象印派画家の勘違い

印象派の巨匠 クロード・モネの本物など高くて買えない・・・ ならば描いてしまえ!(笑) DIY ここに極まれり。

全体表示

[ リスト ]

玄関付近に飾っていたリースが、ちょっと今の季節に合わないので、

ダイソーの造花で、違う飾りを作ってみました。






イメージ 4
以前作った松ぼっくりのリース
造花 (野ブドウ?) はダイソーで買ったもので、松ぼっくりは公園で拾ったものです。








イメージ 1
この文字は・・・・ キャンドゥで買ったかも?
ともあれ、最近あちこちの 100円ショップで売っているので、
使ってみたいな〜とは思っておりました。








イメージ 2
このオガクズを固めたような木材は、硬いのでネジを捻じ込むのに力が要りました。
最初に カナヅチで叩いて、1〜2mm ネジを打ち込んでから、
ドライバーで回すと入りやすいと思います。
・・・・・ 電動ネジ回しを持っている方は、関係ないでしょうけどねぇ。







ネジを打って、木が割れないかと心配しましたが、造ってみた感じ、

けっこう頑丈そうです。  木目が無いせいかな〜?

ネジは1.5 cm程度の長さの、あまり太くない物を使ったので、もっと大きい

ネジを使うと分かりませんけど・・・・

上の写真は 2ヶ所にネジを打ってありますが、その後花をぶら下げるために、

A の太いところにも一本ネジを打ちました。







イメージ 3
造花はアクセサリーなどに使う、テグス (ダイソー) でネジに結びつけました。
ネジは結びやすいように、頭を 6〜7mm 飛び出させてあります。







ネジの頭が壁に当たると、壁のカバーリングが痛むので、ねじの頭を

シールか何かで保護しようかとも思ったのですが、造花の方が壁に当たって

ネジは壁に届かないようなので、そのままにしてあります。

わたくしは家にあったネジで間に合わせましたが、これから買う方はネジの頭が

丸くて、どこかに当たっても傷がつきにくそうな物を選んでもいいかも知れませんね。








イメージ 6
造花の残り。
ダイソーの造花はクキの中に針金が入っていて、曲げたり、形を整えたりが楽ですが、
切る時はニッパーかペンチを使っております。







花の部分は引っ張ると外せるものが多く、ちょっと長いな〜という花は、花を

引き抜いてクキを切ってから、また花を挿すというような事をしております。

クキの先の方は針金が入っていないので、ハサミで切れます。








イメージ 5
でけた。。。。 う〜ん、シンプルに過ぎるか?
リボンでもつけようかな〜?







ぶら下げるのに使ったのは、ガーデニング用のワイヤーです。 テグスと同じく、

裏のネジにつないであります。

毛系とか、何かの紐でもいいかと思いましたが、、、、 まあ手元にあったので。







イメージ 12
↑ ↑
クリックで投票

ブログ人気ランキングに、参加しております。

面倒でなかったら応援クリック、お願い致しまーす (^ー^)/
* ブログ村のサイトに飛ばされるので、結構面倒ですが、一票いただけたら嬉しいです。




オリジナル・ハンドメイド記事もいろいろありま〜す♪

イメージ 6




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事