象印派画家の勘違い

印象派の巨匠 クロード・モネの本物など高くて買えない・・・ ならば描いてしまえ!(笑) DIY ここに極まれり。

全体表示

[ リスト ]

この前は、青いキラキラスライム制作をご紹介しました。

材料は 100円ショップ (セリア) の粘土と、ネール・グッズです。






イメージ 9
傑作だーっ!! (笑)








イメージ 2
粘土の作業は、青いスライムの記事 と同じですので、ご参照ください。







イメージ 1
セリアのマニキュアや、デコネール用品のコーナーで見つけた、
ホログラムのキラキラを、同じくセリアの透明マニキュア (トップコート)で
くっつけております。







イメージ 6

ちなみに、セリアの透明トップコートは数種類ありますが、
今回このグロッシーと言うのと、速乾タイプを買って使い心地を
比べてみてみました。






速乾の方は乾くのが早すぎ、塗ってからキラキラを乗せるまでが忙しいのと、

光沢にあまり厚みが出ないので、私はグロッシーの方がいいように思います。

また前回の青いスライムには、ダイソーの 「ジェルネイルのような仕上がり!」 と言う、

グロッシーなトップコートを使いましたが、乾いてからもツルツルした面に長い時間

置いておくと、くっついてしまったりするので、工作に使うにはあまりおすすめでは

ありませんでした。







イメージ 8
粘土に直接マニキュアを塗ると浸み込むので、一度全体を薄く塗って乾かし、
これ以上浸み込まないようにしてから、キラキラを貼るといいかと思います。








イメージ 7
トップコートをちょっと塗って、5〜6枚貼って、また塗って、5〜6枚貼って・・・・と
いう作業をくり返しております。 こういう作業が飽きる人は、作らない方がいいです。
私は大好きで、時を忘れてやっています。(苦笑)








角のところは、大きいキラキラを貼りにくいので、ハサミで切ったものを

貼り付けております。 小さい粒のキラキラを買ってもいいのでしょうが、いくつも

買うと使い切らないのが沢山たまりそうなので、値段は安い物ですが我慢しています。

資源を大事に・・・・・ (微々たる努力だが) ・・・・・ ですね?www








イメージ 2
青いのを作った時は、トップコートをを塗った上に、キラキラを振りかけたりも
したのですが、凸凹が多くなってしまったので、一枚一枚のせる手法に変えました。
ツマ楊枝の先にくっつけて、貼っています。







イメージ 3
裏側を乾かす時は、角が収まる丸い穴に乗せています。
テープのケースの穴は、穴の縁がいい丸みで安定感抜群です。
上面を貼って乾かし、下面を貼って乾かし、また上面を・・・・ という感じで作業しています。
合間に家事もできます。(笑)









イメージ 4
顔はまず白いアクリル絵具で、汚れなどを塗りつぶしてから描いています。
アクリル絵具はマニキュアの上にも描けるので、適していると思います。







イメージ 5
中間がふえた〜ん、イエイッ♪♪
しかし、ちょっとの目の大きさや位置の違いで、表情がかなり違う。
スライム・・・・・ 奥が深いキャラクターだ。(笑)







イメージ 4
↑ ↑
クリックで投票

ブログ人気ランキングに、参加しております。

面倒でなかったら応援クリック、お願い致しまーす (^ー^)/
* ブログ村のサイトに飛ばされるので、結構面倒ですが、一票いただけたら嬉しいです。




イメージ 13
クロード・モネの模写制作もやっております。



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事