけど。(苦笑)

しかし紙やすりの消費量が多く、ちょっと痛い。








イメージ 2
もう 1面は削ってしまうから、やすりがけはしません。








イメージ 8
ちょっとスペインの世界遺産、メスキータの雰囲気な色でいい?
メスキータ (mezquita) とは、スペイン語でモスクという意味だそうです。
他のモスクもメスキータと言うようですが、有名なのでメスキータと言えば、
コルドバ(町)の聖マリア大聖堂を意味する場合が多いとか・・・・ そのうち行きたい。









イメージ 6
8色使った箸置きは・・・・








イメージ 9
こんな感じにしました。
底面のみ平らですので、一面のみ紙やすりをかけて、その後削りました。







前回の記事では、もっと細いカッターで削っておりましたが、この木材は

硬さがかなりあるので、太いカッターに変えてみました。 こちらの方が力を

入れて彫りやすいです。 しかしアールの部分は、細いカッターの方が削り易い

かも・・・・ どっちもどっちかな〜?

切れ味の、問題かも。


また木材の硬さは色によって違います。

赤と黄色が硬く、白が一番柔らかいと思いますが、硬い方から柔らかい方向へ

削っていると、硬い木が終わったところで注意しないと、柔らかい部分を勢いで

削りすぎたりします。

いや、更に勢いで行き過ぎて、指を切った事も、2〜3回 ・・・・・

ケガをする時は、大きいカッターの方が被害が大きいので、注意が必要です。 

経験者・談。 (笑)







イメージ 4
今回、少し高いですが布の紙やすりを買ってみました。
これは「P400」 と書いてありますが、200番くらいな感じの粗さです。
メーカーで番号が違うのかな〜?







紙の紙やすりより、なめらかに曲げる事ができるので、細かい曲線を削る場合には

お勧めです。  値段が 130円前後しますから、原価が上がりますけどね。








イメージ 5
赤い木材の部分は、削ると赤い粉になって面白いです♪







イメージ 6
よしよし、かわいいぞ〜
ニスを塗るともっと色がハッキリすると思います。








イメージ 3
ネールはボロンボロンになったけどね。(笑)







イメージ 7
数日かかって、これだけ削りました。
次回記事は、ニス塗りをご紹介いたします。







前回の記事:


端材で作る箸置き:








イメージ 12
↑ ↑
クリックで投票

ブログ人気ランキングに、参加しております。

面倒でなかったら応援クリック、お願い致しまーす (^ー^)/
* ブログ村のサイトに飛ばされるので、結構面倒ですが、一票いただけたら嬉しいです。





平素は油絵を描いて、ネットオークションで販売しております。
イメージ 11

★ クロード・モネ風の、自作油絵を販売しております ★
高級ホルベイン油絵具で、じっくり制作しております。 よろしかったら御覧下さい。




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事