象印派画家の勘違い

印象派の巨匠 クロード・モネの本物など高くて買えない・・・ ならば描いてしまえ!(笑) DIY ここに極まれり。

全体表示

[ リスト ]

スライム・フィギアー造りにはまってしまい、更に作っております。

あのネールに貼るキラキラしたホログラムグリッダーを、チマチマ貼る作業が

楽しいですし、ああいう物を爪につけたくても、はがすのが大へんなので、

なかなか使えなかったため、その点の欲求も満足すると言うか、イロイロ楽しい

粘土細工です。







イメージ 1
今更ですが、芯の新聞紙の団子はこんな感じで作っております。






イメージ 2
一番芯になる部分を丸めまして、、、、 これは、
作品の重さを軽くしたいので、固い団子にはしていません。







イメージ 3
細く裂いた新聞紙を、水糊でグルグル巻きに貼り付けて、形を整えます。
糊が中まで乾くように、一日ほど放置してから粘土の作業をしております。







イメージ 4
今もセリアの造形粘土を使っています。
これはキメが細かく、乾燥してからの削りや、紙やすりがけにも耐える
強度があるので、使い勝手のいい粘土だと思います。
乾くともっと真っ白になります。







イメージ 5
粘土が乾いたら、顔の位置を大まかに水彩絵の具で描いて、グリッダーを貼ります。
前回の記事でご紹介した、セリアのグロッシータイプのトップコート(マニキュア)を
塗ったところに、楊枝でキラキラしたのを乗せて貼ります。






顔の下書きに水彩絵の具を使うのは、筆で描きたいからです。

鉛筆を使うと芯が当たった時に、粘土が削れる可能性があるので敬遠しておりますが、

実際は柔らかい鉛筆であれば、そんなに気にすることもないかも知れません。







イメージ 11
ある程度貼り終わって、表面が乾いて来たら、指で上からなでて凸凹を平らにする
事が出来ます。 何層か重ねた後、中の方が若干乾燥しきっていない、
といった時間帯が、この作業には適しております。






イメージ 12
とくに角の根元の所が、いい形に貼りにくいので、少し厚めにグリッダーを重ねて、
指で押していい形に整えるようにしています。
よく乾いていないうちにやると、







イメージ 7
今回カッターで貼ったグリッダーを切って、口の形を整えたりしてみました。
細かい作業なので、うまく切れずにグリッダーがはがれたりもしますので、
この段階で切るよりも、貼る時に注意した方がいいようです。
ちなみにカッターは、切れ味の鋭い黒い替刃を買ってみました。







イメージ 13
裏側を乾燥している風景。フッ
メンディングテープの穴にささっている様子が、とてもヒョウキンで可愛いです。
後ろのエッグスタンド (フランス製ww) も、使い勝手がいい乾燥台です。







イメージ 6
今回、作業のスピードアップを図って、ランダムな貼り方をしてみましたが、
あまり気に入らないので、、、、




イメージ 10
上から規則正しく並べてみたり。(苦笑)
二度手間でした。








イメージ 8
整列っ! (笑)
う〜ん、お部屋が明るくなって、いい輝きだわ〜♪








イメージ 9
スライムが少々インフレして来た。






スライムグッズ制作記事はこちらから






 イメージ 4
↑ ↑
クリックで投票

ブログ人気ランキングに、参加しております。

面倒でなかったら応援クリック、お願い致しまーす (^ー^)/
* ブログ村のサイトに飛ばされるので、結構面倒ですが、一票いただけたら嬉しいです。






イメージ 8
裏側にOPPテープを貼って、レジンを入れた書類BOX (ダイソー)

レジン作品の記事 も、お暇でしたらどうぞ


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事